「下関uzu houseに行こう!」マッシュアップイベント2018/4/14土-15日

「下関uzu houseに行こう!」マッシュアップイベントは、赤間神宮の竜宮殿で開催。
ざっと見て、50人ぐらいが参加。
画像

下関市長もお見えになりました。
画像

南国フルーツの荒木さんが、中尾社長の代わりで参加されました。声をかけてくれました。
ヤフーアカデミーの伊藤羊一さんとGRAの岩佐さんが司会をして、今日のイベントが始まりました。
画像

画像

今日の議論のテーマは、
「山口を元気にするために、そして山口が日本を元気にするためには」。
このテーマを議論したい、具体策を提示する、という人が紙にテーマを書き、説明。議長になります。
島田由香さんが、会を支えるまとめ役です。
画像

みなさん積極的にテーマを書いて説明。
画像

20個のテーマが上がりました。1回10テーマを2ラウンド。
画像


1回目、「山口の山陰の海岸線を世界に広める。」に参加しました。
バイク雑誌、鉄道雑誌、メディアへのアピールを提案しました。海外の方に来てもらうのに在日アメリカ人へのアピールがまず必要と意見具申しました。
画像

議長の発表です。
画像


2回目、「山口に若い人が継続してやってくる。」に参加。議長は、北九州大学生。
議論は、仕事(永住)と観光(一時)の二つになりました。
山口は、歴史が豊富。
歴史塾+宿泊=現代の塾を提案しました。
画像

議長の発表です。
画像

他のグループの発表です。
みなさん、意識が高いです。
びっくりしました。
画像

画像

小学生の方は、「山口とは何か?」と、すごく基本のことをおさえていました。素晴らしいです!
礼儀、発言、提案を見ていると、山口はこういうお子さんが育つんだと理解した次第です。
画像

山口県の事情をこのあたりで理解し始めました。
日本をリードする県というイメージがあり深刻なことはないと見ていました。
ところが、下関の商店街は、シャッターが閉まったまま。下関駅は、活気がありません。
どうも人口が減っている、空き家が増えている。という事象が起きているようです。
普段から、街づくりの討議が行われています。

集合写真。
みなさんお疲れ様でした。(写真は、引用させていただきました。)
画像


uzuhouseに戻って、懇親会。
画像

厚狭の街づくりをなされている小学校教頭先生(女性)にお会いしました。
新幹線の駅があるものの、こだましか停車しない、駅前は閑散、と話されていました。
魅力ある何かを持って、臨時のイベント列車を美祢線に走らせる。というアイデアを出しました。
北海道の塩狩峠では、桜の季節に貸切列車がやってきます。

岩佐さんの発案で、日本酒をケータリングしてくれている「地酒のまえつる」さんから、日本酒を全部買い取ろうということになり、寄付。
参加者に自由に日本酒を楽しんでもらいました。
山口県のお酒、美味しいです。

皆さん、今日の感想を披露してくれました。
画像

画像

次回の開催は、提案いただいた佐賀県伊万里市。
画像

夜の関門橋です。船が狭い海峡を通って行きます。
画像


3次会に、雨の中、長州屋台村に歩いて出かけました。
皆さん元気です。
仲間が増えました。
画像

画像

もう午前1時。uzuhouseに戻って、眠りにつきました。おやすみなさい。

○2018/4/15 日曜日
おはようございます。
朝のシャワーを浴びて、少しすっきり。
6階のテラスから、関門橋を撮影。
画像

関門海峡。
画像

みんなで、唐戸市場に行き、朝ご飯を調達。寿司。
伊藤羊一さん、粋です。
画像

知り合いのお店なのでしょう。ふぐ寿司がサービスされました。
画像

関門海峡の風を受けて、食べました。
画像

ハイエースのレンタカーで、山陰の海岸線をめぐる旅に出発。
山陰の海、綺麗です。
画像

角島に渡る橋。長い橋です。
画像

昼食は、となりのトトロのお店。
山道の終点にありました。
画像

素晴らしい景色。
画像

食事は、海岸線ツアーの企画者 井上かみさんの知り合いなんでしょう。
しっかりしたコース料理でした。
大好きな鰻が白焼きで出ました。長門市で養殖しているとのこと。地鶏も美味しい。
画像

岩佐さんもご満悦。(笑)
画像

テラスでは瞑想する女性。
良いです。
画像

敷地内に、古い家が残っていて、趣きがありました。
画像

井上かみさんがご主人と作っている塩作りの場所に連れて行ってもらいました。株式会社百姓庵。
油谷湾。海が綺麗。二つの山から川が流れていて、良い塩を作る環境に最適との説明。
画像

海水を上からかけて、塩分濃度の高い海水を作る装置。室町時代から続くやり方。
画像

できあがった塩。
画像

海水を煮詰めている釜を見させていただきました。湯けむり、煮えたぎる湯、塩の香り、感動しました。
ミネラル豊富、そして、やたらなことをしない塩そのものが出来上がっていきます。
画像

画像

ご主人と一緒に記念撮影。
画像

お店でコーヒーをご馳走になりました。カフェもやられています。
画像

大浜海岸に立ち寄りました。
サーフィンを楽しんでいる人がいました。
画像

車内では、多種多様の話を聞くことができました。
話題豊富。毎日が充実していると推測します!

17:35発のANAで東京に戻るメンバーが複数おられます。
運転手を買って出ていただいた方、時間を計算しながら、山口宇部空港まで、きっちり運転してくれました。
お疲れ様でした。

東京に戻るメンバーを見送り。
画像

私は、19:10のJALで東京に戻ります。
飛び立つANA機を見送りました。
画像

今回、いろいろな方とFacebook友達になりました。
他の県で開催する時は、また参加します!
皆様、大変お世話になりました。
御礼申し上げます!

この記事へのコメント

ShawnRes
2018年10月18日 01:50
Требование эвакуатора в МинскеЛожный требование эвакуатораПо сути на каждого водителя, вызывающего эвакуатор в Минске тож другом городе, для трассе или в лесу, работает не только сама перевозка автомобилей с платформойВзаимно уважая дата и силы, мы сможем комфортно разрешить любую ситуацию для дороге. Цены на эвакуатор в Минске у сотрудников ГАИ высокие. Убедитесь в этом сами, вызвав эвакуатор у нас. Лебедка может пользоваться электрическую разве механическую систему.



Услуги эвакуатора распространяются для любой вид транспорта, будь то внедорожная орудие, низкий скутер разве габаритный минивэн. Профессиональная эвакуация в Минске и Минской областизащитные чехлы ради техники.Вам нужна эвакуация автомобилей в Минске, буде:

この記事へのトラックバック