新潟県 豪農 旧伊藤家

冬の鉄道旅をしました。新潟県、山形県の日本海側、と、山梨県を訪ねました。

○2019/1/24木曜日
今日は会社に行くのと同じ普通通りの起床。
朝食を作って食べて出かけました。

バスは、通勤時間帯で駅まで時間がかかりました。
購入していた切符を鴨居駅改札機に入れたら、はじかれました。磁気が壊れたようです。
少し時間を使ってしまいました。
旅にはアクシデントはつきもの。
こなしていきます。
画像

鴨居からJR横浜線・桜木町行で横浜駅に出て、東海道線で東京駅へ。
東京駅の新幹線改札で、切符の磁気の話をして、手動で開けてもらいました。

東京駅0912発とき311号。
この電車は、大宮に止まると次は新潟でした。
画像

新潟 1049着。
寒いです。2℃。
新潟の昔の市街を表した案内板がありました。
画像

ビジネスホテルにリュックサックを預け、昼食を食べにココロ西館のおにぎり屋さんに行きました。
画像

爆弾おにぎり(米1合)と普通のおにぎり。お米が美味しい!
画像
新潟駅前 のりば:13から12:33発の
新潟交通 S95 亀田・横越線<亀田・沢海経由> 秋葉区役所ゆきで、
川の堤に位置する上沢海博物館前で下車。
この路線バスは本数が少ないです。

豪農の館 北方文化博物館(伊藤邸)を訪ねました。看板もあまりなく町も静か。人がいません。
画像

越後随一の大地主だった伊藤邸。すごく立派です。
画像

館の中に入りました。
13:30の無料ガイドの方が声をかけてくれました。一緒に案内してくれました。
画像

廊下の天井の梁。奥只見の杉。30m。
只見川を通って運ばれたとのことでした。
画像

座敷。
画像

中庭。
画像

大広間。見事です。
画像

画像

ガラス戸。角にも柱がありません。
すごい建築です。
庭。新潟にこんなすてきな庭があるとは知りませんでした。
画像

二階の構造。木を組み合わせて建築されていました。
画像

昔の納屋。
画像

小さな氷柱。
画像

集めた美術品の品々がすごかったです。
有田焼から中国のものまで。
唐の時代の作品。これすごい品です。
画像

日本のものでは、縄文土器。
画像

弥彦山まで自分の土地を通って行けたという伊藤家ならではの財力と品格です。

雪が降ってきました。
帰りのバスまで1時間以上あります。
伊藤邸内のカフェ、食堂は休業中。
町にお店がありません。
隣に日枝神社。お参りしました。寒い!
画像

別のバス停がありました。
地元のバスです。
JRの駅まで行くようですが、私に地理的感覚がありません。来たバスの運転手さんにお聞きしました。JRの荻川駅まで行けると。とにかく寒い!乗りました。
200円。
荻川駅前バス停で降りましたが、今度は駅が見当たりません。焦りました。
バスの運転手さんも駅まで行ったことが一度しかなく、降りてきてくれて道の角まで歩いて、駅の方向を教えてくれました。ありがとうございました。

荻川駅は、信越本線の駅で、おせんべいで有名な亀田を通って新潟まで3駅でした。
画像

雪が降ってきました。
日が暮れてきました。
雪国の夕方はなんとなく寂しいです。
ビジネスホテルに早めにチェックインしました。

参考情報
新潟市
新潟の地は越後平野に位置している。信濃川と阿賀野川が日本海に流れ込む場所で、河川の流域には低湿な平野と数多くの潟湖が、また海岸線に沿って新潟海岸と新潟砂丘と呼ばれる砂丘が形成されている。
郊外には湿田や潟湖を干拓した広大な水田が広がる一方、現在でも鳥屋野潟や佐潟、福島潟などの潟湖が残されている。
このうち佐潟については1997年(平成9年)に、ラムサール条約登録湿地となっている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック