勝沼の料理

今回は、「お料理」です。
勝沼に行き、夕食をすこしリッチにいただくときは、いつもお世話になっているエリソン・ダンジュールに行きます。
山のなかで、周りに灯りがなく、すごく静かなところにレストランは立っています。

土曜日の夕食です。
前菜は、生ハムとかぶ。
一品目は、岩手のカツオ。
二品目が、瀬戸内海の明石の真鯛。
三品目が、豚の肉。
選んだデザートは、プリン、アイスクリーム、リキュールが利いたガトーショコラ。
パンも熱々を出してくれます。
最後は、珈琲とプチケーキ。
写真は、二品目の真鯛。そらまめも。

画像



これ、お任せです。

予約のとき、「お任せで」と言うと、
前菜+料理3品+デザート(10種類ぐらいあります。全部と言っても大丈夫です。)+珈琲withプチケーキで、
3800円でやってくれます。めちゃくちゃ美味しいです。

いただいたワインは、ぶどう栽培を習っている奥野田の瓶内二次発酵のにごりスパークリングです。一杯目は透明、二杯目は、にごり、というように変化を味わえます。泡が細かく美味しいです。
もう一本、私一押しの機山の白ワインをいただきました。骨格のしっかりした白です。どちらもお薦めです。

アルバムの URL をお知らせします。

携帯閲覧用

http://m.webryalbum.biglobe.ne.jp/ap/brws/100031100c360b13f285a04c842ffab118c63f430/91292419393620731/

パソコン閲覧用

http://webryalbum.biglobe.ne.jp/myalbum/100031100c360b13f285a04c842ffab118c63f430/91292419393620731


日曜日のお昼、ほうとうを食べました。
JR中央本線・勝沼ぶどう郷駅にある、大衆食堂「銀月」の女主人のおばちゃんが、一時お体を悪くし、お店が閉まったままでした。
やっとお体が回復なされ、お店を開けていてくれました。
健康になられたことのお祝いの挨拶をして、テーブルに着きました。
自家製味噌で、野菜たっぷりのほうとうを作ってくれました。
それも、3人分頼んで、4つに分けてくれました。
懐かしい味でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック