アラスカ ③ アラスカ鉄道 アンカレッジからデナリ

◯2019/6/21 金曜日 アラスカ鉄道 アンカレッジからデナリ。

おはようございます。
06:00に起床。
06:45のホテルのバンで、駅まで送ってもらいました。
運転手云く。今朝、熊が市内に出た。ゴミをあさった跡を指差して教えてくれました。

Anchorage駅(114.3)。
画像

荷物のスーツケースを預けました。
チェックインカウンターで、今日のチケットを確保。
まだ時間があります。
待避線から、列車が出てきたので見に行きました。
画像

Fairbanks(起点Seward駅から470.3マイル)行き「Denali Star (列車名)」08:15発です。
後ろに、白い車輌が2輌連結されていました。旅行会社専用客車です。
画像

列車に向かう乗客です。
画像

発車しました。
川を見かけます。鮭が上がってこないかと、想像しました。
画像

白鳥です。
画像

朝食は、卵、ソーセージ。トーストをつけてもらいました。
画像

山デナリ(標高6194m)が見えました。
ラッキーです。
いつも雲がかかっていて見ることはなかなかできないと、アラスカ鉄道のパーサーも写真を撮っていました。
画像

画像

さらに、山デナリ(標高6194m)が近づきました。
画像


列車がスピードを落としました。
線路脇の樹木に鳥がいたためです。
フクロウです。茶色。
写真に写っているかどうか。右の下方に写っていました。
画像

タルキートナに到着。
画像

画像

ガイドブック:今もなお金の採掘が行われる町。
ここで降りた人は、ここから軽飛行機に乗って、空から、山デナリを見ると言ってました。

昼食は、サラダと鮭のチャウダー。
画像

旗を振って、列車をストップしてもらうシステムがある地区を通りました。(車内ガイドでわかりました。)
画像

画像

ガイドをしてくれている男性は、日本人の血が流れていると話してくれました。
私より日本語が流暢でした。
「日本人は、おもてなしの心を持っているので、満足されましたか?」との丁寧な質問がありました。
「素晴らしい説明、ありがとうございます。」と、お答えしました。
日本語会話、盛り上がりました!
画像

天気は良いです。
画像


鉄橋を渡りました。ガイドブック:1921年に完成した、高さ90m、長さ280mの鉄橋。最も困難で最も費用がかかった。
画像

デナリが見えました。
画像

下を見ると、怖いくらい高い所を列車は通過しました。
ハリケーン峡谷。
画像


南行きの列車とすれ違いです。単線なので。
画像

乗客同士、お互い手を振りました。
画像

北の地に来た感じです。
画像

Denali駅 (347.7)15:40着。
画像

ホテル。Grande Denali Lodgeまで、送迎バスで向かいました。
画像

夕食を食べて、明日のDenali Bus Depotまでの送迎バスの時刻を確認しました。
Eilson Business Center行きバス06:00に乗るためには、ホテルを04:50の送迎バスに乗る必要があることがわかりました。
Lunch Boxは05:00からの渡しになるので、受けられないと、担当の女性から言われました。残念です。
持参したレーズン、ドライフルーツ、ピーナッツを持っていこう。

時差ボケなのか、外が明るいのが原因なのか、なかなか寝付けませんでした。ウイスキーの水割りを飲んで寝ました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック