奥会津 只見線 2020/1/11土曜日

○2020/1/11 土曜日
夜、雨が降りました。
おはようございます。
よく眠りました。
日の出06;54、日の入り16:37です。

第一橋梁へ、下り 0723 上り0739の列車を撮影に出かけました。
山の中腹まで登ります。疲れました。
霧でなにも見えませんでした。
この霧の中を汽笛を鳴らして列車は通過していきました。
DSC02350.JPG
宿に戻って朝食をいただきました。
宿の近く、会津宮下駅の近く、三島神社を訪ねました。
参道は、踏切のない只見線の線路を渡ります。
DSC02358.JPG
落ち着く神社でした。
DSC02363.JPG
帰り道、地元のお年寄りから声をかけられました。横浜ナンバーの車だよね。と。昨日から私の存在が分かっていたようです。
会津宮下の子供たちは、関東では横浜に住んでいるところから話しが始まり、
人口が宮下ダム建設時の7500人が今は1500人、
雪がないので猪が増えている、
原発事故で会津の山は荒れ、今年は雪がない、春は水不足になる、農作物の生育が心配、
今日昼に手打ちそばが観光交流館からんころんで食べられる、若いものが蕎麦を打つ、
屋根先の看板は屋号、姓より屋号でお互い呼んでた。
30分ぐらい話しました。
ありがとうございました。

屋号。
P1003297.JPG
P1003294.JPG
P1003292.JPG
道の駅 尾瀬街道みしま宿の下に位置する歳時記橋で、第二橋梁を通る列車を撮影しました。
会津宮下駅下り 0905の列車。
P1003255.JPG 
上り0917の列車。
 P1003268.JPG        
なかなか良いです。

【温泉】早戸温泉 つるの湯に向かいました。
P1003284.JPG
只見川はゆったり流れていました。緑色。
P1003289.JPG
ここの湯は飲めます。
P1003287.JPG
湯量豊富な温泉。
温まりました。

当初予定の撮影地である奥会津シンフォニーロード エンド めがね橋、
かねやまふれあい広場を確認し、会津宮下に戻りました。
いろいろな場所で、只見線撮影の人がいました。
これが宮下ダムです。
P1003145.JPG
只見川に面した集落です。
P1003291.JPG
観光交流館からんころんに行きました。
P1003295.JPG
入った瞬間、横浜の方ですよね。と言われました。
朝、お話したお年寄りが午前中コーヒーを飲みに来て、私のことを言って帰えていったとのことでした。
このお年寄りは、地元の中心、長老でした。
今朝打った手打ちそば、美味しい!豆腐も。
P1003447.JPG
P1003296.JPG
今日は、出汁を取った鰹節を佃煮にしてお土産として渡す日だそうで、私もいただきました。ありがとうございました。

会津宮下の三島神社境内から、上り列車を撮影しました。会津宮下駅上り1242。
P1003308.JPG
P1003329.JPG
第一橋梁、再トライです。
車を置いた道の駅では、第一橋梁方面をバックに記念撮影をされていたカップルがいました。
P1003339.JPG
会津宮下駅下り 1431 を撮影します。
台湾の人達かな、外国人に人気です。
DSC02366.JPG
晴れ。列車は第一橋梁にさしかかると速度を落とし、汽笛を鳴らしていました。
P1003377.JPG
西方の集落を通過し、第二橋梁を渡っていきました。
P1003280.JPG
P1003406.JPG

【温泉】老人ホーム ひだまり館で、温泉に入りました。
半透明の黄土色。
なにも加熱していない生の温泉。熱い。ひ孫がいる地元のおじいさんが、水を入れていいよ。と言ってくれました。
湯船の中で、気候変動、生活、資本主義、政治のことを話してくれました。
先は短いとおっしゃるが、おじいさんはひ孫の代になったらどうなるか先を見ておられました。ありがとうございました。
政治家とか官僚とかの政策を考える方々に聞いてもらいたかったです。

アーチ橋兄(橋)弟で、会津宮下駅上り1554 を撮影しました。
日本でここだけらしいです。アーチ橋が3つ一緒に見れるところは。
P1003431.JPG
多くの人が集まっていました。大型ワゴンで訪れた人たちでした。

観光交流館からんころんで、甘酒をいただきました。200円で飲ませていただきました。
P1003446.JPG
宿泊は、奥会津のんびり館で連泊です。
雨が降ってきました。

○2020/1/12日曜日
おはようございます。
昨夜も雨が降りました。
今朝も霧が発生しています。

第二橋梁に向かい、朝の撮影をしました。
会津西方駅。下り0725列車。
DSC02384.JPG
第二橋梁を渡る、会津西方上り0737列車。
P1003484.JPG

宿に戻りました。
宿の前の家は、三島町移住体験住宅でした。
DSC02390.JPG
朝食のとき、宿のお母さんが、移住者がでてきていますよ。とお話をしてくれました。
また、高校生のときは、只見線の列車で会津坂下まで通学していた。霧が出ると運休の時があり、学校は欠席扱いならず休めました。と、只見線のお話を聞かせてくれました。

帰宅。途中、列車に出会いました。
P1003517.JPG
会津磐梯山を見ることができました。
P1003520.JPG

只見線完全復旧後は、各市町村が運営費を負担しながら、列車の運行を支えるとのことです。
地元の方々の熱意が、鉄道を支えています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント