長野県須坂市 日本酒蔵開き  プラス、帰りは春の雪

2013/4/20土曜日 須坂市遠藤酒造の蔵開き


画像




4/19金曜日夜、常宿・北軽井沢ユースゲストハウスに宿泊。
この日は、宿泊代がなんと1000円!
なんか、こういうの嬉しくなってしまいます。(笑顔)
夕飯がでないので、横川・おぎのやに寄り、「峠の釜めし」を買い、
夕食としました。今は、一個、1000円で~す。ん、宿泊代と同じ金額だ。
夜は、月が綺麗でした。


4/20土曜日朝、「須坂市遠藤酒造の蔵開き」に、14名参加。
車は2台。みなさん、日本酒を飲むのが楽しみ。
そこで、ドライバーに手をあげました。
私の車に6名乗ってもらいました。

北軽井沢から鳥居峠を通って、須坂市へ。
豪商の館「田中本家博物館」に駐車。
ここも蔵開き。無料。
庭園、味噌土蔵、水車土蔵を見ることができました。
桜は、散りだしており、ここも咲くのが早かったようです。
ここの庭園は、お殿様がお忍びで見に来られたということで、
お忍び門がありました。
なかなか良いお庭で、お殿様もここでお茶やお酒を楽しんだのだろうと、
自然と納得してました。


次に、「遠藤酒造」です。
第一会場、たくさんのお客様です。
利き酒は、ちょこを200円で買い、試飲コーナーで、20種類くらい呑み比べ。
蔵開き限定袋吊り日本酒1杯300円。おかわり100円。
かっぽ酒1杯300円。おかわり100円。
みなさん、昼間から、おつまみの、カマ焼き、枝豆、焼きそば、で、ぐいぐい呑まれてました。
私は、無料の甘酒。麹で作られており、美味しかったです。おかわり2杯しました。

蔵見学に参加。
日本酒の製造工程を見学しました。
タンクの中は、発酵してしていて、空気がないとのことでした。
上から覗かしてくれましたが、顔は近づけないことの注意がありました。
杜氏の人は、仕込み時期の半年、納豆、ミカンは食べないそうです。
こちらの菌は、繁殖が強く、万一、体についていて、仕込中の日本酒と混ざったときは、
日本酒にならないそうです。
商売あがったりになってしまうことで、「品質管理」はここでも細やかにおこなわれているのを
実感しました。
蔵見学限定の日本酒がありました。1本買いました。(笑顔)


第三会場に移動。
たまたま空いた席に座り、我がグループも、カマ焼き、手羽先、枝豆、で、ぐいぐい呑んでました。

臥竜公園に移動。
池の水面近くまで、桜の枝が伸びていて、花。
雨が降り始め、寒かったですが、桜の花は綺麗ですね。

帰りは、温泉で温まってから北軽井沢に戻りました。
途中から、みぞれ、雪。

夜、談笑しながら、勝沼の菱山醸造の白ワインをいただきながら、外を眺めていると、
雪が積もっています。外に出てみると、2、3cm、の積雪。

4/21日曜日、朝。
目が覚めたら、明るいんです。
晴れかなと思ったら、大間違い。
雪が積もってました。
10cm以上。30cmは積もっているところもありました。
早起きして、私の車の窓ガラスなどを雪払いしてくれた仲間の方、
ありがとうございました。

軽井沢へ出るのは、止めたほうが良いとのアドバイス。
確かに、山道の凍結、街の中の渋滞を想像し、長野原に車を出しました。
スタッドレスタイヤをまだ装着していましたので、ゆとりを持って、
運転できました。
渋川から関越自動車に乗り、練馬。東名を通って、自宅。
北軽井沢からいつもと同じ4時間。空いていたおかげです。

携帯閲覧用

http://m.webryalbum.biglobe.ne.jp/ap/brws/100031100c360b13f285a04c842ffab118c63f430/423512413478256631/

パソコン閲覧用

http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/100031100c360b13f285a04c842ffab118c63f430/423512413478256631

この記事へのコメント

sakuraco
2013年04月23日 08:20
いいですね~!
日本酒は飲まないのですが、そういう場所で楽しむのは素敵ですね!

まだまだ行ったことがないところがあるなーと思いました。
谷口伸夫
2013年04月23日 22:35
日本も広いです。また、いろいろな旅があります。次回は、茅葺き屋根集落、田んぼに水を張った光景、を、新潟県の山合いの村を訪ねてみようと思います。錦鯉も見ます。へぎ蕎麦と山菜の天ぷらを食べられるところ探します!

この記事へのトラックバック