山口県厚狭 訪問 2019/7/26-28

2018年、下関で開催された山口県活性化イベントでお知り合いになった、山口県厚狭の安重(やすしげ)賢治さん、美穂さんのお家を訪問しました。
山口を案内いただきました。

〇2019/7/26  金曜日
おはようございます。
夏らしい気候になりました。
家の近くのバス停5:32のバスで鴨居駅に出て、羽田空港に向かいました。

JAL291 羽田0755発 山口宇部 0925着の便です。
幹線便でないこともあり、バスで飛行機に向かいました。
駐機場から夏の富士山が見えました。

P1000416.JPG

山口宇部空港に安重さんが迎えに来てくれました。ありがたいです。

P1000420.JPG

宇部港。宇部興産。

P1000423.JPG

ご自宅に荷物を置かせていただき、山口の名所訪問に連れて行っていただきました。
玄関に素敵な掛け軸がありました。

P1000429.JPG


・元乃隅稲成神社
(解説)
山口県長門市油谷にある「元乃隅稲成(もとのすみのいなり)神社」は、昭和30年に島根県にある「太鼓谷稲成神社」が派生し建てられた、本州最西北の稲荷神社です。
日本には全国で3万社以上の稲荷神社がありますが、この「稲成」という漢字が使われている神社は太鼓谷稲成とこの元乃隅稲成神社だけです。
「成」の字は、〝成就〟に由来していて、様々な願いが叶うといった意味が込められているのだとか。

賽銭箱が地上6mの高さの鳥居の横柱に置いてあります。3度目で、賽銭が入りました。OK!
周りの方に褒められました。

P1000431.JPG

赤色の鳥居が海に向かって続いていました。

P1000450.JPG

日本海が綺麗。

P1000447.JPG


昼食を食べに行きました。
・カントリーキッチン  長門市
(解説)標高333mの千畳敷にある素敵なカフェ。
〒759-4402 山口県長門市日置中5462
TEL 0837-37-3824


岬の先に位置するカフェの感じ。

P1000462.JPG

お薦めのハンバーグを注文しました。

P1000463.JPG

千畳敷で記念撮影。
安重さんです。さすがエンターテイナーです。

P1000470.JPG


・角島大橋 に行きました。
絵になる橋です。海が綺麗。

P1000480.JPG


・角島灯台 に連れて行っていただきました。
明治時代に作られた石造りの灯台です。
上まで登りました。100段。
地上30mから日本海を行く船に灯りを届けています。30km沖合いまで灯りが届くそうです。

P1000502.JPG

P1000505.JPG

お風呂に行きました。
・ホテル楊貴館 
油谷湾温泉 ホテル楊貴館
〒759-4505
山口県長門市油谷伊上10130番地
TEL. 0837-32-1234 FAX. 0837-32-1069

日帰り入浴OKです。
アルカリ性単純温泉(無色透明、無味無臭 ph値9.60)。
油谷湾を眺めながらの温泉。素晴らしかったです。
対岸に、塩作りの百姓庵があるとのことでした。

P1000513.JPG


・子作り祈願の神社。
大事です。男性のシンボルが奉納されていました。

P1000515.JPG


・永山酒造
1887年創業。
住所:山陽小野田市大字厚狭367-1
電話:0836-73-1234

日本酒のみならずワイン作りも始まっているということで、連れて行ってもらいました。
カベルネソーヴィニヨンが垣根栽培されていました。シャルドネも栽培していると想像しました。

P1000517.JPG


殿町児童公園に保存されている蒸気機関車を見に行きました。
D51 300機。よくここまで、錆を取り、整備してきたと感心しました。

P1000519.JPG


夕食は山陽新幹線、在来線の厚狭駅前のビアガーデンで。安重さんのお母様が車で送ってくれました。
・二反田ビアガーデン
山口県山陽小野田市厚狭1丁目1-5
厚狭駅前
ビアガーデンの場所から、新幹線が見えました。停車した上りこだまが、3本の後続列車に追い抜かれていました。
貨物列車が行き交いました。

P1000525.JPG

安重さんの職場の元先輩の村上さんが来てくれました。
CTスキャンで別の場所での病理が見つかり、手術を受けて退院した、運が良かった。とお話をされていました。
早期発見は大事ですね。

P1000530.JPG

村上さんは、美祢線の最終列車でお帰りになられました。
安重さんの奥様が会合の後、ピックアップしてくれました。

P1000531.JPG

素敵なお家。
シャワー浴びて寝かせていただきました。

〇2019/7/27 土曜日
おはようございます。
二日目。
朝の散歩に誘われました。

安重家の旧家。

P1000532.JPG

安重家の森。元は田圃。

P1000542.JPG

安重家の竹林。

P1000549.JPG

広さに驚き!
いろいろなことができます。

ご飯の朝食を準備してくれました。
いつもパンなので、ご飯の朝食は新鮮。
歯磨きして出発。

・弁天の池
に連れて行っていただきました。
(解説)
住所:山口県美祢市秋芳町別府水上
「別府弁天池」は、全国的にも有名な景勝地である秋吉台や秋芳洞の麓、別府厳島神社の境内にひっそりと佇む湧水。環境庁が指定する“日本名水百選”にも選ばれています。
南国の海のようなコバルトブルーとか、宝石のようなエメラルドグリーンとも呼ばれる美しさ!その神秘的な色合いに、思わず誰もが見入ってしまいます。
この青さの秘密は、石灰岩で構成されたこの地特有のカルスト地形にあります。「別府弁天池」では、カルシウム分を含んだ透明度の高い水が湧き出ています。

本当に透明感のある水をたたえる池でした。

P1000560.JPG

近くには鱒養殖場がありました。

P1000563.JPG

持ち帰りできる飲泉所では、たくさんのペットボトルを持って水を汲みに来ている人がいました。

・大正池
こちらは人が訪れない所。

P1000571.JPG

大きな魚が一匹、悠然と泳いでいました。

P1000567.JPG

なかなか素敵な池でした。


・秋吉台
山口県美祢市秋芳町秋吉台山
秋吉台(あきよしだい)は、美祢市の中・東部に広がる日本最大のカルスト台地です。
1955年に国定公園(秋吉台国定公園)に、1964年に特別天然記念物に指定されています。

P1000578.JPG

P1000587.JPG
野焼きをすることにより、石灰岩が現れています。
旧陸軍の演習のために野焼きをしたのが最初ということでした。
草地の中には多くの穴があるそうです。止まることなく地下まで落ちてしまうそうです。危ないですか


・秋芳洞
(解説)山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
秋吉台国定公園の地下100m、その南麓に開口する日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞(あきよしどう)」。
ひんやりと肌をさす冷気漂う杉木立を通り抜けると、秋芳洞の入口です。洞内の観光コースは約1km(総延長は10.7kmを越え国内第2位)、温度は四季を通じて17℃で一定し、夏涼しく冬は温かく、快適に観光できます。

水量が多い!

P1000593.JPG

地下空間の芸術作品です。
感動しました。

P1000604.JPG

P1000607.JPG

P1000622.JPG


戻って、安重美穂さんもご一緒に昼食を食べに行きました。
・カフェ夢紅
(解説)
夢元(むげん)さんは滋賀県出身。
40歳の時に旧山陽町へIターンして独学で陶芸家となった後、1997年からは鹿児島・奄美で暮らし、現在と同じように「作品を見に来た人に、お茶を出そう」と自宅併設カフェも営んでいたが、昨年11月に再び山野井へ転居した。
カフェは8畳で、テーブル席とカウンター席を合わせて8席ほど設ける。

こんな所にカフェ?という場所にありました。
陶芸家で、登り窯があるとのことです。
カフェ兼ご自宅は、ご自身で建てられた。驚き!

P1000632.JPG

サンドイッチ「ハム・サラミ・チーズ」(800円)を注文しました。
美味しかったです。

P1000631.JPG

いろいろなお話をしました。
帰りは、山道を歩いて安重さんの自宅に戻りました。
途中で安重家の森に出ました。
どうやら、小さな山を隔てたお隣同士です。安重さんと夢元さん。

温泉に連れて行ってもらいました。
・くすくすの湯
(解説)
山口県立宇部西高等学校 総合学科 環境緑化系列の先生のご指導のもと、春休み返上で生徒さんが設計・施工してくださいました。
源泉温泉は、34.6℃。加温してあります。優しいお湯でした。

ひまわり畑。夏を感じました。

P1000639.JPG

戻って、一眠り。
夕食は、安重家ダイニングテーブルでいただきました。
山口の地元料理「瓦焼きそば」を作ってくれました。

P1000642.JPG

鰻。

P1000646.JPG

おばあちゃん(安重さんのお母様)が、煮物、鶏の唐揚げ、おにぎり、つみれ汁を振る舞ってくれました。

P1000644.JPG

私は、勝沼のマルサンの甲州ワインを差し入れ。「百」の銘柄が、安重さん次女の名前の一文字ということで、評判良かったです。


夢元さん、紅さんご夫妻がお見えになりました。
夢元さんは、先祖が桜田門外の変で有名な井伊直弼の兄弟である彦根藩士の子孫でした。
紅さんは素敵な声の持ち主と思っていたら、俳優さんの娘さんでした。
楽しいお話をさせていただきました。
桜が咲く、山陽本線の列車の撮影ポイントがあることを教えてくれました。
遊びに来てくださいとのお声がけをいただきました。感謝です。

P1000648.JPG

安重さんおばあちゃんは、洋裁デザイナー、仕立てをお仕事にされていたとのこと。
しっかりしたお考えを持っておられました。

もう24時に近いです。
お開き。
いっぱいお料理をいただきました。
ご馳走様でした。
お休みなさい。

〇2019/7/28 日曜日
おはようございます。
しっかり眠りました。
ありがたいです。

朝食の時、奥様、安重美穂さん(小学校教頭先生)から、6年生担任時代、子供たちにも参加してもらったD51 300の蒸気機関車の保存の取り組み、感動のお話でした。地域の活性化、街作りのお話をお聞きできました。
素晴らしい志、活動です。共感しました。

子供たちも頑張っています。

飯塚市で保存活動している方のお話をお聞きしました。

行く所がたくさんになりました。


厚狭にある旧毛利家家臣のお家を案内してくれました。

P1000651.JPG

P1000653.JPG

今後の活用をこれから相談していく計画とのことでした。

街を愛する心、半端ではありません。


下関に向かいました。

・門司港の風師山

(解説)風師山(かざしやま)は北九州市門司区、関門海峡に突き出た企救(きく)半島の先端にあります。風師岩頭(かざしがしら)、風師山、風師南峰の3つの峰があり、山頂からは、眼下の関門海峡に巌流島や関門橋、さらには周防灘や玄界灘の絶景を見ることができます。


駐車場から800m登って頂上に。

日本海から関門海峡に入り、瀬戸内海に出るのが一望できました。

関門海峡はまっすぐ抜けていると思っていましたが、西から東へS字を横にした海峡水路になっていました。

P1000667.JPG

関門橋です。

P1000662.JPG

巌流島です。

P1000668.JPG

門司港駅に連れて行ってもらいました。

門司港駅は綺麗に改装されていました。

P1000682.JPG

駅舎にスターバックスが入っていました。

観光用トロッコ列車が走っていました。

P1000672.JPG

武家屋敷で有名な長府の下関市立博物館に行きました。

C11蒸気機関車の模型が煙を上げていました。

P1000700.JPG

特別展示の鉄道展示は、明治時代の新橋(烏森)と横浜(桜木町)の鉄道開通が主な展示でした。

明治天皇が御言葉を述べられたことの記録を初めて見ました。


昼食は、厚狭駅前のレストラン。

山口宇部空港まで送っていただきました。

JAL294 山口宇部 1420発 羽田 1555着。羽田への折り返し便です。

P1000705.JPG

京急、JR横浜線で帰宅しました。


人のつながり、ありがたいです。

安重賢治さん、美穂さん、お世話になりました。

厚狭の人々の街への思いの強さを感じとれた旅でした!