マラッカ 2019/4/28、シンガポール4/29,30

○2019/4/28 日曜日
マレーシアのマラッカ訪問の日です。
娘は調子が悪いということで、私一人で行くことにしました。
朝食を食べ、予約していたタクシーで、JTBツアー集合場所のSwissotel The Stamfordへ。
まず、ジョホール・バルへ向かいました。
バスを降りてシンガポール出国手続き。バスに乗ってマレーシア入国手続き。
ツアーの人の中には指紋採取がうまくいかず、オフィスに呼ばれている人が3~4人いました。機械の性能が悪いのでしょう。

マレーシアは、アブラヤシの樹が多く植えられています。
実からとれるパーム油が大事な収入源だそうです。
画像

若いアブラヤシの樹が植えられていました。樹の世代交代です。
画像


マラッカに入ってきました。世界遺産ということもあり、車が一か所に集まってきていました。
画像

昼食。マラッカの住民の街路のレストラン。
画像

大型バスで来ている中国人がものすごい勢いで食事していました。
マレーシア料理。
画像

男性トイレの水が出ず、困りました。
女性トイレも同じようだったようです。

マラッカ海峡が見えました。
マラッカ海峡は、マレー半島とスマトラ島(インドネシア)を隔てる海峡です。シンガポール海峡とあわせて太平洋とインド洋を結ぶ海上交通上の要衝となっています。
タンカー、コンテナ船などの経済的に重要な物資を運ぶ大型貨物船が海峡を行き交っています。
イランからの日本への石油輸入のタンカーもここを通ています。5/2からはどうなるのだろうか。
画像


ここは世界遺産登録の地です。
その根拠が、この街の生活にありました。
手縫いの刺繍。写真撮影させてもらいました。
画像

椰子の実からミルクを人手で取り出すお店。
画像

パンを焼いていました。
画像


高床式の住居がありました。
画像


ここの歴史は、マラッカ王国、ポルトガル領マラッカ、オランダ領マラッカ、イギリス領海峡植民地、旧日本軍占領統治、マラヤ連邦~現代です。
お寺が多いです。時代が違うと思いますが、中国人も昔からマラッカにたくさん来て定住しています。
今では、使われる言葉が北京語という大きな小学校がありました。
画像


オランダが統治した場所です。
元、政庁。
画像

プロテスタントの教会。
画像

白い動物の像です。マラッカのシンボルと聞きました。
画像

マラッカは、樹の名前から取った地名と教わりました。この樹の根本が重要な場所と理解しました。
画像


丘の上には、フランシスコザビエルの遺体が一年間置かれた墓のある教会がありました。こちらの方が古いです。
画像

ザビエルの像には、右手がありません。ザビエルが亡くなったとき、マラリアにかかり右手を切り落としたからだと聞きました。
画像

オランダ時代の船の復元。
画像

オランダ時代の街の門。残っている一番古いとのことでした。
画像

ハイビスカスの花。
画像


マラッカの王様の家の復元。
高床式です。
画像

人形による王様との会議の模様。
画像


シンガポールへの帰りは、行きの道とは違うもう一つの道でシンガポールに入りました。
画像

こちらのほうが、マレーシア出国、シンガポール入国がスムーズのようです。
それでも、すごい行列でした。

Swissotel The Stamfordまで送ってもらい解散後、Vivo CityまでMRTで戻ってきて、夕食のwrapをテイクアウトしました。
ホテル行きの無料バスでホテルに戻りました。
ホテルに着いたのは、21時。
お疲れさまでした。

○2019/4/29
おはようございます。
今朝はゆっくり。
朝食の後、プールのチェアで本読み。
娘は深さ2.5mのところを泳いでいました。
画像

廊下にクジャク。
画像

屋根の上にいるクジャクが、高い声で鳴いていました。

チェックアウトして、Changi Airportへ。
アーリーチェックインできるカウンターの場所をチェック。
人工の滝があるJewelを見学しました。
天井から落ちてくる滝は迫力ありました。
画像

日本の竹林が造られていました。
画像

有名かどうかわかりませんが、香港発祥のお店で、豚肉のスープ煮を食べました。
画像

店内の壁絵は、路地で商売していた露天商時代が描かれていました。
画像

東急ハンズ。
画像

ポケモンのお店もありました。すごい人気でした。
画像


夕方、KDDIシンガポールを訪問。
安房(あわ)さんと面談。
シンガポールでのビジネスを教えてもらいました。
KDDIシンガポールは、現場を知っていますね。素晴らしいです。

これからマレーシアが伸びてきて、日本を抜く時代が来るのかもと思いました。
最後はカンボジアかも。

夜、ミャンマーにいる鴻谷さんに紹介、予約してくれた、鴻谷さんの友人がバーテンダー(実際はお店を指揮っていました。)ゲントさん(日本人)のバー「Gibson Cocktail Bar」に行きました。
https://www.facebook.com/gibsonbarsg
画像

画像

The Gibsonという定番カクテルを注文しました。
お酒が弱いので、カクテルグラスではなく、ウイスキーグラスに氷入りで作ってもらいました。特別バージョンです。
ピクルスのタマネギ、わさび菜、うずらの玉子を口に含みながら、お酒をいただきます。爽やかなカクテルでした。
画像

画像

牡蠣も美味しかったです。
安房さんも来てくれました。
娘が、グラブというアプリ「GRAB TAXI(グラブタクシー)」で、タクシーをつかまえてくれました。
Changi Airportでは、紅茶を買いました。
画像

ブリティッシュエアウェイズのラウンジに行き、シャワーを浴びました。
23時までなので、JAL指定のラウンジに移動して、搭乗を待ちました。
画像


○2019/4/30 火曜日
日付が変わった4/30 01:50発の羽田行きJL038で帰国しました。
眠いの、気持ち悪いのなんの。シートに座ったらすぐにアイマスクをあてて、眠りました。
画像

羽田に着いたときは、雨模様。
京急で横浜に出て、外の空気に触れると、寒いなと思いました。

今回のシンガポールの旅は、充実した時間でした。
シンガポール、マレーシアを見れてよかったです。
国のパワーを感じました。
交流が多くなされていると聞きました。
旅っていいです!ぜひ、お出かけください。


シンガポール 2019/4/26、27

シンガポールを、娘と訪ねました。
10連休を知る前に飛行機の予約をしました。
10連休より一日前、シンガポール行きの飛行機に乗りました。

○2019/4/26金曜日
おはようございます。
昨日と違って、雨。少し涼しいです。
羽田空港国際線まで京急。通勤電車。混んでいました。
国際線カウンター付近。学生の大集団があちらこちらにいます。大混雑。

娘と合流し、チェックイン、手荷物検査、初めての顔認証の出国手続き。
パスポートを登録台に置いて登録。その後、顔の撮影。照合できたようです。ゲートが開きました。
パナソニックのシステムと聞いています。スムーズにいきました。

羽田空港国際線ターミナル。
画像

JALラウンジに寄りました。
シャワー浴びてから、朝食をいただきました。ご飯少し大盛になっていますね。(笑)
画像

外は雨。
画像
JL037便は11:30出発したものの、離陸は空港混雑で遅れました。まあこんなものです。
機内食も食べました。
シンガポールに、18:00に到着。
画像

タクシーで、セントーサ島に向かいました。
画像

シンガポール港に、貨物船に加えクルーズ船2隻を見ました。
貿易、観光、大事です。

ホテル Sofitel Singapore Sentosa Resort & Spa に到着。
画像

画像

Wifiで、Facebookが使えました。
他はダメ。
今晩は、静かに眠りました。
画像


○2019/4/27 土曜日
おはようございます。
雨。
ホテル内敷地を、悠々とクジャクが歩いていました。
画像

朝食。オムレツを作ってくれたシェフは、私が日本人とわかったらしく、ご飯と味噌汁が用意されていると教えてくれました。
とは言え、今朝は、アメリカスタイルでいきました。
画像


セントーサ島に渡るVivo Cityに出てきました。
画像


MRT(地下鉄)でマリーナ・ベイサンズ近くまで来ました。
画像

マリーナ・ベイサンズ近くの高級ショッピングモールにある人工滝です。
画像

TWGで、紅茶を飲みました。
すごい種類の紅茶の中から選ぶ能力はないので、フレーバー感無しのEnglish Breakfast Teaを注文しました。
画像

画像

ショップです。ものすごい種類の紅茶にびっくりしました。
画像


マリーナ・ベイ・サンズ。
画像

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。
画像

スーパーツリー。
画像

歩いてみました。
画像


ショッピングモールに戻ってきました。
画像

ドリアン。そのお菓子。
画像


マーライオンのあるエリアに向かいました。
画像

スターバックスでコーヒー。
WifiがOK。メールとLINEの通信ができました。

マーライオンは修復作業中。
小さなマーライオンです。
画像

対岸から見たマリーナ・ベイ・サンズ。
画像


ラッフルズホテル。
画像

バーの前まで行きました。多くの人で中は満員でした。
画像

MRT(地下鉄)に乗って、キング・アルバート・パーク駅へ。
マレー鉄道の鉄橋跡です。
画像

線路跡まで崖を登ってみました。
画像

誰もいないと思いましたが線路跡に若者がいました。びっくり!彼が、小さな駅の跡があると方向を教えてくれました。
行ってみました。
調べると、旧ブキ・ティマ駅です。
画像

この鉄道は、マレーシア、タイにつながっていたと思います。

ホテルに戻るバスの出発地点Vivo Cityまで、MRTで戻ってきました。
夕飯は、天丼。
画像