谷口伸夫の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 井伊谷 2017/8/12

<<   作成日時 : 2017/08/12 22:30  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

NHK大河ドラマ おんな城主 「直虎」が、生涯を過ごした井伊谷を訪ねました。
お盆の期間のせいか、大混雑でした。
人気あります、井伊直虎!

○2017/8/12
朝4時に起きました。
雨の中、鶴ヶ峰駅まで歩き、横浜行き始発電車05:02に乗りました。
画像

横浜からは、青春18切符を使って、東海道線を下り、掛川まで行きます。
05:28小田原行き。15両編成。
画像

途中、13号車のドアが故障。国府津駅で、15分以上停まりました。
小田原に着いた時は、接続予定の熱海行きは出てしまいました。
後ろから来た東京発沼津行に乗車。10両編成。満員で、座ることができませんでした。
曇り。相模湾が見えました。海は大きいです。
画像
 
丹那トンネルを通過。
三島駅で、島田行きに乗り換えました。07:33発。5両編成。座れました。
静岡駅で、浜松行に乗り換えました。08:49発。3両編成。トイレはついていません。
お盆の季節、青春18切符を使っての長旅予定の方で多くの人が移動。そのなかで、車両数がだんだん少なくなっていく。
混雑が増しました。トイレ欲しかったです。

掛川に、09:21に到着しました。
天竜浜名湖鉄道に乗ります。
09:29発 区間快速「井の国」1号に間に合いました。一両編成のディーゼルカーです。
直虎1Dayパス(2300円)を購入。
画像

途中、行き違いの列車です。
画像

天竜二俣で、6分間停車の中、外に降りて、列車撮影。直虎ラッピングカーでした。
画像

この線は、旧国鉄の二俣線。海岸沿いを走る東海道線が空襲で破壊されたときを考慮して、山側に造った路線です。
画像

気賀に10:52着。
画像

画像

気賀は、昔、浜名湖の北側に位置していたようです。
歩いて5分のところに、船着き場があったと書かれていました。行きませんでした。

大河ドラマ館。入館に列をなしていました。
画像

俳優の写真が多く並び、みなさん立ち止まって見ていました。

臨時の遠鉄バスに乗って、井伊谷にある龍潭寺(りょうたんじ)へ。
井伊家の菩提寺です。
山門。
画像

東門(旧鐘楼堂)。
画像

本堂の中。
画像

画像

画像

画像

龍潭寺庭園。
画像

庭園の真ん中に位置する中心の石。
画像

左右にある仁王の石。
画像

亀の石。
画像

井伊家御霊殿。
画像

井伊家墓所。
24代の直虎の墓は、写真の左側の小さな墓の内、奥から2番目です。
画像

この寺は、徳川四天王になった井伊直政(虎松)の産まれたところでもありました。
画像

直政の墓は、小さな墓の内、一番手前。
画像

暑いです。熱中症になりそうでした。ペットボトルの水を緑の木々の中で飲みました。
画像


バスで気賀駅に戻りました。12:24着。
浜名湖の北を通る、12:21発の新所原行きは乗れませんでした。
12:29発の天竜二俣行きで戻りました。
画像

西鹿島で、遠州鉄道に乗り換えました。新浜松行。
画像

車内の床。ここまでやっていました。
画像

車内のシートの端。
画像

浜松駅に出ました。大都会でした。
画像

浜松駅の東海道線下り、豊橋行き。まだ、多くの人が乗車していました。
画像

上りも、出発時には似たようなものになりました。
浜松から、静岡行き、熱海行き、高崎行きの列車を乗り継いで、夕方、横浜駅に戻ってきました。

行ってみると、地理的距離、土地の高低、家系、がわかり、良かったです。
車内の様子から、青春18切符を使っていると思われる人が結構いて、旅の移動方法をそれぞれ工夫しているのが伝わってきました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
井伊谷、気賀、龍潭寺などいずれも懐かしい地名と場所です。
というのも私は浜松出身で、子供の頃から奥浜名湖エリアにはよく遊びに行ったからです。また奥山半僧坊にも毎年出かけていましたが、まさか彦根の井伊家がここから出たとは知りませんでした。いずれにせよ自分の知っている場所がこうして皆に知られるのはとても嬉しいですね。
現在の奥浜名湖地区の様子が知れて良かったです!
ジョー(Y.O)
2017/08/12 23:27
井伊家が、奥浜名湖の井伊谷から出ていること、しっかり認識しました。出かけてみると、理解、納得できることが多いです。
谷口伸夫
2017/08/13 09:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
井伊谷 2017/8/12 谷口伸夫の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる