弘前、五能線 2018/6/30 土曜日

【二日目】2018/6/30 土曜日
おはようございます。
狭いベッドでしたが、眠りました。
画像

シャワーを浴びて、荷物をまとめ、駅舎へ。
能登出身の方が、タイの列車事情を話してくれました。バンコクとチェンマイの間の寝台列車は食堂車がついていて良い、インターネットで予約できると。ありがとうございました。
画像

朝食のお弁当を受け取り、早速いただきました。
大館地方は鶏が有名のようです。お茶パック、懐かしかったです。
画像

これ、ニッコウキスゲですかね、駅前の花壇に咲いていました。
画像

小坂から、花輪線の十和田南駅にバスで出ました。
花輪まで行く東京の男性は、尾花沢鉱山跡に行くと話されましいました。
よく調べていると感心しました。バスは出ていきました。
画像

十和田南駅構内。
縄文時代の石の遺跡が近くにあると書かれていました。
これは模型です。
画像

ここの駅で、列車は東の盛岡方面から来て折り返して西の大館に行くことがわかりました。
大館方向から列車が入ってきたからです。
画像

十和田南駅の窓口で、弘前まで行くお母さんが、どの列車に乗ったらいいかわからないということで駅員さんが悩んでいたので、私が案内しますと決めました。
大館から弘前までの自由席特急券と、十和田南から弘前までの乗車券を発券してもらいました。
花輪線。川は、雨で濁っていました。
画像

大館で、青森行き特急に乗り替え。
こちらの特急は四両編成。短いです。
自由席は二両。案の定、大館駅のホームでは指定席が買えなかった(話してくれました。)人達でいっぱいでした。列はぐちゃぐちゃ。最後尾を確認して後ろに並んだつもりが、うちが先よ!と、横から入ってきました。はい、どうぞ。
幸い、お母さん、自由席に座ることができました。
弘前の手前。車内放送で、大鰐温泉の名前。途中下車!温泉に行こう!と決めました。駅から歩いて温泉に行けるところです。お母さんに、「私、ここで下車します。弘前は次です。お気をつけて。」と、声をかけて下車。
大鰐温泉駅からもたくさんの人が乗られました。
画像

大鰐温泉の日帰り温泉。透明な湯。よかったです。さっぱりしました。
画像

冬に来た弘前。
今日は暑いです。
画像

100円バスで、弘前市内を廻りました。
冬に訪ねた弘前城はパスしました。
景勝院五重塔。立派です。冬寒い弘前によく建てたと思いました。
津軽統一で亡くなった人を供養するために、津軽氏が建てたそうです。
画像

境内は静か。
画像

藤田記念庭園。藤田謙一。昭和3年、日本商工会議所初代会頭、屈指の財界人だったそうです。弘前も、すごいです。
画像

菖蒲は、江戸前とかいろいろな種類があるんですね。
画像

画像

街で、津軽蕎麦製造会社を見つけました。小売りOKだったのですが、生の蕎麦だけでした。乾麺ありませんでした。残念。
画像

旧弘前図書館。
落ち着いた雰囲気の館でした。
画像

画像

弘前16:06発リゾートしらかみ6号 秋田行きに乗りました。
画像

りんご畑の中を走ります。左手に岩木山。
画像

五能線で五所川原より先は初めてです!
五所川原で、津軽鉄道のディーゼルカーが見えました。
画像

海岸線に出てきました。
画像

画像

運転席の後ろから。なかなかの景色でした。
画像

画像

深浦駅。20分以上の停車でした。
列車を降りて、駅の外に出てみました。
画像

海岸の美しさ。
画像

日本海の夕焼けは見ることできませんでした。残念です。

弘前で買ってきた駅弁を車内で食べました。ほたてが多かったです。
画像

バスケットボールで有名な能代高校があるのは、五能線の能代駅でした。
あとで、開業110周年と知りました。
おめでとうございます。
やっと奥羽本線との合流駅である東能代に着きました。
画像

秋田到着20:45。
夜遅いです。
疲れました。
おやすみなさい。
雨止んだかな。

この記事へのコメント

ジョアンナ(Y.O)
2018年07月04日 23:19
五所川原方面にはまだ行ったことがないけど、青森と弘前は仕事と旅行で行った時のことが思い出されました!
谷口伸夫
2018年07月05日 17:29
私は、2018年冬に初めて弘前を訪ねました。りんごの樹がたくさんあり、この冬は購入してみたくなりました。
五所川原より先の海岸線、なかなかよかったです。五能線沿線は、温泉、湖、ブナ林と楽しめそうです。

この記事へのトラックバック