アラスカ ⑤デナリ国立公園ウオーキングツアー

◯2019/6/23 日曜日

おはようございます。
今日は、デナリ国立公園のレンジャーがガイドするウオーキングツアーに参加します。
昨夜から未明に、雨音を聞きました。
今日は曇り。歩くにはちょうど良いかもです。
画像

しっかり朝食を食べて、ホテルのシャトルバスで、Denali Business Centerへ。
ホテルは山の上にあり、歩いて行くのは止めた方がいい。
画像

Denali Bus Depoで、ムースがいると、シャトルバスの乗客が降りて見にいきました。安全確保のため、運転手が乗客をリードしに行きました。その間、バスは止まったまま。
画像

駅に行ってみました。
特別の客車ばかりつながった列車がいました。
これは、旅行会社保有の客車です。牽引はアラスカ鉄道のディーゼル機関車1両。アラスカ鉄道が牽引を委託受けていると思われます。
09:00にアンカレッジに向けて出ていく準備をしていました。
画像

画像

Denali Business Center。
09:30のウオーキングツアーに参加は自由。無料。今日も開催されるの確認しました。
画像

時間があるので、花を撮影しました。
画像

画像

画像

女性レンジャーが案内人。
歩き始める前に、ベアー、ムースと出会った時の注意、対処方法をレクチャーしてくれました。
ベアーは400フィート離れる。ムースは、30フィート離れる。
歩き始めて、出身地を紹介しあいました。私以外全員アメリカ人でした。
画像

この自己紹介は伏線があって、公園内トレイルを歩きながら、家族とのつながりを渡された紙に書いていくんです。何度か立ち止まって、お題が出ました。
また、昔の人の言い伝えを読み上げます。哲学っぽい。よくわかりませんでした。言い伝えも、意図も。
アメリカ人の学習の仕方なのかもと思った次第です。方法としては良いです。

アラスカ鉄道の鉄橋が見える橋を渡りました。
画像

吊り橋。
画像

トレイルの横には苔。
画像

山の花が咲いていました。
画像

アラスカ鉄道の鉄橋の下をくぐりました。
画像

ツアーが終わったのは、森の中。
レンジャーは、自分はこちらに行く。と言って歩き始めました。たいていの人が付いて行くので一緒に行きました。
私が戻りたい駅とは反対方向なのが案内板を見てわかりました。
画像

一人、大廻りして駅に向かいましたが、12:30のアラスカ鉄道アンカレッジ行きの汽笛が聞こえました。駅に到着したみたいでした。
歩いている道が正しいか、磁石で方向を確認しながら、駅まで結構歩きました。
なにせトレイルの景色が一緒です。
列車は駅に停車していました。
ディーゼル機関車は2両。
画像


シャトルバスでホテルに戻って、やっとほっとできました。
Fairbanksに向けて出発です。預けた荷物を受け取ったあと、シャトルバスの時間、公園内のこと、いろいろ教えてくれたAssistanceの女性に御礼。
画像


シャトルバスで駅に向かいました。
Denali駅(起点Seward駅から347.7マイル)。Fairbanks駅(起点Seward駅から470.3マイル)行き「Denali Star」 16:00発が来ました。一日一本。
画像

駅の隣は、軽飛行機の滑走路でした。
画像



乗車しました。
列車から宿泊したホテルが見えました。崖の上。
画像

列車は峡谷を進んで行きます。アラスカのグランドキャニオンと言っていました。
画像

大きな道路橋が見えてきました。
画像

列車は道路橋の下をくぐり進みました。
画像

画像

列車は峡谷を進みました。
画像

画像

昔のトンネル跡です。小さいので、Anchorage駅に置いてあった蒸気機関車が走った時代のものでないかと想像しました。
画像

ビーバーの巣。何度か見かけやっと撮影できました。
周りが十分の水がある大きな池に、巣を作っていました。
画像

夕食をダイニングカーでいただきました。
ご一緒したご夫婦の男性は、「日本の鉄道に比べ、スピードがゆっくり。のんびりですよね。」と、たぶん新幹線を想定してお話してくれました。
私は、「食堂車があるのが嬉しいです。」とお答えしました。
画像

本を読みました。
人が考えることを書いてあります。思いつくところがありました。

Fairbanksが近づいてきました。
Fairbanks大学です。
画像

貨物輸送がありますね。
軍用トラックが貨車に積まれていました。
画像

20:00、Fairbanks駅(起点Seward駅から470.3マイル)に到着。
画像

スーツケースが出てくるまで、駅舎内を歩いてみると、昔の写真がありました。鉄橋の作り方って、すごいです。
画像

アラスカ鉄道の絵も飾ってありました。
画像


ピックアップサービスを頼んでいました。
東に、90分くらい車は走りました。
Chena Hot Springsに到着しました。
画像

まだ時間的に温泉に入ることができると教えてもらいました。
深夜の温泉を楽しみました。と言っても、太陽は地平線の上なので、夕方の温泉の気分でした。

体が温まりました。
眠れると良いです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック