勝沼 2016/11/19-20

2016/11/19土曜日は、年一回の、会社仲間との勝沼でのゴルフの日です。
ところが、冷たい雨。
一日延期して、11/20日曜日に、違うところで、ゴルフとなりました。

○2016/11/19 土曜日
勝沼15時集合になったので、ゆっくり出かけます。
圏央道から中央道が大渋滞とテレビで言っています。
中央道の調布ICに向かいました。
途中、雨で富士山は見えません。紅葉の中を運転しました。

勝沼到着。雨です。
画像

勝沼駅の甚六桜。春になると、また見事な桜の花のトンネルを見せてくれると思います。
画像


塩山に、早めの昼食をとりに出かけました。
魚屋さんが小さな食堂を併設しています。「北井」。
山梨で、さんまの刺身定食をいただきました。新さんまは、旨い。
画像


勝沼に戻りました。
中央葡萄酒、ブランド「グレイス」。
画像

ぶどう畑は、紅葉の最後。冬近しです。
画像

甲州種の白ワインを購入。

神楽坂にレストラン「ルバイヤート」を持つ、丸藤。ブランド「ルバイヤート」。
神楽坂でいただいた甲州種の白ワイン新酒を購入。
画像


奥野田ワイナリーに出かけました。
来年のぶどう栽培の更新の申し込み、瓶内二次発酵のワイン「フリザンテ」を購入。
来年もよろしくお願いします。
ワイナリーから、中央本線が見えます。特急スーパーあずさが通過しました。
画像

おばちゃんたちがやっている勝沼の喫茶店。
裏に、柿が干してありました。綺麗でした。
画像

電話が鳴りました。
ワイン民宿「鈴木園」に、みなさん集まってきたようです。
向かいました。
到着。初めてです。
画像

紅葉が綺麗。
画像

記念撮影。
画像

画像


全員集合しました。ワイナリー巡りです。
中央葡萄酒に、出かけました。
みなさん、試飲をしました。「グレイス」は、EUに、甲州種の白ワインを輸出しています。みなさん、それぞれ好きなワインを購入。
画像

奥野田ワイナリーに出かけました。奥野田ワイナリーのワインは、フランスやタイに紹介されています。
ここでも試飲。細川さんが担当してくれました。美味しい。好きなワインを購入。
画像

隣の家の雨宮さんを訪ねました。幸い、おじいちゃん、おばあちゃん、がおられました。
なんと、幻のぶどう「ブラックオリンピア」を冷凍庫から出してくれました。美味しい!
来年も、お世話になります。
画像

池田ワイナリーも寄りました。社長が、試飲の説明をなされていました。
「10/1のぶどう祭りの出店、お疲れ様でした。」という会話をメインにしました。
宿に戻って、夕食を食べに行く前に、温泉「天空の湯」に行きました。
温泉、温まります。
夕食は、山の一軒のレストラン「エリソンダンジュール」。
画像

美味しい料理と、勝沼、塩山のワインをいただきました。
画像

これは、メインの牛肉の赤ワイン煮。
画像

別料金で、チーズを出してくれました。
画像

みんなで記念撮影。
画像

宿に戻って、買ったワインを呑みながら、明日のゴルフに話が盛り上がりました。
おやすみなさい。
画像


○2016/11/20 日曜日
おはようございます。
霧です。
画像

男性陣は、ゴルフに出かけました。
ところが。練習を終えて、10時過ぎても、霧が晴れません。
どこに、ボールを打っていいかわかりません。危険です。
カートは、出発レディになっていましたが、みんなで相談し、キャンセル。
お疲れ様でした。

勝沼ぶどう郷駅前の食堂「銀月」に、ほうとうを食べに行きました。
おばちゃんが、庭のブドウの房を切って食べていいというので、各自、好きな房を切り取って、食べました。
画像

おばちゃん作成の味噌を使ったほうとう。温まりました。
画像

記念撮影。
画像


仲間っていいです。笑顔。

鎌倉 円覚寺「宝物風入」、三十三観音巡礼 2016/11/5

北鎌倉・円覚寺で、円覚寺が所蔵する宝物の虫干しを兼ねた展示会「宝物風入」を見に行きます。
今年は、11/3-5の三日間です。
そのあと、円覚寺から鎌倉三十三観音巡礼をおこないます。
画像

○2016/11/5 土曜日
天気は、曇り。
おはようございます。
朝食を食べ、昼食の弁当を作って、出かけました。
バス停までの農道の脇に、小菊が咲いていました。
画像

横浜線、京浜東北線、横須賀線を乗り継いで、北鎌倉下車。
下りホームの改札口を出て、すぐに、円覚寺です。
三回、日曜坐禅をさせていただいています。
画像

階段の上から、横須賀線を撮影。紅葉したもみじの向こうを上り電車が行きました。
画像

山門。
画像

仏殿。
画像

画像

画像

大方丈で、宝物の展示です。
前庭の樹は、ビャクシンという樹だそうです。ここでしか見ない樹です。
画像

玄関で誘導している僧侶(複数)に挨拶して、大方丈に入ると、お見かけした人が颯爽と出ていきます。
横田南嶺老師でした。
玄関で誘導している僧侶が、こちらを見ますので、「はい。坐禅会で、お話を伺ったことがあります。」と、返事しました。

宝物は、写真撮影禁止でした。印象に残ったものです。説明は、宝物目録を一部引用しています。
・開山箪笥 と収納品 円覚寺開山の無学祖元(仏光国司)の所有物。
・五百羅漢図
・大般若経
・仏涅槃図 ぶつねはんず  釈迦の入滅を願いてあります。
  弟子の他に、虎、馬、牛、が横たわる釈迦の周りに描かれていました。
・北条時宗書状 建長寺開山の蘭渓道隆が亡くなった後、時宗が、新しい禅の指導者を中国に求めた。
  このときの依頼状。

大方丈の前庭の地蔵群。
画像

大方丈の敷地を出て、奥に向かいます。
初めて見る花です。
画像

紅葉していますね。
画像

大方丈の裏手にある庭です。
画像

その前にある妙香池。
画像


国宝の舎利殿に、本日は、参拝ができます。お釈迦様の歯が祀られています。
画像

画像

円覚寺仏日庵。観音様第三十三番札所です。
画像

一番奥、黄梅院には、木に彫った地蔵様がいました。
画像

参拝できてよかったです。ありがとうございました。合掌。

踏切を渡って、駆け込み寺の東慶寺。第三十二番札所。
画像

奥の崖には、葉っぱがそのままでている草がありました。
画像

奥には、小さな大仏がありました。
画像

さて、戻って外に出ます。
画像

浄智寺。第三十一番札所。
木造観音菩薩立像。鎌倉時代。本堂の裏側に回ると、ひっそり立っていました。
画像

寺前では、虚無僧姿の僧侶が、尺八を吹いていました。
画像


横須賀線の踏切を渡って、建長寺へ。
その前に、長寿禅寺がありました。
足利尊氏の墓がありました。
画像

庭は、京都の寺のように、苔が多く敷かれていました。落ち着くお寺でした。
画像

切通しを通って、鶴岡八幡宮。
画像

七五三参りで、混雑していました。
結婚式をしていました。
画像

太鼓橋からの本殿。
画像


ここから、金沢八景に通じる道を歩いて、第一番札所 杉本寺に向かいました。
鎌倉幕府よりずっと昔の734年創建。鎌倉で一番古い寺です。
到着。
この苔生した石の階段。良いです。歩行禁止になっています。
画像

観音様は、本堂の奥にあり、暗くてよく見えませんでした。
横の石段に、椿か、サザンカ。綺麗に咲いていました。
画像


清々しい気持ちを持たせていただき、横浜に戻りました。
ありがとうございました。合掌。笑顔。

余談:12km歩きました。鎌倉は、お弁当を食べるところがなく、家に帰ってから、食べました。

都電荒川線 2016/10/30

鉄道に乗ってみたくなる時があります。
今日は、「都電荒川線」に乗りました。
画像


○2016/10/30 日曜日
おはようございます。
昨夜、雨が降ったようです。路面が濡れています。
寒いです。

薄手のダウンコートを着て、出かけました。
電車に乗りに行きます。

JR東日本 横浜線。鴨居駅。平日に見る横浜線とは、趣が違うと感じました。秋の終わりの風情です。
画像

都営・三田線の三田駅で、都営地下鉄、都営バス、都電が、一日乗り放題の「都営一日まるごと切符700円」を購入し、都営三田線に乗車。西巣鴨で下車。
都電荒川線の新庚申塚(しんこうじんづか)に到着。反対側の三ノ輪橋行きです。
画像

早稲田行きに乗車して、学習院下で下車。
池袋の大きなビルをバックに、都電 早稲田行きがきました。
画像

都電が近づいていますが、ご年配の方が、さっそうと踏切を渡っていました。
画像

早稲田をでて、面影橋を過ぎて、右にカーブし、池袋方面に向かう都電です。
画像

橋の上から、早稲田方面を望むと、ビックカメラの本部がありました。
画像

早稲田から鬼子母神前に登ってくる都電です。
画像

大塚駅前で下車。
薔薇を植えて、街の花にしていました。
画像

お祭りですかね。ここは、豊島区。
音楽や果物や焼きそばの露店が出店していました。
画像

和菓子屋のテントに寄り、赤飯と大福を買いました。昔ながらの割烹着を着たおばさんが店番していました。
画像

三ノ輪橋行きに乗車。
画像

飛鳥山で下車。
ここでも、お祭りをしていました。北区。
太鼓の演奏を聞きました。
画像

飛鳥山を出た三ノ輪橋行き。専用軌道から、一般道路に出ます。道路で、いったん停止します。
画像

早稲田行きは、上り坂で、車に挟まれていました。
画像

荒川車庫で下車。
薔薇が植わっていました。
画像

車庫には、行先表示が「都電落語会」の都電が止まっていました。
都電の中での、落語聞きたいです。
画像

元都電の運転士の方に、お会いできました。今、80歳だそうです。
はつらつ。お若いです。
展示してある往年の都電の運転室で、運転のことを説明してくれました。
ブレーキ、マスコンっていうかな(車のアクセル)を動かしながら。
時速は、15km/hから30km/h。
スピードを上げるのに、一気にトップまでノッチをあげると、電気がショートし、都電のブレーカーが落ちるそうです。突入電流の影響です。ブレーカーが落ちると、ニュートラル状態になり、都電とお客様の重みで、前後に動いてしまうそうです。
一番危ないのが、王子駅前から飛鳥山に登る坂道。
年に、一回ぐらい後退して、後ろの車にぶつかる事故が発生していたとのことです。
(そもそも、車が、都電の線路にはいっていけないことになっているようですけど。)
特に、若い運転士は、大渋滞のなかで、焦って、都電を動かすのに、マスコンをトップにいれてしまった、ショート、後退、というのがあったようです。
先ほど見た、王子駅前から飛鳥山に登っていた早稲田行きは、上り坂で、車に挟まれていましたね。
車の方、お気をつけてください。もしかして、都電の後退が、電気系統故障でも起きますよ。
飛鳥山のところが、さらに、車の上下右折との位置関係で一番気を使う交差点とのことでした。
いろいろお話をきかせていただきました。
ありがとうございました。
画像

保線のお仕事をされている方がおられました。
日々の「運用」って、大事です。事故を未然に防ぐ、定時運転を支える。
画像


元都電の運転士の方に勧められた荒川遊園地を覗いてみました。
「都営一日まるごと切符700円」を持っていると、入場無料でした。
懐かしい、小さな遊園地でした。
画像

鉄道模型を走らせている建物もありました。お孫さんを連れたおじいちゃんが多かったです。
画像

尾久の町内会のイベントもやっていました。
画像

熊野前で下車。日暮里・舎人ライナーで、日暮里に出ました。
ゆりかもめと同じ、無人のタイヤで動くモノレールでした。
画像

日暮里から上野まで、JR東日本。都営バスは、押上方面錦糸町行きしかありませんでした。
アメ横の脇を通って、上野御徒町から大江戸線。春日で乗り換えて、神保町へ。
古本市です。
画像

画像

昼食は、有名なカレー屋さんのチキンカレー。美味しかったです。公園で、出店をだしていました。
画像

画像

路上では、キューバの音楽演奏がおこなわれていました。曲にあわせて、ダンスを踊っている日本人もいました。素敵な光景でした。
画像

ぶらり、鉄道の本をチェック。
廃線となった大正時代の草軽鉄道(軽井沢-北軽井沢-長野原-草津)が、急こう配の坂道を走っていた鉄道と知っていましたが、二度上峠駅、浅間大滝駅というのを見て、びっくりしました。
10/9,10に行った、浅間山が良く見える一番標高の高いあたりを通っていたとは。

帰り、京浜東北線、山手線が事故でストップ。
目黒線、東横線、横浜線で帰宅しました。
家の近くの農道では、小菊が咲き初めていました。
画像

北軽井沢 2016/10/8-10

紅葉には少し早いかもしれませんが、北軽井沢に出掛けます。
2泊します。
画像


◯2016/10/8 土曜日
午前3時。起床。
今日は、雨かな。

信州中野に、リンゴ収穫の手伝いに行きます。
午前8時までに、長嶺温泉(ながみねおんせん)の駐車場に到着します。

午前3時15分。朝食のパンを持って、出発です。
東名、圏央道、関越道、上信越道。
佐久のPA。鯉の街ですね。ここは。碑がありました。
画像

信州中野ICで降りて、長嶺温泉に到着しました。
リンゴが、実っていました。
画像

河原映子さん(e-ba-さん)が到着。河原さんの親戚、山岸さんの家に、連れていってもらいました。
玄関前の庭に、コスモスが咲いていました。
画像

リンゴのお手伝い。今日は、「葉摘み」でした。
上の畑に行きました。
画像

収穫の前に、実に日光がよく当たるように、被さっている葉を摘みとりました。
全体が綺麗な赤いりんごになります。
画像

10時の休憩です。
温かい日本茶、お菓子が美味い。
りんごの栽培のお話をお聞きできました。
山岸さん。
画像

奥様とお友達。
画像

リンゴの実の軸元の手前、先から、葉が出ていました。
近くに、来年の芽が出ていました。
初めて、リンゴの樹の先端の様子を知りました。
来年の芽を傷めないように、葉を摘みとっていきましたが、難しかったです。

私は、12時で作業終了です。
3時間半ぐらいの作業で、肩が痛い。腕が上がりません。
農作業って、本当に大変です。

リンゴ2種類をいただきました。秋映( 千秋xつがる )、シナノスイート(ふじxつがる)。
ありがとうございます!
11/26の収穫も来ます。お世話になります。

e-ba-さんと昼食。
11/26の12名の昼食場所としては、蕎麦が今一でした。他にしましょう。
画像

珈琲豆を買われるということで、カフェに連れていってもらいました。
信州中野にあるのかな、と思っていましたが、街のはずれにありました。
画像

e-ba-さんは、午後も作業です。
山岸さんの家に送っていき、私は、長嶺温泉で、温泉入浴しました。
昨年購入した「物見湯産」が、11月中旬まで有効です。
まだ、長嶺温泉には、入浴していません。
画像

田んぼの中の温泉施設です。
源泉です。温度は35℃なので、加熱してありますが、本物の温泉。
木の湯船、少し白濁の湯。なかなか良かったです。
農作業の後の温泉は、ありがたいです。
隣の田んぼは、稲刈りが終わっていました。
画像


さあ、これから、北軽井沢を目指します。
e-ba-さんに勧められた志賀高原を抜けて行きます。
もうあと一ヶ月で、道路閉鎖になります。
紅葉が始まっていました。
画像

沼です。一沼。
美しいですね。
画像

横手山まで来ました。
雄大な眺めです。
画像

草津白根山は付近は、午後5時で、道路が閉鎖されます。
その前に通過します。
湯釜付近は、硫黄成分のために、停車禁止です。
画像

草津に出ました。
東京方面からの車は、長い列ができていました。

鹿沢口に出て来ました。
吾妻線。昔の東海道線の車両115系ですかね。
画像

鹿沢口から、有料道路もルートですが、鎌原の集落を抜けて、北軽井沢ユースゲストハウス ブルーベリーに到着しました。
疲れた!
シャワーを浴びて、ゆったり。この原稿を書いています。
大阪の浜川さんご一行、ツーリングチームが到着しました。
夕暮れの暗くなる中、前庭で、呑み会。参加しました。

18:30。夕食。美味しかったです。おでんがありがたい。大根!
画像

デザート。美味しかったです。幸せです。

21:30。お茶会です。
関西の浜川さんのツーリングチームと楽しい会話をさせていただきました。
画像

佐藤マネージャーの息子さん、健君も参加。
画像

朝早かった。眠い!おやすみなさい。

◯2016/10/9 日曜日
おはようございます。
朝05:30です。
06:00に、朝の散歩に行きました。
雨です。
浅間大滝です。水量が多かったです。
画像

昔、北軽井沢駅。ここから、草津まで鉄道が通っていたとは、不思議です。
画像

浅間山。なんとか見えました。
画像

ブルーベリーに戻って、朝食をいただきました。
今日は、ゆっくりと行動。
羽生田農園で、幻のキャベツ419を購入しました。
柔らかい。市場に出ません。地元のホテルで、出されています。
嬬恋村で二軒しか作っていないそうです。売り場でも一押しでした。
画像

ツーリングチームと、草津に行きました。
画像

途中、片側通行。
バイクは、すいすいと抜けていきました。
車は、大渋滞の中にいました。
大滝の湯に到着した時は、皆さん、湯から出てきたところでした。

下階のあわせ湯で、ぬるい湯から熱い湯まで、ゆっくり入りました。
一番熱い湯は、身体に痛くなってきました。
草津の湯は、眼にはいると、痛かったです。
ここは、煮川の湯が源泉。温度は、たしか48℃ぐらいあると思いました。ph2.1の超酸性。
画像

湯畑を見に散歩しました。
煮川の湯です。一度入浴したことがあります。
千代の湯。地元住民と観光客が仲良く入浴と、張り紙がしてありました。
ありがたいです。
画像

湯畑。観光客で、いっぱいです。
さすが、湯の量が多いです。
画像

画像

バラギ湖に行きました。
標高は、北軽井沢1000mより高いです。
風が強かったです。
湖面が、揺れていました。
画像

この近くで、キャンプをしている人達が大勢いました。
寒いだろうな。

湖畔の宿で、温泉博士の雑誌を使って、温泉に入りました。
昼食を食べ、温泉。透明なアルカリ性温泉。草津の湯の後では最適です。
白樺の樹々を見ながら、入浴しました。
画像

15時近いです。
宿に戻りました。
マッサージ機で、腰を伸ばしました。

ツーリングチームが戻ってきました。
中庭で、宴会。
関西の楽しい話を聞かせていただきました。
画像

夕食。今日はカレーが付きました。そして、デザート。
画像

みんなで、NHK大河ドラマ「真田丸」を見ました。
健君が、部屋に来てくれて、絵本を読んでくれました。ありがとう。
画像

外に星を見に行きました。真っ暗な中、歩きました。
半月が出ていましたが、綺麗な夜空。
天の川だろうな、この白い帯。流れ星が見えました。
画像

戻って、お茶会。
羽生田農園のトマトが美味しい。
関西の話は面白いです。。

眠い。おやすみなさい。

◯2016/10/10 月曜日
おはようございます。
朝6時です。
散歩に出ました。
北軽井沢の風景です。
画像

画像

浅間山の下を雲が流れていました。
画像


朝食をいただき、ツーリングチーム、同室の人に、挨拶して、08:10に出発しました。
二度上峠(にどあげとうげ)で、停車。
浅間山が雄大。
画像

こちらの山もいい。
画像

帰り道となる高崎方面の、箕郷温泉(みさとおんせん)まねきの湯に、温泉博士の雑誌を使って入りました。
熱めの湯の朝風呂もなかなか良いです。ここは、炭酸入りのぬるめの湯船、ジャグジー、サウナがあり、楽しめます。
近くの田んぼは、これから稲刈りです。
画像

玉子を売っている「卵太郎(らんたろう)」を、e-ba-さんに紹介してもらっていました。
寄ってみました。
初産みの玉子を買いました。小さいのですが、玉子掛けごはんに向いていると書かれていました。
16個240円。
画像

今日は、お祭りなのかもしれません。
昼食に、オムライス300円も買いました。

外では、ゆで玉子の食べ放題を出してくれていました。無料でした。
3個食べました。笑顔。
画像

前橋ICから、関越自動車道に乗り、家に向かいました。

旅って、良いです。
時の流れの中で、自分の時間の使い方を工夫する。うまくいかない。まあ、いいや、と思う。
普段の会社生活で経験できない時間を過ごせます。笑顔。

勝沼ぶどう祭り2016

毎年、10月第一土曜日に、山梨県甲州市で、「勝沼ぶどう祭り」が開催されます。
今日は、その10月第一土曜日の2016/10/1土曜日。
第63回目だそうです。おめでとうございます。

最近、毎年、参加しています。

○2016/10/1土曜日
昔、アメリカ、オーストラリアのビジネスをした時の仲間と、山梨県甲州市勝沼に行きました。
各人をピックアップし、中央高速で、勝沼へ。
あいにくの曇り空で、途中、富士山を見ることができませんでした。

勝沼到着。
「勝沼ぶどう祭り」会場近くの勝沼小学校に駐車できました。
今年は、雨の影響で、みなさんの出足が遅いかもしれません。
歩いて、会場に向かいました。
画像

ぶどう畑の中を歩いていきました。
画像

今年の収穫は、平年より少し遅いと聞いています。
まだ、甲州種が畑に残っていました。
ぶどうって、綺麗です。
画像

会場です。
10時前です。ステージでは、セレモニーがおこなわれていました。
甲州市市長(とお聞きしました。確かではありません。)のご挨拶。
画像

各ワイナリーのワインを試飲するには、1000円でグラスを購入します。
グラスを持って、各ワイナリーのテントで、ワインをついでもらいます。
今年も長蛇の列ができていました。
10時前ですが、グラスの販売をおこなったほうがいいです。
画像

20社ほど、出展していました。
画像

外国人の方も来られていました。
画像

みなさん、酔っ払いながら、楽しんでいました。
画像

うちのメンバーも笑顔。
画像

ステージでは、勝沼中学校の吹奏楽部の演奏をしていました。
画像

房野さんは、盲導犬の育成に寄付。
画像

もうすぐ、正午。
会場を離れて、昼食を食べに行きました。
会場を出て、葡萄畑の中で、シャインマスカットを販売している農家さんがいました。
粒の小さいのを、安く分けていただきました。

昼食は、勝沼ぶどう郷駅前の「銀月」に、ほうとうを食べに行きました。
おばさん、お元気でした。
ぶどう、茄子の煮びたし、を、特別に出してくれました。
美味しい!
画像

ほうとう。
画像

お腹が空いたので、追加で、おにぎりを一個作ってもらいました。梅干しをいれて。
これも美味しかった。
帰り、銀月のおばさんにはいっていただき、記念撮影をしました。
画像

さあ、ワイナリー巡りに出発しました。
厳選の結果、塩山・奥野田ワイナリー、勝沼・中央葡萄酒(銘柄 グレイス)の二つにしました。
北に向かい、奥野田ワイナリー到着。
一階では、赤ワイン仕込をしていました。
中村社長、お忙しい中、記念撮影に応じてくれました。
画像

10/3月曜日午後10時、NHKTVのクローズアップ現代に出演するので見てくださいと、ご案内がありました。
「なぜ 美味しくなった 日本のワイン快進撃。」
見ます!

上のテイスティングルームでは、マダム亜貴子さんが、お客様に、ワインの試飲を通じ、葡萄、ワインを説明されていました。ものすごくわかりやすい説明で、聞き入ってしまいました。
私たちメンバーも、ワインの試飲をしました。有料で500円。
画像

私は、運転手。ワイン購入のみでした。デラウェアの瓶内二次発酵「フリザンテ」を購入しました。
柔らかいスパークリング。このワインは、他では手に入りません。

隣の雨宮のおばあちゃんにご挨拶に伺いました。
なんと、最後に切った葡萄とお茶をご馳走になりました。
葡萄は、もちろんブラックオリンピア。濃厚な味です。
お茶は、静岡県のお茶農家から直送の一番茶。爽やかな味。
旅に出て、熱い日本茶は、有難いです。
おじいちゃんからは、葡萄づくりのご苦労話を聞きました。
来年も、葡萄を購入できるよう、頼んできました。
食べきれなかった葡萄をお土産にいただいて、お家を離れました。
画像

今度は、南に向かいます。
途中、15時ですが、勝沼ぶどう郷ユースホステルにチェックインさせてもらいました。
小西さん、ありがとうございました。
ベッドメイキングをして、お風呂道具を持って、再度、出発しました。
勝沼・中央葡萄酒(銘柄 グレイス)に到着。
画像

EU輸出版がありました。一本、購入しました。
ラッキーでした。
画像


お風呂は、いつもの、ぶどうの丘「天空の湯」。
アルカリの湯。肌に優しい。

夕食は、塩山の完熟屋を予約していました。
野菜が美味しい、居酒屋です。野菜、葡萄を作っている農家の居酒屋です。(あってるかな、この表現。)
画像

ワインは、奥野田ワイナリーのデラウェアの瓶内二次発酵「フリザンテ」を注文。
私は、桃ジュース。
このお寿司がまた美味しい!
画像

お腹いっぱい食べました。
帰り、セブンイレブンに寄って、反省会のおつまみを購入しにいきました。
ユースホステルに帰る途中、山に花火があがっていました。
画像

ユースホステルは、山の中腹。高いところから見る花火もなかなか経験できません。
画像

反省会は、ユースホステルの冷蔵庫で無人販売している勝沼ワイン。
おっ、KIZANの白(甲州種)がある。本数が少なく、なかなか飲めないのがありました。
呑めない私ですが、美味しくいただきました。
まだ、21時過ぎですが、みんな酔っ払いで、移動で疲れがでてきました。
片づけをして、おやすみなさい。
涼しい風が窓からはいってきます。
寝やすかったです。
おやすみなさい。


○2016/10/2 日曜日
おはようございます。
朝食を食べて、出発です。
起きたときは、霧で下界の街がみえませんでしたが、徐々に見えてきました。

塩山の奥野田ワイナリーにまず行って、メンバーは追加購入。
畑を見てきました。
画像

そのあと、月第一日曜日に開催される「勝沼日曜市」に行きました。
晴れてきました!
画像

一升瓶ワインを売っている車のところでは、長蛇の列でした。
私も、パン屋さんの列に並びました。
画像

地元のパン、野菜、ジャム、パンを安く購入しました。
満足です。
山梨県は、県警も出展していました。
画像


下り車線の渋滞を見ながら、中央高速上り線で、帰宅しました。
途中、談合坂SAで休憩。私は、例年とおり、鷹の爪(唐辛子)を購入しました。笑顔。

メンバーみなさん、時間凝縮の旅、お疲れ様でした!(笑)

栃木県ユースホステル協会の皆様と、北軽井沢の旅 2016/9/10-11

栃木県ユースホステル協会の皆様と北軽井沢に出かけます。
いつも1人旅です。今回は、グループでの旅です。

◯2026/9/10 土曜日
午前3時。目が覚めました。
予定の出発時刻は5時ですが、準備をして出発しました。
渋滞を避けます。

第三京浜道路、環八から、関越道。
途中、眠気が襲ってきました。
嵐山PAで、車に乗せている寝袋を出して、ひと眠りしました。
2時間ぐらい眠りました。
上信越道に入り、甘楽(かんら)PAで、準備した朝食を食べました。
JR横川駅を目指し、上信越道をゆっくり走っていると、追い越し車線の赤い車から、手を振られました。
北軽井沢メンバーの中核、河原映子さん(e-ba-san エーバーさん)でした。
偶然って、あるんですね。
先を走ってもらい、横川駅を目指しました。

横川駅に、午前8時30分くらいに到着。
栃木県ユースホステル協会の皆様が乗ってこられる電車は、10:54到着。
まだ、2時間半ぐらいあります。
e-ba-sanの提案で、軽井沢寄り4km上のメガネ橋に、e-ba-sanの車で行って、車を置いて、歩いて下ってくることにしました。

信越線旧線が通ったメガネ橋です。明治に作られました。レンガ造りです。
4歳のとき、母親に連れられて直江津に行くとき、この鉄橋を通った記憶があります。
ゆっくりゆっくり汽車は上っていきました。
画像

メガネ橋の上に登り、横川駅に向かい歩き始めました。
画像

5号トンネルです。
画像

画像

4号、3号、2号、1号の各トンネルを通って、下っていきます。
画像

途中、碓氷湖が見えました。
画像

トンネルの入り口にカーテンがかかっていた?カーテンを掛けるフックかな、これは。
画像

トロッコ列車の線路の終点に出てきました。
信越線新線を利用していました。
画像

旧丸山変電所です。
画像

コスモスの写真を撮ったら、あとで、 近くにいた作業員に、「草やぶに入ってはいけない。ヒルがいる。」と、注意されました。人の手がはいらないと、荒れます。
画像

画像

降りてくると、トロッコ列車が登っていきました。
碓氷関所跡を見学したあと、碓氷峠鉄道文化村近くに来ると、三脚を立てて、カメラを線路に向けているご老人夫妻がおられました。
息子さんが、電機機関車EF63の運転をしていて、今から下りてくるそうです。
保守員の方が、ポイントを切り替えにやってきました。「今日は、重連です。」
電機機関車がやってきました。2両の重連です。感動します。
画像

さあ、高崎からの電車が到着する時刻です。
横川駅の改札に行きました。
電車が到着しました。皆さんが降りて来られました。
画像

太田理事長の計画に沿って、全員で、グループ行動です。
碓氷関所跡を見学。
関所からみると、こちらは江戸。向こうは京。でした。
画像

峠の釜めしで有名な「おぎのや」で、釜めしを食べました。
食べた釜は、私は持ち帰り、一合のご飯をこれで炊きます。
画像

道路の接続部分に、旧線で使われたアプト式の第3レールが使われていました。
画像

碓氷峠鉄道文化村を見学。
煙を上げる機関車が、小さな客車を引っ張っていました。
画像

昔の機関車は、静態保存、雨晒し。錆びてきていました。
写真右は、日本の各地を支えた一両でも走る気動車キハ20。
左は、電気機関車の近代化の初期EF60の500番台。貨物、初期ブルートレインを牽引しました。
画像

記念撮影。
画像


車で、坂本宿を通り、メガネ橋へ。
途中、碓氷湖に寄りました。

メガネ橋を散策。
画像


旧道を通って、旧軽井沢へ。
人でいっぱいです。さすが、大観光地です。
白糸の滝。
画像

記念撮影。ここも、繁華街(?)です。
画像


北軽井沢ユースゲストハウス「ブルーベリー」に到着しました。
画像

佐藤マネージャーの息子さん、健(たける)君。
一緒に、絵本を読みました。ひらがな、カタカナ、数字が読めます。すごいです。
画像

温泉「つつじの湯」に、出かけました。
途中、キャベツ畑の向こうに、浅間山が見えました。
いつ見ても、嬉しいです。
画像

温泉いいです。青空を見ながらの露天風呂、、床に敷かれた丸い砂利の岩盤浴は、気持ちが良かったです。
画像

帰り、大笹の関所跡を見学。
江戸時代の直前は、ここは、真田の領地。沼田城と上田城をつなぐ重要な道路です。
江戸幕府は、ここも重要道路と位置付け、関所を設けて、人の移動の監視をしていたと勝手に理解しました。
画像

「ブルーベリー」に戻り、夕食。美味しい!
画像

画像

そのまま、お茶会。
栃木県ユースホステル協会、群馬県ユースホステル協会からの差し入れがたくさん届きました。
美味しいワインを飲みながら、楽しい会話をさせていただきました。
駒井さんに、海外の旅、飛鳥II、橋田寿賀子さん、泉ピン子さんとの旅、折り紙、の楽しいお話を聞かせていただきました。

普段に比べ、珍しく多くのワインを飲みました。
おやすみなさい。

◯2016/9/11 日曜日
おはようございます。
朝食を済ませて、出発しました。

e-ba-sanは、横手山の登山に参加されました。
今日は、私一人が、栃木県ユースホステル協会の皆様を案内します。
鎌原(かんばら)観音堂に行きました。
浅間山の天明の大噴火で、現在の嬬恋村大字鎌原地域は、火砕流ではなく、常温の土石流で、壊滅、埋没。
当時の村の人口570人程のうち、この災害により、477名もの人命が失われ、
この観音堂にたどり着いた僅か93名のみが奇跡的に助かったそうです。
画像

石段が、15段見えますが、発掘の結果、50段あったとわかっているそうです。
そこまで、土砂が埋まった。女性が、歳上の女性を背負って、この石段を登ってきて、土砂に埋まってしまったことも、発掘でわかったそうです。
現在も残るこの石段が生死を分けたことから、村人を守った奇跡の地として知られています。
これは、資料館のビデオを見させてもらった知識です。
画像


北軽井沢の中心地に来ました。
大正時代、草軽鉄道が、ここを起点に草津まで通っていました。
高低差のある土地間に、鉄道を通した日本の技術力はすごいです。
当時の駅舎を模した建物です。
画像

ここから、富岡製糸場に行きました。
駒井さんが、横川駅で降りられます。中軽井沢、碓氷バイパスを通って、横川駅に送っていきました。
お世話になりました!笑顔。

富岡製糸場の近くの駐車場に車を止めました。
道路がすごく綺麗。整備されていました。
お土産屋さん、食事処がたくさんありました。
富岡製糸場に入場。大人1000円。世界遺産です。
画像

明治5年(1872年)に創業した日本初の官営模範製糸場です。。
ビデオの説明を聞き、
明治政府の掲げた政策「殖産興業」の一翼を担うべく誕生したもので、
フランスの少し古い機器と日本人がおこなってきた人手による製糸工法が融合してできた世界最大規模の製糸工場であったそうです。

ここは、官から始まり、民へ。
明治26年(1893年)に三井家に払い下げされ、その後、明治35年(1902年)には原合名会社に譲渡されました。
横浜の三渓園を作った原氏です。
横浜港から、富岡製糸場、その付近で作った生糸を輸出しました。
横浜と富岡製糸場は、生糸で結ばれています。

レンガの建物。見事です。
画像


繭の保管倉庫。
画像

繭から生糸を取り出すライン。
画像

画像

採光の窓ガラスは、フランスから輸入されたものです。
明治の初めは、日本に窓ガラスを作る技術がなかった。
画像

お雇いフランス人の住居。
フランスからの4人の女性が住んだ女工館。
日本の女工の寄宿舎。これは、結構新しい時代のものです。
画像

最後、記念撮影。
画像


昼食を食べて、見学スケジュールは終了。
高崎駅まで、送っていきました。
太田さん、溝口さん、田口さん、お疲れ様でした。笑顔。

関越道、圏央道、東名で、帰宅しました。
東名は、事故渋滞。参りました。
でも、夕食の時刻までには、家に戻ることができました。

違う人生を歩んでこられた先輩の方々のお話をお聞きするのは、なかなか無いです。
お聞きできて、大変良かったです。笑顔。

会津、那須 2016/8/20土曜日

◯2016/8/20 土曜日
06:00起床。
会津高田駅06:19発の下り列車を撮影します。
田んぼの農道を通って、踏切の近くまで行きました。
線路は、真っ直ぐ伸びています。
画像

シロツメクサのピンクが咲いていました。
画像

列車がきました。
画像


そのまま、会津高田駅06:58発上り列車を撮影しました。
田んぼの中を2両編成のディーゼルカーが走ってきました。
これも、日本の風景と思っています。
画像

通過していきました。
画像

雲の隙間から、陽が差し込んでいました。朝の風景です。
画像

田んぼでは、農家の方が、育った稲より頭が出るぐらいの高さで、農作業をしていました。
雨が降ってきました。
農作業は、本当に大変です。
画像

朝食です。パン、コーヒー、牛乳、みんな、オーガニックです。
画像


会津高田駅08:10発の下り列車を撮影します。
ミラーレスのカメラのモニターは、液晶。見ずらいです。
雨がまた降ってきました。
軒下からの撮影となりました。
画像


出発です。
ベルギー人、ドイツ人の記念撮影です。
那須まで、自転車漕ぎ、頑張ってください。
画像

会津高田駅まで、会津野ユースホステルのオーナーに送ってもらいました。

会津高田駅は無人駅。
列車内で、車掌さんから黒磯までの切符を買いました。
会津若松から、磐越西線、郡山行き快速。
郡山から、東北本線、黒磯行き普通電車。
黒磯駅で、河原ご夫妻、高橋さんが、迎えに来てくれました。
お世話になります。
昼食は、トンカツ。
量がありました。
画像


那須ハイランドリゾートユースホステルに荷物を置いて、温泉へ行きました。

旅館のお風呂。一軒目は、時間帯が終わっているということで、断られました。
二軒目は、外来入浴の看板が出ている「小鹿の湯」。
浴場が旅館と独立して建てられていました。木造り。
硫黄泉。ph2.8。湯船は、中温、高温、に分けられていました。
足が伸ばせます。
有名な鹿の湯もいいです。ここもいいです。
高温の湯に入るに、足先からゆっくりと湯をかけて、身体を慣らしていきます。
肩から湯をかけれるようになると、湯に入れます。
高温の湯。熱いです。じーんと、熱さが伝わってきました。
30秒ぐらいで、一度目は、出ました。
二度入りました。
出るときは、タオルを頭に置いて、高温の湯を頭にかけました。

珈琲を飲みに行きました。Footprintというユースの近くのカフェ。
画像

画像


今日は、栃木県ユースホステル協会主催のイベントです。
夕食は、バーベキューです。
ウイスキーのソーダ割りを作って、
鮎の塩焼き。
画像

画像

牝のホルスタインと雄の和牛の交配種F1の横隔膜、はらみ。
ここを焼いてくれました。
画像

おにぎり、漬け物もあり、大満足です。
最後、流しそうめんでした。
長さ4m以上ある竹が用意され、そうめん、ミニトマト、きゅうりが流れてくるのをつかまえて、食べました。
こんなの何十年ぶりでした。
画像

雨が降っていましたが、テントの下で、ゆっくり那須の空気に吸って、食事をしました。
画像

雨もあがりました。
画像

食事の後は、室内で懇談会です。
オリンピックの陸上400mリレーで、銀メダルを取ったと聞き、テレビをつけてもらいました。
すると、スクリーンに映してくれて、100インチサイズで、オリンピックのハイライトを見させていただきました。
画像

皆さんと一緒に記念撮影です。
画像

皆さんから、温泉や山小屋のことを教わりました。
塩原の新湯。那須ロープウェイの先の三斗小屋。
栃木のことは、栃木の方に聞くのが良いです。
一度行ってみます。

夜も遅くなりました。
歯磨きして眠りました。
那須の夜は、涼しかった。
薄い掛け布団に包まって、眠りました。

◯2016/8/21 日曜日
おはようございます。
ひまわりが元気よく成長していました。背丈が3mぐらいありました。
画像

朝食をいただき、出発しました。
画像

河原ご夫妻に、新宿行き高速バスが出る停留所まで、送っていただきました。
ありがとうございました!
画像

08:55の少し前に、新宿行きバスがきました。
今日は、5人のお客様と、運転手が教えてくれました。
那須の道は、渋滞しないと、快適な道です。
那須の山、今日はよく見えました。
画像

東北道・佐野SAでトイレ休憩。
画像

池袋東口で降車して、副都心線、東横線、横浜線で帰宅しました。
夏の空から秋の空になっていました。
画像


今回の旅も、皆様の親切と厚意で、楽しくできました。
御礼申し上げます。

青春18切符 只見線 2016/8/19金曜日

◯2016/8/19 金曜日
おはようございます。
涼しかったです。よく眠りました。

布団を片づけて、朝食をいただきました。
味噌汁が美味しかったです。
画像


奥様に駅まで送ってもらいます。
田んぼの上を、白い鳥、青い鳥が飛んでいきます。
鯉とかカエルを狙っているとのこと。
縄張り争いのようです。
画像

小千谷駅から長岡駅まで行ってみました。青春18切符の5回目にスタンプを押してもらい、入場。上越線に乗車。
画像

河井継之助記念館まで行ってみました。
「民は国の本、吏は民の雇い」と、幕末の越後長岡藩で言っています。
西国、今でいうと、西日本を歩いて各地を訪ねています。
従い、時の流れ、勢い、現実を見る目は持っていたひとです。
官軍との戦いでは、機関銃二丁を購入し、頑張ったひとです。
画像


折り返し、長岡駅から、信越線で、 塚山駅まで行きました。
歩いて、旧長谷川家を見ます。
画像

この地は、三波春夫さんの故郷でもありました。
画像

旧長谷川家です。
この風景、見た記憶があります。上越の茅葺の里を訪ねた帰り、ここを通ったのを思い出しました。
画像

入るのは初めてです。
豪農であり、武士です。昔は、そういうものだったと思います。裏から見た母屋です。
画像


塚山駅で、長岡行きが来るまで、通過電車の撮影をしました。
画像

宮内駅に出て、上越線の越後湯沢行きに乗りました。
13:08、小出駅に到着。
只見線に乗り換えです。1日3本ですが、この13:11発が唯一、会津若松までうまく繋がっています。
キハ48。
画像

気動車のディーゼルエンジンの音、重厚感があります。頼もしいです。
登り坂を、着実に登っていきます。

川を渡りました。魚釣りをしている人たちが見えました。
画像

お米どころです。
画像

只見線は、峡谷をまたいで、敷設されています。
小出側は、中部電力の、只見湖の水力発電のために、線路が敷かれました。
画像

画像

只見駅に到着。
画像

代行バスに乗り換えました。
今日は、人数が多いのでしょう。
ワンボックスのタクシーも配車されました。
画像

タクシーが進むと、線路が見えてきました。
列車が走っていないことで、草が伸びていました。
画像

途中、鉄橋が落ちたところを見ました。切ないです。

会津川口駅に到着。
会津若松行き列車に乗り換えました。
キハ40。
画像

会津若松からの若い運転士、車掌さんに挨拶しました。
画像

出発しました。
早戸付近の景色です。
画像

第二橋梁の上からの景色です。列車の影が、川の上に表れています。
画像

第一橋梁の上からの景色です。
画像

16:48、会津高田駅に到着しました。
画像

17:18発の下り会津川口行き列車に合わせて、会津野ユースホステルの方が迎えに来てくれます。
この下り列車を撮影しました。
列車が近づいているのに、踏切を車が渡っていました。
列車の速度が遅いので、真近にならないと警報器が鳴らないのでしょう。笑顔。
画像


ピックアップしてもらいました。
会津野ユースホステルです。
画像


ベルギー、ドイツの人と同室でした。
宇都宮で、働いているということでした。
お盆休みに、自転車で旅をしている。と話しをしてくれました。
英語で会話しました。
2人で話しているのは、ドイツ語でした。

荷物の整理をしていると、もうすぐ18時です。
下り列車があります。
太陽は、山に隠れました。
列車が、田んぼの中を通っていきました。
画像


鳥が飛んでいました。
寝ぐらに帰るのかもしれません。
画像

夕暮れ。
画像


夕食の時間です。
馬の肉を甘辛く煮た桜肉のワッパ飯です。
会津は、馬の生産があります。
画像


お風呂に入って、今日の汗を流しました。
涼しく眠る方法を3人で相談。
窓は網戸。外の風を入れる。
廊下側の扇風機を回す。
と、決めました。
早めに眠りにつきました。

青春18切符 小千谷 2016/8/18木曜日

2016夏の旅 第2弾 鉄道の旅

新潟県小千谷、福島県会津高田、栃木県那須を訪ねます。
今年の夏は、「無理せず、ゆったりと、過ごしていく。」というのを心がけています。
「いろいろな土地を訪ねる。」という基本信条と合わせ、青春18切符を利用し、鉄道旅をします。

この旅のテーマは、「鉄道に乗る。」「美味しいものを食べる。」です。

◯2016/8/18 木曜日
昨日の未明に 、台風は、関東地方の東海上を北上しました。
台風一過と思わせる暑い日でした。
続くかなと思いましたが、今朝、雨が降りました。
おはようございます。
画像

オリンピックで、選手は頑張っています。
日本選手、海外選手共に、試合の生き残りをかけて、真剣そのものです。
今朝、女子レスリングの決勝をテレビで見ました。

いつもの通り、白山高校から横浜市営バス。
JR鴨居駅で、青春18切符の第4回目にスタンプを押してもらい、入場。
横浜駅07:54発高崎行き普通電車に乗りました。
常磐線に運休、遅れがあると聞き、高崎線は、定刻通りの運転してもらいたいです。
この電車が遅れると、水上から清水トンネルを抜ける午前の電車に間に合わなくなる可能性があり
ます。次の電車まで、4時間近く待つことになります。

大宮を過ぎました。曇りです。

高崎駅に到着。
10:31発水上行き電車です。
画像

水上駅に到着。
みなさん、隣のホームにいる長岡行き普通電車に乗るため、駆け足です。
画像

11:41発長岡行き
新しい車輌です。
E128系。今年製造の新型車輌でした。
画像

小千谷近くで乗ってきた高校生が、「これ、新しい!」と、友達同士で話していました。
谷川岳の下を通るトンネル群。後方を撮影しています。
画像

越後湯沢を越えると、田んぼ。稲の緑が美しいです。
画像

13:14に小千谷駅に到着。

駅前大通り。
車がいないです。
画像

へぎそばを食べに行きました。
会社の昔の仲間が、ここ小千谷の出身です。
「わたや」を、推薦してくれました。
駅から、駅前大通りを歩くこと、15分。ありました。
画像

へぎそばは、蕎麦のつなぎが海藻のふのりです。
薬味に、わさびとからしが付いていました。
美味しくいただきました。
画像

近所に、立派なお寺がありました。
画像

お寺だけど、湯殿山と繋がっているのかも。
画像


錦鯉を見に行きました。
珍しい、真っ白。
画像

大きな鯉が水槽を泳いいました。
綺麗なものです。餌を与えている人がいましたので、少し見ていました。鯉の口は大きいです。
画像


ユースホステルのある村、寺沢に向かうバスを待ちます。
15:53発。
こちらの方でしょうか。長岡に行きたいと、私に訪ねてこられました。
と言っても、最初、日本語がわかりませんでした。
長岡駅行きのバスは、時刻表を見ると、あと1時間待つ必要があります。
その旨をお伝えすると、待たれるとのこと。
しばらくすると、反対側に、長岡駅行きのバスが来ていました。
「おじさん、長岡駅行きのバスです。運転手に聞いたほうがいいですよ。」とアドバイス。
おじさん、ゆっくりと、走りかけたバスを止めて、運転手と会話してました。
乗られたので、一安心しました。

岩間木行きのバスが来ました。この路線は、1日2本のバスです。最終バスです。
画像

画像


寺沢に到着。
錦鯉の生産地です。
稲も実っていました。
画像

ユースホステルは、記憶を頼りに、小道を見つけると、坂の上にありました。
画像


夏、お風呂は、ありがたいです。
家でも思いますが、お風呂は、さっぱりできると同時に、一日のケジメを感じさせてくれます。

夕食は、竹の飯ごう炊飯です。お米は、魚沼産こしひかり。
画像

画像

おかずは、バーベキュー。
画像

農村体験の中学生5人と一緒に食事をしました。
東京都江戸川区が、小千谷市に依頼し、農家や宿泊施設に分散して、中学生を受け入れてもらって
いるとのことでした。こういうのなかなか良いです。
画像

竹で炊いた魚沼産コシヒカリ、美味しかったです。
贅沢言うと、沢庵か漬け物が欲しかったです。
中学生5人のうち1人が、ネパールからの帰国子女でした。
たぶん、牛肉がダメなのでしょう。豚肉のバーベキューとなりました。

花火をしました。
画像

画像

片づけをして、室内で、穀物取引というカードゲームを中学生5人としました。
こういうカードゲームは初めてです。
要領をつかめませんでした。

田舎の空気の中、ゆったり。
良いです。
おやすみなさい。

野反湖、八間山、尻焼温泉 2016/8/12 金曜日

○2016/8/12 金曜日
おはようございます。
曇りです。
朝食を食べて、08:00出発。
画像


当初は温泉巡りを考えましたが、お盆ということもあり、渋滞が予想されます。
鳥居峠を越えて上田方面に出るのを中止。
野反湖(のぞりこ)、八間山、に行くことにしました。
草津の北東の方向に位置します。
野反湖に到着しました。
画像

09:20登山開始。
画像

結構キツイ上りです。
雲がかかっています。
画像

お、稜線の左側、野反湖側は晴れてきている。
画像

高山植物です。可憐です。
画像

画像

画像

画像

途中、イカ岩の頭で休憩。
画像

稜線の反対側。雲が下から上がってきます。
画像

頂上に着きました。標高1934m。
この時、頂上に、たったの4人。
画像

朽ち果てた避難小屋がありました。役に立ちません。
画像

下山。キャンプ場に下りる道です。
樹々が茂り、ぬかるみが多いです。
画像

滑りました。擦り傷。カメラが、泥だらけ。
こんなところもありました。樹が横に倒れていました。
画像

なんとか下山しました。
これで、 頂上を中心に二等辺三角形の、斜め線を歩いたことになります。
画像

底辺に相当する湖の淵を歩きました。
画像

画像

画像

画像

やっと出発地点に戻ってきました。12:10。
今から、山頂を目指す人がいました。
画像

尻焼温泉に行きました
川が温泉になっていることで、有名です。
川遊びをしていました。
画像

川の床からブクブクと泡が出ているところがありました。
川の横で、湯が出ているのを引き込んでもいました。
本当に温かい川でした。
画像

足湯を楽しみました。
画像

これ、川の中の湯船です。
画像


六合村の道の駅で、 昼食。
とろろ定食を頼んだら、こんなに出てきました。
イメージしたとろろはありませんでした。
お腹いっぱいになりました。
かぼちゃの小さいのを一つ買いました。
画像

北軽井沢に戻って、夕飯を調達。
北軽井沢唯一のスーパー大津で。
ツルヤに比べると、品物の質が落ちます。

温泉に行きました。
雑誌【温泉博士】を使いました。
ホテル グリーンプラザ軽井沢。
雑誌が1000円分負担。差額230円を払って入浴しました。
透明な黒に近い茶色。源泉の温度は、高いです。
山登りの後の温泉は、気持ちいいです。

夜は、佐藤智さんに、キャベツの地域による農薬の使用量の差を教えてもらいました。
画像

キャベツは一番農薬を使う野菜だそうです。
ブルーベリーがある嬬恋村で、中心部は、農薬を使用しない。周辺部は、農薬を使う。
この違いは、蝶が飛んでくる範囲に関係しているそうです。
周辺部まで、蝶がやってくる。中心部は、いない。
周辺部の農家も、農薬を使いたくないのです。農薬を使うと、コストがかかる。使わないと、利益になるのです。
佐藤さんは、我々お客様に出すキャベツは、中心部の農家から購入しているそうです。
ありがたいです。
キャベツの流通。JA経路、直販経路。直販は、よいものは高値で購入してくれる。
出荷量のコミットがあり、数量の確保が大変。
目安の倍の作付けをして、気象の影響があっても、対処できるようにするそうです。
余ると、地元のペンションに安く分けているようです。
キャベツ一つとっても、生産、流通、苦労があります。

健(たける)君、ピースのサイン。
画像


さて、寝ることにします。オリンピックの様子をテレビで見て寝ます。
北軽井沢は、涼しいです。夜は、20℃くらいです。
薄い布団をかけて寝ました。

8/13土曜日、涼しいうちに、北軽井沢をあとにして帰宅しました。
画像


今回の旅は、久しぶりの日本の夏を楽しみました。日本いいです。
素敵な所を訪ねることができました。
お会いした方、ありがとうございました。

別所、北軽井沢 2016/8/11 木曜日

○2016/8/11 木曜日
おはようございます。
06:30、地区のラジオ体操に参加しました。
お年寄りと、小学生低学年の集まりです。
身体の柔らかさがありませんでした。これから、体操をしていこう。
画像

そのあと。朝風呂。湯の温度は熱く感じました。
07:30、朝食。

08:00、出発。
美ヶ原高原を目指しました。
片側通行のトンネルがありました。
画像

ビーナスライン。途中の景色です。
画像

美ヶ原高原。標高1900m。
雲が横にあります。
夏の山景色です。
画像

美術館がありました。屋外展示物です。
画像


上田方面に下りました。
美しい白樺の林がありました。
画像

武石温泉うつくしの湯に行きました。10時前に到着。
地元のご老人たちと一緒に、開店を待ちました。
いい湯でした。
画像

霊泉寺温泉に向かいました。
セブンイレブンがありました。
朝のコーヒー。あとで通る有料トンネルのチケットを20円安く購入しました。
霊泉寺温泉。大きなお寺がありました。
その横に、途方もなく大きい樹の切り株がありました。
生きているのか不明です。
画像

温泉街は、古い。閑散。
宿泊客を見送っているご主人の話が聞こえました。
「この秋で、閉館します。」

温泉は、共同浴場。
受け付けのおばさんは、こたつから出てきません。
自分で、雑誌【物味湯産】のスタンプを押しました。
チェックしてもらいました。
湯船と水道があるだけのシンプルなお風呂でした。
でも、透明の良い湯でした。何も加水、加温していません。
画像


有料トンネルを通って、別所に行きました。
別所温泉駅の観光案内所で、駐車場を聞きました。
安楽寺の駐車場は、無料ということなので、安楽寺に向かいました。
山門を通りました。
画像

蓮の池です。
画像

車を停めて、歩き始めました。
石段を上ります。
画像

本堂で、合掌。
料金を払って、本堂の裏山にある国宝 八角三重塔を見に行きました。
開祖の僧は、二度も宋に渡っていました。
北条の下護の元、お寺を開いていました。
二代目は、中国人のお弟子さんがなっていました。
静寂。
画像

本堂に、大阪夏の陣図屏風が飾ってありました。
本物は、福岡藩黒田家所有していたのを、大阪市が譲り受けています。
本物か複製かは、素人にはわかりませんが、戦の日のことを、描いています。
右側は戦い。左側は大阪城から逃げる人、街の混乱。
画像


北向観音を参拝。
画像

大きな樹がありました。
愛染カツラ、と呼ばれています。火事が起きた時も燃えないで、人を守ったとか。
愛の樹です。
映画か歌謡曲に、愛染カツラってありましたよね。その大元ということでした。
画像

清水寺の舞台みたいな造りの建物もありました。
画像


別所は、温泉。
大師湯。
画像

石湯。真田幸村の隠れ湯。
画像

料金は、150円でした。今回は、入浴パスしました。
今日は、遅くならないうちに、昼食を取りたいです。
と言って、もう14時です。
良さそうなお蕎麦屋がありました。10:00-15:00営業。
十割蕎麦を出すお店でした。
地元豆腐屋さんのお豆腐も注文。
画像


今日、夕飯は提供されません。厨房の点検です。
スーパーマーケットで、夕飯を買います。
浅間サンライン上田バイパス沿いのツルヤ。

そのあと、北軽井沢方面にある真田温泉健康ランドふれあいさなだ館に、今日最後の温泉に入りに行きました。
透明な湯でした。
画像

今日の三つの温泉とも、雑誌【物味湯産】を使わさせていただきました。

鳥居峠を越えて、嬬恋村に入ってきました。
きゃべつ畑です。
画像

浅間山は、雲の中でした。
画像


16:30、北軽井沢ユースゲストハウスに到着。
やっと、最終目的地に到着しました。
すいかを差し入れしました。


夕飯、買ってきたものを食べました。

夜、外では、宿泊客の家族さんが、花火をしていました。
画像

お茶会は、すいか、枝豆、菓子と、お酒。
佐藤さんの息子さん、健(たける)君。一生懸命、すいかを食べてくれました。大きくなりました。
画像


佐藤さんが、お米の話をしてくれました。
中国のお米は、遺伝子組換えをしている米があるそうです。
安いからといって、食べるのはどうかなぁと思いました。

少し呑むといい気持ちになります。
テレビで、オリンピックを見て、寝ました。
日本選手頑張っていますね。

木曽路、諏訪湖 2016/8/10 水曜日

○2016/8/10 水曜日
おはようございます。
今日も晴れです。
暑くなりそうです。
朝食を食べて、08:00に出発。
国道19号線を北上します。
上松の手前です。広重が描いた絵の中に出てくる「小野の滝」です。
今は、滝の前を中央西線が走ります。
画像

「寝覚めの床」。上からみています。
画像

10時前に、赤沢自然休養林 に到着しました。かなり奥です。
10:00の赤沢森林鉄道に乗れます。
記念館の方から回って、待避線に展示してある蒸気機関車を撮影していいと、係りの人が教えてくれました。アメリカ製でした。
画像

前の時間の列車が到着しました。
画像

小さなディーゼル機関車の入れ替え作業を終えて、出発です。
画像

森の中を走ります。パビリオンの鉄道といった感じです。
画像

ここの檜は、全国の大名が城を作るのに欲しがり、一時危機的な状態になったそうです。
そこで、豊臣、徳川の直轄地から受け継いだ尾張藩が、厳しく伐採、出荷を管理したそうです。
伊勢神宮の遷宮の樹もここから切り出されています。
画像

終点です。
線路に降りて良いというので、線路から撮影。
画像

記念写真を撮ってもらいました。
画像

出発点に戻り、列車の撮影をしました。
画像

画像

森も歩いてみました。大きなサワラの樹。
画像


上松に戻り、木曽福島に行きました。
途中、木曽の桟を見たくて、旧道に入りました。
木曽川に張り出した岩の縁を道にしてありました。幅は狭かったと思います。
落ちれば、木曽川です。
画像

山村代官屋敷に行ってみました。
誰も訪問している人はいませんでした。
大きな敷地を持っていたことはわかりました。
画像


さて、ここから、温泉モードになります。
「 二本木の湯 」に行きました。山の中の一軒家。
茶色の濁り湯でした。鉱泉。炭酸泉で、身体の周りが、しゅわしゅわの小さな泡がつきました。
湯船は、発酵しているかのようでした。
画像

つぎに、「 ホテル木曽温泉 」に行きました。
すごい山道を越えて行きました。
途中、滝がありました。昔、この道は、飛騨高山に抜ける道で、滝の右側を登っていったと書いてありました。
画像

地蔵峠を越えると、眺望が開けました。
御岳山。
画像

着きました。お客さん多くない雰囲気でした。
温泉は、茶色の濁り。良かったです。
露天風呂は、木の風呂で気持ち良かったです。
寒天を煮る大釜も湯船になっていました。

さて、ここから、岡谷に向かいました。もう14時です。
食べるところが見つかりません。国道19号に出て、道の駅に食堂がありました。
木曽牛コロッケ定食。コロッケが大きい。
食べると、牛肉の旨味。熱々をいただきました。
御飯をお代わりしました。
画像

カーナビが、伊那を目指しています。従うと、権兵衛トンネルを通りました。木曽と伊那の境の権兵衛峠の真下にトンネルが作られていました。
伊那は、都会でした。セブンイレブンがありました。
久しぶりにコーヒーを飲みました。
中央高速に乗り、岡谷に。
「岡谷ロマネット」の温泉に入りました。
かりんとうの色の透明な湯。湯船は円形で直径10mある大きなものでした。
湯船の床には、砂利が敷き詰められていて、気持ち良かったです。
画像

三つの温泉とも、雑誌【物味湯産】を使用させてもらいました。
今日、宿泊する諏訪湖ユースホステルは、すぐそばでした。
チェックイン。宿泊棟の中です。
画像

まだ明るいので、諏訪大社下社秋宮に行ってみました。
画像

画像

御柱が飾ってありました。
画像


諏訪湖に出てみました。
湖面が夕陽で輝いていました。
画像

夕方、食べるところを探しましたが、いいところが見つかりません。
結構、閉まっているお店が多いです。

20:10に、湖畔に出て、花火が上がるのを待ちます。
20:30、花火が打ち上がりました。
上手に撮影できませんでした。
画像

夜、ユースホステルの温泉に入りました。今日、四度目の温泉でした。
源泉の温度が、97℃と、高いです。
談話室で、休憩。
画像

ドミトリーを予約しましたが、2人部屋を1人で使うことになりました。
おやすみなさい。

馬籠宿(まごめじゅく)、妻籠宿(つまごじゅく)  2016/8/9火曜日

○2016/8/9 火曜日
おはようございます。
朝6時に目が覚めました。
今日は、馬籠宿(まごめじゅく)から妻籠宿(つまごじゅく)まで歩きます。

自転車で旅をする若者と一緒に、朝食を食べました。
画像

08:00出発。
馬籠の無料駐車場に車を停めて、08:30出発。歩き始めました。
馬籠宿。石畳。上り坂。
江戸時代の街並みを保存してあります。
画像

道が曲っています。
画像

水車小屋。馬籠も、水が豊富です。道の両側を水が流れていました。
画像

画像

昔の旅籠。
画像


島崎藤村記念館。朝早いので、開いていません。

上の道に出て来ました。
昨日見た石の中山道の標識です。
上りは江戸。下りは京都。
こんな感じの標識をオーストラリアで見たことがあります。砂漠の中のクック駅で。東 シドニー、西 パース。
画像

高札場を右手に見て坂道を上ります。
展望台に出ました。
恵那山が真正面に見えます。北東方向。
画像

石畳の道を進みます。
画像

画像

一度、一般道に出ました。横切り、左折。
すぐ、右に折れて、森の中の道に入ります。
画像

また、一般道に出ました。横切りました。
画像

水車小屋。
石仏。
画像

上りました。
一般道に出ました。
蕎麦屋風の喫茶店がありました。
少し一般道を歩いて、右に折れて、森の中を歩きます。

一般道を横切り、上り。
休憩所、トイレがありました。
暑い!一休みしました。
十返舎一九の句碑がありました。
画像

歩き始めました。
峠の御頭公徳碑。
集落を通りました。
画像

集落の神社。
画像

坂の一番上の家の中にいたおばあちゃんにご挨拶。
少し歩くと、その家に来られたおばさんに、後ろから声をかけられました。
「峠まであと3分よ。頑張んなさい!」
「ありがとうございます!」と大きな声で返事。
馬籠峠 標高801m。岐阜県から長野県に入って来ました。
画像

下り坂。森の中を歩きました。
昔の旅人は、尊敬します。こんな坂道を上ったり下ったり、大変です。
ぬかる道もありました。
中山道は、34の大名に、江戸に参勤交代するときに使う道と決められていたそうです。
籠や荷物を担ぐ人は、腰に負担がきたと思います。
画像

画像

建て物が見えました。ました。
横を通ると、中から、声がかかりました。「休んでいきなさい。」と、おじさんが。
中に入ってみました。
先に、お母さんと娘さんが休んでいました。
おじさんが、温かい日本茶を出してくれました。お母さんから、きゅうりの漬け物がまわってきました。
画像

保存活動、地元の風習や祭りの話をしてくれました。婚礼の話になり、日本のウェディングソング長持唄を披露してくれました。上手でした。
画像

一石栃。
子安神社がありました。小さな社。安産の神様です。拝んでいました。(爆笑)
ここは、番所があったところです。
木曽の檜(ひのき)は貴重で、枝一本まで、不正に外部に持ち出されないよう、尾張藩が管理をした、と、書かれていました。
画像

森の中を歩きます。
大きなサワラの木がありました。樹齢300年とか。畏敬を感じます。
画像

一般道を横切り、ずっと歩きます。
また、一般道に出ました。
少し一般道を歩くと、そのまま行くと滝。右に折れると、中山道。昨日、滝を見ましたので、中山道に進みました。
川を渡りました。水量の多いところです。
画像

左手崖下は、水の流れ。
歩きます。
画像

牛頭観音。日本でも珍しいです。馬頭観音は知られています。ここの急坂では、牛が活躍したそうです。
画像

庚申塚。
仏教の世界。
画像

集落を通りました。
画像

大妻籠。
もうすぐ、妻籠(つまご)です。

妻籠に11:00到着。8km。2時間30分かかりました。
画像

馬籠に戻るバスの時刻を確認。妻籠橋で、12:48。
あと、1時間30分は、妻籠の中を散策できます。

枡形の道。直角に曲げた道です。馬篭にもありました。
西国大名が、江戸に攻め上ってくるのを、少しでも遅らすために、徳川家康が命じて、作らせたそうです。
画像

本陣跡。なんと、島崎藤村のお母さんの実家でした。お殿様が宿泊する施設です。庄屋か大商家。
画像

郵便局。洒落ています。中は、ちょっとした逓信博物館。
画像

街並み。
画像

暑い!今日も、35℃くらいになっている感じです。

冷たい蕎麦が食べたい。
木曽のそばを自家で挽いたそば粉を使った蕎麦を食べさせてくれるお店に入りました。
そば湯も、ねっとりしていて、しかも、すっと喉を通りました。

鯉岩。鯉の形をしていたそうです。奇岩。樹で覆われていました。
画像

昔の家の中を見れるところがありました。
画像

妻籠12:47発のバスで、馬籠に戻りました。1日4本しかバスはありません。
画像

馬籠で、車。
温泉に行きます。
県をまたいで、長野県へ。雑誌【物味湯産】を使い、ホテル富貴の森の温泉に入らせていただきました。入湯税100円。
素敵なホテルでした。湯船は木造り。アルカリ性。肌に優しい。


馬籠の下に行ってみました。
一里塚。
画像

有名な「是れより北 木曽路」の碑。
画像

中山道を満喫しました。

JR落合川駅に行ってみました。
細い道です。
駅は、木曽川の淵です。
画像

鉄橋がありました。
松本行きの下り特急電車「しなの」が来る時刻です。
来ました。
画像

駅に行って、下り普通電車、名古屋行きの上り特急電車「しなの」を撮影しました。
画像

画像

木曽ふるさとユースホステルに17時に戻って来ました。
恵那山。
画像

今日は、同室の人と二人で夕飯を食べました。
バイクに乗っています。
中山道、国道19号線が事故で通行止めになった時、バイクを右に回した時、倒れた。と、おっしゃって ました。足に怪我をしていました。

明智、岩村 2016/8/8 月曜日

○2016/8/8 月曜日
おはようございます。
05:30。目が覚めました。
朝の校庭です。現在は、足助ユースホステルの庭です。
画像

小鳥が飛んできていました。写真の右上、枝の向こうです。お腹がオレンジ色していました。
画像

校庭から見える山並み。山の学校という雰囲気いっぱいでした。
画像

廊下の張りが、教室の境。
画像

当時の扉は、引き戸。高さは、低いです。
画像

漆家具職人・河野清さんの作品に座りました。
画像

朝食で、卵を目玉焼きにしてくれるというので、遠慮なくお願いしました。
美味しい!

08:00。見送ってもらい、出発しました。
明智鉄道 明智駅を目指しました。
元、国鉄の鉄道です。
明智駅の隣の商工会の駐車場に車を停めました。
窓から、お姉さまが挨拶してくれました。
商工会の建て物に入り、少しの間、車を停める許可をいただきました。
観光の説明もしてくれました。

明智駅です。
画像

車を無料の観光駐車場に移動。
街を歩きました。
大正時代が色濃く残る街です。
路地です。映画の撮影でも使われています。あとで分かりました。
画像

旧役場です。
画像

第一代が高峰秀子さん、第二代が司葉子さん、第三代が竹下景子さん、が、名誉村長を務めています。夏の終わりには、竹下景子さんとのゴルフコンペがあると、教えてもらいました。

大正ロマン館。
画像


旧三宅家に行ってみました。
昔の豪農か庄屋の家と思われます。
画像

囲炉裏で、火を焚いていました。
煙の良い香りがします。
暗くて分かりませんでした。人がおられます。
ご挨拶しました。
画像

中に入っていいですよ。と言われ、中に入り、お話をお聞きしていると、囲炉裏のそばに、座布団を出してくれました。
座って、お話をお聞きできました。
この家は、元武士が農家になった。
この家は、五代徳川綱吉の時代に建てられた。300年ぐらい経っている。
釘を一本も使っていない。
梁(横の骨組みの木)は、ケヤキの一本。それも、片方は、柱よりずれて作ってある。
納税対策のため。
画像

天井は、竹で、茅葺を支えている。
囲炉裏で、火を起こし、煙を出すのは、天井を燻るため。
竹は、綺麗な黒光りしていました。
煙で燻した予備の竹を分けてくれと、東京の建築家に頼まれたことがあるが、断っている。
画像

茅葺は、三層。上から(写真では、左から)茅、ススキ、ワラ。ススキを使っているのは、珍しいです。
画像

裏側の茅葺は、三年前の雪で、傷んでしまった。
屋根に、杉が育っている。なるほど、ありました。
画像

奥の部屋を案内してくれました。
司葉子さんの嫁入り箪笥が寄贈されていました。重さ300kg。。
箪笥の下に、家具移動用の車が付いていましたが、重すぎ。
画像

この街は、明智という名前。
明智光秀のお母さんの墓がある。
しかし、明智光秀がここで生まれたかは、証明されていない。
文献、記録が出てこない。どこかの家の中に置かれてままになっている可能性が大。
遠山家がある。家系図に、遠山金四郎は載っている。証明済み。

ご説明、ありがとうございました。

この街の文化水準は高いです。
歩いていて、挨拶すると、挨拶を返してくれました。

列車が来る!
駅のホームに入り、到着する列車を撮影しました。1両編成ディーゼルカー。
この風景、大好きです。
画像

岩村に向かいました。
日本で、山城の三つにはいるそうです。

車を走らせていると、寒天の文字。
ここが、寒天の生産地と気づきました。
販売所に寄ってみると、おばさん一人。細い棒状の寒天を、家用に購入。
今、食べれるのはと聞くと、トコロテンがあるよ、というので、注文。
おまけに、寒天ゼリーを付けてくれました。
お茶は、熱いのでいいよ!というと、急須と茶卓付きの湯呑みで、お茶を出してくれました。
画像

金さん銀さんも、この街に来ていました。手形を飾ってありました。
画像


岩村城跡に行きました。車で行けるのですが、狭い山道でした。
石垣が見事でした。
画像

この城は、織田信長の義理のお姉さんが実質の城主をしていたことがあります。
織田信長が本能寺の変で倒れる80日前に、ここの本丸に宿泊したと、書いてありました。
そこに、立ってみました。
画像

そのあとは、松平(徳川の親戚)の城です。

岩村駅に車を停めに行きました。
映画か何かの撮影をしていました。
画像

街歩きを開始。
方丈記を書いた鴨長明は、この地で、亡くなっていました。
画像

古い家並みが続く街です。
画像

一軒、中に入れてくれる家がありました。
奥行きが深いです。
商いの家。ここも、家の梁が見事でした。釘を使っていない。
お城から、認められていた家と思います。
画像

画像

奥で、縁側に横坐りした浴衣の女性の写真を撮っていました。

暑い。
レストランがありそうで、ない。月曜日だから、定休日が多い。
うどん屋さんが営業していました。
このお店も、古い家をうまく利用していました。
冷たいうどんが美味しかった!
おまけに、スイカ一切れ出してくれました。
ありがとうございます。
画像

なまこ塀。
画像

駅に戻りました。
途中、ご夫婦に食べ物屋さんはありますか?と聞かれました。
観光客は、同じ境遇でした。
暑い!!!
画像


今、岐阜県にいます。長野県側の県境にある温泉に行きます。
昨年、りんご収穫手伝いの時に立ち寄った温泉で購入した、長野県の12の温泉に入れる雑誌【物味湯産】買いました。有効期限は、1年間。
これを使います。
一般道で出かけました。途中、なんと通行止めでした。
迂回路は、1台の車が通れるだけの山道。夜だと怖いです。
峠を越えると、愛知県。道幅が広くなりました。
下って、左折。長野県に入りました。
昼神温泉に到着しました。
阿智村公営施設 湯ったり 温泉に行きました。

近代的です。温泉プールも付いています。
アルカリ性の湯。飲泉ができました。
温泉は、良いです。

一般道で、岐阜県側にある木曽ふるさとユースホステルを目指しました。
峠の手前に、水が湧き出ているところがありました。一番清水と書いた立札がありました。
飲んでみました。冷たい。美味しい。
小さなポットに、水を汲みました。
画像

男滝、女滝、に、出くわしました。
豪快でした。
画像

画像


車を走らせて行くと、馬籠に出ました。
馬籠宿です。
画像

画像

高札場。
画像

島崎藤村記念館に入ってみました。
画像

明日、ここを歩きます。
画像


ユースホステルに到着しました。
画像

お風呂に入り、再び汗を流しました。
お風呂は、いい!
夕飯、私一人でした。
画像

自転車で旅をする若者が、来ました。
同室でした。
空のペットボトル10本ぐらい持ってました。
この暑さの中、自転車を走らせるのは、根性入ります。
なにせ、39℃近くの気温になったところが、同じ岐阜県にありました。

明日、歩くルートを確認。
早めに、寝ました。

足助 2016/8/7 日曜日

愛知-長野-群馬 2016夏の車の旅

ユースホステルに宿泊しながら、車で、愛知-長野-群馬の各地を訪ねます。
初めての土地を訪問します。
温泉に入るのも楽しみです。


○2016/8/7 日曜日
おはようございます。
まだ、4時です。昨夜は、寝苦しかったです。
朝食の準備です。
パンをトースト、トマト、ハム、茹で卵、ヨーグルト。
珈琲用の湯をポットに入れて、出発しました。
04:50に、東名の横浜町田ICから、高速。
足柄SAで、富士山にご挨拶。
画像


そこから、新東名を使いました。
長篠SAは、織田、徳川 対 武田勝頼の長篠の合戦の所でした。
織田信長が陣を構えた丘です。
画像


08:30。愛知県豊田市足助に到着。
香嵐渓です。紅葉の名所です。
画像

画像


川で、鮎釣りをしていました。
天然鮎が釣れます。
画像

川で泳ぐ人、バーベキューの準備をしている人。楽しそうです。
画像


三州足助屋敷。明治から昭和初期の古い豪農を再現したところです。
画像

井戸。
画像

牛がいました。お母さんと子供。お母さんが子供を守っていました。
画像

母屋。
画像

囲炉裏に火を入れていました。
画像

蔵では、傘職人の女性が、カイコの世話をしていました。
画像

繭になっているのもありました。
画像

水車小屋。
画像

炭焼き。
画像

紙漉き。コウゾを煮て、水に浸してありました。
画像

トヨタ自動車の方が、昼食を食べに来てくれました。まず、寺参り。
吊り橋を渡って、小休憩。
画像

お客さんが、自分の鮎を焼いていました。
画像

流しそうめんを食べているご家族もいました。
画像

昼食は、鮎定食を食べに行きました。
ヤナ。
鮎は、落ちてきませんでした。
画像

鮎三尾。塩焼き、八丁味噌ダレ、フライ。
鮎ごはん。
美味しくいただきました。
画像

トヨタ自動車は、明日出勤。
暑いので、帰宅してもらいました。
ありがとうございました。

足助の街を歩いてみました。
足助の街は中馬街道(飯田街道)が通り、今でも古い街並みが残っていました。
画像

画像

画像

16:00 足助里山ユースホステル到着。

「標高450mの山の中にある小さな木造小学校を改装した宿」です。
ユースホステルは、小学校の外観はそのまま。
画像

内装は温もりを感じさせる杉、桧。を使っていました。
小学校時代の廊下がそのまま残っていました。
画像

白い壁には、ウールを素材とした奥様の織物作品が飾ってありました。
漆家具職人・河野清さんの作品に座りました。
お風呂に入り、さっぱり。
なにせ、暑かったです。

食堂は、元職員室を改装して造られています。
一枚板のテーブルは見事です。
画像

夕食、美味しかったです。
お皿が重い。特別に焼いてもらったとのことです。
画像

同泊の方と記念撮影。
画像


夜、ペアレント(ユースホステルのオーナー)に、明日の旅のアドバイスをいただきました。
明智鉄道の明智駅に行ってみます。
大正時代の街、城下街が残っているとのことです。
そして、岩村。山城があるそうです。城下町が残る。

建て物の説明をしていただきました。
元5、6年生の教室。
画像

教室の廊下のガラス戸。子供たちの絵。
画像

椿立小学校 校歌が飾ってありました。
画像


夜も遅くなりました。
おやすみなさい。
夜は、涼しいので、クーラー無です。

松本市散策、白馬 「北軽井沢仲間の誕生日会」

先週、水上の旅で、お世話になった河原ご夫妻から、「北軽井沢仲間の誕生日会」に誘われました。
場所は、長野県白馬です。
画像


○2016/7/30 土曜日
おはようございます。
朝、04:50です。
外が明るいです。夏です。
鳥の鳴き声と、カラスの鳴き声が、聞こえます。

朝05:44バスで、鴨居駅に出ました。
神奈中のバスです。このバス路線が開設され、土日の早朝からの鉄道の旅が可能となりました。
民間の力、意気込み、に、感謝です。

青春18切符を使います。普通電車での移動です。
松本から白馬まで、大糸線に初めて乗ります。楽しみです。

横浜線で八王子、中央線で高尾駅。
ホームをまたいで、甲府行き普通電車に乗りました。
運良く座れました。
登山姿の乗客で、いっぱいです。
夏山登山のシーズンです。
いろいろなグループがいます。
総じて、大声で会話する御年配の婦人グループが目立ちます。
朝早くから、元気です。

甲府駅に到着。
ホームをまたいで、上りホームにいる、下り松本行きに乗り換えました。
普通電車の移動は、少し、体力と瞬発力が必要です。

日野原駅。
特急の通過待ち。二本抜かれました。
特急が遅れました。
画像

普通電車も、出発が遅くれました。
駅舎を見ると、何?瓢箪ですかね。
画像


小淵沢駅。
小海線のディーゼルカーは、国鉄色。クリーム色と赤色。
撮影は、できませんでした。
八ヶ岳は、雲の中です。

上諏訪駅。
ここから先は、単線。
上りの特急電車を待ちました。

松本駅到着。
「まつもとー、まつもとー」の、到着のアナウンス。
昔の終着駅のアナウンスです。
懐かしい響きでした。
書道の字。良いです。
画像


ロッカーはどこも空いていません。
小さなスーツケースを引張て歩くことにしました。
11時を過ぎています。
蕎麦を食べに、有名な「こばやし」に入りました。
もりそば一人前を注文。せいろ二枚でした。
おいしくいただきました。
画像

街歩きを開始。
伊勢町。
女鳥羽川。
地図で見ると、松本城の外堀に位置します。
画像

お寺、稲荷神社の裏に、栃木原産の「しもつけ」が咲いていました。案内版に書いてありました。
画像

立派なお寺でした。知恩院の末寺と書いてありました。横に並んで、稲荷神社。
画像

伊勢町。繁華街を水が流れています。
画像

中町に来ました。
お洒落な町です。
中町通りは、古い商家を残しています。再建かもしれません。ここは、漆器のお店でした。
画像

「蔵の井戸」です。
水が冷たくて美味しい。
松本は、現在でも、井戸が健在です。水が飲めます。びっくりです。
画像

蔵シック館で、陶芸展を開催していました。
画像

画像

「徳武の井戸」です。
画像

この井戸の水が流れる小川です。水が清らかなんですね。ここは、街中です。
画像

履き物屋さんの井戸です。松本は、善光寺街道の五番目の宿場町だったと書いてありました。履き物の需要があったんですね。
画像

交差点にあった井戸。
画像

川にでました。女鳥羽川。
川の流れに沿って、店が並んでいます。
画像

水を祀る神社です。
画像

縄手通りに来ました。
画像

おそば屋さんの玄関前。蓮の花。夏の陽の下で、輝いて見えました。
画像

縄手通りを抜けて、お城への道に出ました。
「大手門井戸」です。
画像

「大名小路井戸」です。暑いので、子供が、柄杓で水をとり、頭にかけていました。笑顔。
画像

松本城に到着しました。
国宝。
画像

天守閣に上るのに、1時間待ちでした。
中には入りませんでした。

松本神社。ここにも井戸がありました。飲めるんです。
画像

立派な樹です。
画像

重文 旧開智学校に到着しました。
松本の教育に対する姿勢を見ました。
画像

夏休み期間、運転しているバスを待ちました。
1時間に一本しかありませんが、もう少しでバスが来る時刻です。
来ません。
一組の夫婦は、立ち去りました。
バスが来た!
駅まで、冷房の中、移動できました。
駅前で、太鼓演奏の披露です。
今晩、お城の中で、太鼓祭りです。
画像


松本駅から、大糸線の電車に乗りました。
登山の人で、大混雑です。
信濃大町駅で、南小谷行きに乗り換えました。
湖が見えました。
画像

森の中を通りました。木の種類が変わりました。
画像

白馬駅到着。
地元マスコットがお出迎えしてくれました。
画像

駅を出ると、e-ba-さんが、車で迎えに来てくれました。
途中、白馬のジャンプ台を遠くに見ることができました。長野オリンピックの会場だったのかも。
画像

e-ba-さんの先輩が経営しているペンションに到着しました。
画像

みなさん、登山して、温泉に入ってきたということです。
お元気で何よりです。
ペンションのお風呂に入りました。
夕食は、街のレストラン。
このセット、美味しかったです。パン、コーヒーも美味しかったです。
画像

画像

帰ってきて、お庭に花が咲いていました。
画像

夜は、呑み会。
お誕生日会でした。おめでとうございます。
e-ba-さんの先輩がケーキを作ってくれました。有難いです。ご相伴しました。
画像

さらに、冬瓜の葛かけをいただきました。これ懐かしい味です。
画像

朝早くからの移動。眠いです。
森の静けさの中で、眠ります。
おやすみなさい。

○2016/7/31 日曜日
おはようございます。
樹々の緑が鮮やかです。
爽やかです。

朝食を食べて、電車で帰宅します。

白馬駅まで、河原ご夫妻に送ってもらいました。ありがとうございます。
山が綺麗です。
画像

白馬駅。足湯がありました。この付近は、温泉も豊富です。
画像

信濃大町行き快速電車に乗りました。臨時です。
画像

画像

信濃大町駅で乗り換え。
松本駅から、スーパーあずさ14号に乗りました。
画像

行きに見れなかった八ヶ岳です。
画像

甲府を過ぎ、八王子で下車。横浜線に乗り換えて、帰宅しました。
ん、横浜は雨かな。道路が濡れていました。
北軽井沢のメンバーとは、この秋のりんご総取りでお会いします。
みなさん、お元気で、旅してください!

水上の旅 2016/7/23-24

水上の旅

群馬県利根郡みなかみ町にある谷川岳ラズベリーユースホステルに宿泊して、温泉を楽しみます。
今年の夏、初めての青春18切符を使います。

○2016/7/23土曜日
おはようございます。
今日は、普通電車を乗り継いで、沼田まで行きます。
朝食を食べて、リュックザックを背負って、出発です。

青春18切符を使用します。2016年夏、初めての利用です。
鴨居駅から、横浜駅に出ました。
一度、改札の外に出て、グリーン券情報を購入し、SUICAに入れました。
東海道線上りホームで、高崎行き普通電車を待ちます。
下り、特急踊り子号が来ました。185系。鉄製の車両と思っています。
画像

二本見送って、乗りこみました。
画像

川崎駅手前で、「上野駅で人身事故、東海道線は東京駅で折り返し。」というアナウンスが流れました。
川崎駅を過ぎると、「品川駅に、先行電車が止まっているため、駅手前で停車します。」というアナウンス。
予定通りの時刻に、高崎駅に着くのは、無理です。下りの蒸気機関車を沼田で見ることは、できなくなりました。
品川駅に着きました。
駅のアナウンスは何もありません。
ネットで調べると、あと10分で、大崎駅から、湘南新宿ライン高崎行きがあります。
たぶんですが、動いているはずです。
山手線乗り場に急いで、山手線に乗り大崎駅へ。
高崎行き普通電車が来ました。
グリーン券情報を席の上に照らしましたが、ダメです。
隣の車輌にいるグリーンアテンダントに、事情を説明すると、okとなりました。
良かったです。

沼田でピックアップしてもらう河原ご夫妻に、状況をメールで説明。
高崎駅でピックアップしてもらうことに変更しました。

高崎駅です。遅れていることもあり、大混雑でした。
画像

河原さんのご主人、「進さん」が、改札で待っていてくれました。
ありがとうございます。
蒸気機関車のイベントを開催しています。
氷の蒸気機関車です。
画像

高崎のダルマ。これは、大きいです。
画像

駅の外に出ると、河原さんの奥様「 e-baさん 」が、出迎えてくれました。
感謝!

車に乗せていただきました。

たまごやさんのシュークリームをいただきました。
お土産に、加熱調理用の玉子をいただきました。


片品村の竹屋に連れていってもらいました。
画像

釜飯が美味しいお店ということです。
鰻があります。
最近食べていません。
鰻重を注文しました。
画像

つくねは、シェア。焼き加減が抜群。美味しかったです。
画像

温泉は、花咲温泉 花の駅・片品 花咲の湯。
コスモスが咲いています。
画像

雑誌「温泉博士」を提示して、無料です。
久しぶりの温泉。温まります。サウナで汗流して、サッパリです。

大河ドラマ「真田丸」の沼田城と名胡桃城の位置関係を、地図で確認。
「 e-baさん 」がコーヒー豆を買いに行く途中、名胡桃城跡を通りました。
コーヒー店で、美味しいコーヒーを飲むことができました。
世界中のコーヒー生豆がありました。
すごいです。行った国は、ハワイのコナしかありません。貿易って、生活につながっています。
画像

上りの蒸気機関車があります。今日は、普段より1時間遅い運転です。
頑張れば、間に合います。
上牧駅到着。階段を上って、ホームに出ました。
間に合いました。
計算した時刻より、1分遅くやってきました。
画像

見れた!

谷川岳ラズベリーユースホステルに到着しました。
画像

今日は、曇り。谷川岳を見ることはできません。
画像

夕食前の飲み会です。
ゆず酒をいただきました。
「 e-baさん 」、ユースホステルから見える谷川岳を描いた絵をプリントしたティーシャツをプレゼントしてくれました。なかなか、良いです。
ありがとうございます。
画像

夕食です。
みなさんと一緒にいただきました。
トマト、とうもろこしが美味しい。採れたての味です。
画像

画像

夕食の後、温泉ツアーです。
源泉かけ流し、飲泉ができる、温泉を希望。みなかみ町 温泉センター諏訪の湯。
曽原さんに送ってもらい、みんなで行きました。
画像

路地の奥にありました。民家みたいな造りです。
画像

雑誌「温泉博士」今月号が有効です。無料で、入浴させていただきました。
源泉の温度が、42.7℃。湯船の湯の温度が41.7℃。理想です。
飲泉しました。うがいしました。フッ素が含まれていて、歯に良いと書かれていました
夏祭りでしょう。お神輿をかつぐ声が聞こえます。

今晩は、外国人が多いので、迎えが遅れると、オーナーの曽原さんから、言われていました。
少し、待ちました。

戻って、お茶会です。
飲み会です。外国人の若者も参加です。
画像

本物の日本酒は、生産量の2%。一銘柄500本ぐらい。
飲めない人でも、悪酔いしない。
と、曽原さんの説明。
画像

外国の若者に、銘柄の違いを説明。お猪口一杯、100円で飲ませていただきました。
つまみは、鰹、太刀魚の刺身、ホッケの焼いたの、餃子。「 e-baさん 」が差し入れした、2種類のチーズケーキ。
ここは、呑み屋かと思いました。(笑)
画像

マレーシア人で、イギリスのロンドンで、医者になる勉強をしている若者と話しをしました。26歳。
日本語を勉強しているとのこと。
将来は、WHOで働きたいと、希望を言っていました。
画像

こちらは、英会話を勉強していかないと、ダメだなと思いました。

夜も遅くなりました。
歯磨きして寝ます。ここの蛇口の水は、ペットボトルの谷川岳の水と同じです。
贅沢な歯磨きとなりました。
少し寒いです。
薄い掛け布団を借りて、寝床に入りました。
おやすみなさい。


○2016/7/24 日曜日
おはようございます。
晴れています。
谷川岳がなんとか見えます。
画像

ここは、利根川の源流。
清らかな水が流れています。

朝食。
画像

寝具を片付け、歯磨き。
水が美味しい。

今日は、ラベンダーを見に行きます。
「 e-baさん 」が、曽原さんから、無料招待券をいただいています。
曽原さんの娘さんマルちゃんも一緒に行きます。
出発前の記念撮影です。
画像


ラベンダーパークです。
画像


上りは、リフトに乗りました。
画像

天気は良好です。
画像

ラベンダーの香りは、良いです。
画像

ひとしきり、写真撮影。
画像

画像

画像

たくさんのお客様です。犬を連れて来れるところです。愛犬を連れてのお客様を、多く見かけました。
楽器を奏でている人がいました。
木の楽器でした。CDを発売していました。
画像

下りは、ゆっくり歩いておりました。

次は、温泉です。
雑誌「温泉博士」今月号が使える、奥平温泉 遊神館 に行きました。村営です。
フロントで、スタンプを押してもらい、入湯税50円を払いました。
フロントの奥から、男性が出てきました。
みんなで、雑誌「温泉博士」の話しをしました。
「 e-baさん 」が記事を書く、私はブログを書く、と、話したところ、期限無しの無料券をくれました。
記念撮影です。こういうのも不思議な縁です。
画像

お湯は、源泉の温度が30℃。加熱してあります。
庭の中の露天風呂、良かったです。

入浴のあとは、昼食。
地元そば粉のざる蕎麦と、カミナリ丼ミニを注文しました。
カミナリ丼は、ナマズの天丼です。ナマズは、白身。柔らかい身でした。
画像

美味しかったです。

バイクで来ていた高橋さんと、Facebook友達になりました。
ここで、高橋さんとは別れ、「 e-baさん 」に、水上駅まで送ってもらいました。
今日は、蒸気機関車はいませんでした。

水上駅から、高崎に出て、湘南新宿ライン小田原行き快速で横浜に戻りました。
画像

高崎駅で、電車が出発するときに、蒸気機関車が入ってきました。写真は、12系客車。
たぶん、今日は、信越線横川駅往復を走ったのだと思います。
画像

電車は、関東平野を南東に、走って行きます。

旅の仲間って、いいです。
いろいろサポートしてくれました。
ありがとうございました。


山梨県 勝沼、塩山 ワインと桃 2016/7/16-17

毎年、海の日(7月第三月曜日)というか、7/20前後は、山梨県では、桃の出荷が盛んになります。
この時期に、勝沼に出かけています。
今年は、会社の若いメンバーが奥様を連れてご一緒しました。

○2016/7/16 土曜日
三連休の最初の日。渋滞を予想。
たまたま、朝5時前に目が覚めました。
途中どこかで食べる朝食を準備して、出かけました。
最近、車で遠くに行っていません。
ガソリンを入れて、東名-圏央道-中央道で、勝沼に行きました。
勝沼ぶどう郷駅に到着。曇り空です。
画像

中央本線の旧勝沼駅のホームです。勾配が急で、ここでスイッチバックしていたところです。
今は、桜がしっかり植わっています。4月第一週の時期は、桜花で綺麗です。
画像

メンバーの宇都田(うつだ)さんご夫婦が車で来られました。
朝早いですが、勝沼ぶどう郷ユースホステルに、一台車を置かせてもらいに行きました。
小西さん、ありがとうございます。
宇都田さんご夫婦の記念撮影です。
画像

近くの三光寺へ。
鐘がある山門。
画像

大杉。樹齢700年。
画像

まず、勝沼の北側にある桃の栽培地域へ移動しました。
出荷できない規格外の桃を分けてもらいます。
軒先になかったので、敷地の中に入り、台所で、声をかけました。
奥さんに、桃ありませんか?とお訊ねすると、今日から収穫した桃で、形の悪いのがあるとのお返事。
硬い桃、柔らかい桃を混ぜていただきました。1000円。
門を出るとき、呼び止められ、あまり良いものを渡すことができなかったのでと、プラムを8個手わされました。
お気遣いありがとうございました。
画像


さあ、ここから、ワイナリー巡りを開始します。
最初は、勝沼の南側にある丸藤へ行きました。銘柄は、「ルバイヤート」です。
画像

醸造タンクや歴史展示を見学しました。
画像

試飲。何本並んだんでしょう。宇都田さんご夫婦、すべて試飲されました。笑顔。
これいい!というのをお買い求めていました。
ここ丸藤「ルバイヤート シュールリー」が、日本産ワインの基準と、私は勝手に思っています。飲みやすいです。
画像

和食にあう池田さんのワイナリーに行きました。
奥様が、試飲として、こんなに並べてくれました。宇都田さんご夫婦、すべて試飲されました。笑顔。
私は、ドライバー。試飲をせず、樽熟甲州を1本買い求めました。西新橋の蛇の目寿司で会食の時、飲もうと思います。
画像

原茂ワイナリーは、お庭を見学。ぶどうの葉の緑の覆い、気持ち良いです。ぶどうもたくさんなっています。
画像

朝早かったので、駅前の食堂「銀月」に行きました。
おばさん、芋の皮をむいたり、まだ準備中でしたが、お店の中にいれてもらいました。
ほうとうと馬刺し、おにぎりを注文。美味しかった!
画像

たくさん、きゅうりをもらったからといって、きゅうりをお土産にくれました。糠漬けにします。
お店の前で、ご主人が写真を撮ってくれました。
画像

お腹いっぱいになったところで、塩山に向かいました。
途中、幻のぶどうを作っている雨宮さんのおばあちゃんを訪ねました。
ぶどうの栽培の話、歳の話、健康の話をして出かけようとしたら、冷凍した幻のぶどうを持ってきてくれました。
畑で、暑い中食べる、天然シャーベットは美味しかったです。
畑で、ぶどうの袋を取り払って、色づきあいを見せてくれました。
一粒ずづ、熟してきています。
画像

畑に、ぶどうの若い樹が植わっていました。シャインマスカット赤と名札に書かれています。
会社勤めをしている40歳のお子さんが植えたそうです。
将来を着実に読んでいます。
雨宮のおばあちゃん、字がとっても綺麗です。
次回は、お茶をいただきながら、書道を習おうと思います。

塩山駅の北側に来ました。
ワイナリーの機山です。
大農家です。
端数はおまけしてくれました。、甲州白ワイン一本1330円で購入させてくれました。
画像

画像

恵林寺。武田信玄の菩提寺です。
夏。蝉が鳴く静かな雰囲気の中、参道を歩きました。参拝。
画像

画像

勝沼に戻り、葡萄農家ぶどうばたけに行きました。
湖中夫妻が待っていてくれました。奥様の池山先輩が、ワイン造りを丁寧に説明してくれました。
画像

コルク打ちも体験させていただきました。レバーを降ろしてくると、コルクをいれた穴がきゅーと狭まってきます。
画像

倉庫の中に、燕の巣。私たちがいる間に、巣立ちして、倉庫内を飛び回り始めました。本当に、偶然でした。人間がうるさかったかな。
画像

三森斉さんと倉庫の前で会いました。社長。記念撮影をお願いしました。
画像

畑で、三森のおじいちゃんに会いました。前・社長。
ぶどうの生育を見ているようでした。
挨拶すると、近寄ってきてくださり、房を見ながら、食べて美味しいデラウェアを一房切ってくれました。
なんと初物です!美味しいです。
デラウェアは、あと3,4日したら、出荷できるとおっしゃっていました。
画像

画像

おじいちゃんと記念撮影です。貴重です。
画像

お店では、スタッフが、ぶどうの手入れを説明してくれました。誘引、摘出、袋掛け。
画像

スタッフと一緒に、3時のおやつをいただきました。たくさんのお茶、お菓子をいただき、リラックス。
三森斉さんはじめ、みなさん、手を振って送ってくれました。ありがとうございました。

朝、ユースの小西さんから、天空の湯の割引券をいただいていました。
まっすぐ、天空の湯へ。温泉はいいです。アルカリ性は肌に優しいです。
さっぱりしました。

夕飯は、山の中の一軒家のレストラン「エリソン・ダンジュール」へ行きました。
画像

ワインは、奥野田ワイナリーのワイン「ハナミズキ」、「スミレ」をいただきました。
とうもろこしの冷たいスープ。
画像

魚、あいなめ。
画像

魚、鱸すずき。
画像

フルーツを食べている豚のソテー。
画像

デザート。
画像

シェフと記念撮影。良い思い出になると思います。
画像

大満足。ユースの小西さんに迎えに来てもらいました。
もう21時。外は真っ暗です。
画像

夜は、ユースで、宿泊客のみなさんと、桃とワインで、おしゃべりをしました。
画像

たくさん食べて飲みました。(笑)
寝ます。おやすみなさい!

○2016/7/17 日曜日
おはようございます。
朝食をとって、出発です。
小西さんから、甲州種の苗木をわけてもらいました。
甲州種はやっぱり病気に強いそうです。日本原産品種は、日本の風土にあっていると、理解しました。
ありがとうございます。

途中、ユースホステルに宿泊していた、山登りに行く人を車に乗せて、駅まで送りました。

そのあと、大善寺へ。ぶどうを持つ薬師如来があります。
行基が開山したとき、ぶどうの寺と夢枕でお告げがあったと伝えられているそうです。
画像

画像

画像

このお寺は、武田勝頼が、自刃する前の晩に立ち寄っています。
幕末では、山門の前で、甲州街道を東進する官軍と近藤勇の隊が戦ったところです。

宇都田さんご夫婦に、勝沼を楽しんでいただけたならば、嬉しいです。
勝沼、ぶどう、ワイン、農業、キーワードごとに、もっと勉強していきます。

勝沼、塩山。いい人と出会うことができ、有難い限りです。笑顔。

旧東海道を歩く。 2016/7/10

今日は、先週に続き、旧東海道を歩きます。
現在の鶴見駅から東神奈川駅までです。

○2016/7/10  日曜日
雨は昨日降ってやみました。
今日は、晴れ。

参院選投票は、昨日、期日前投票をしてあります。
いつものとおり、まず洗濯を済ませて、出かけました。

京浜東北線の鶴見駅に降り立ちました。
幼稚園の時、親戚の家に遊びに連れてきてもらって以来です。55年経っています。

曹洞宗総持寺に向かいます。
鶴見線のガード脇を歩いていると、3輌編成の鶴見線が鶴見駅にはいってきました。
画像


総持寺です。
大きいです。
画像

山門。
画像


高貴な方が通る正門です。(と思います。)
画像

本堂。
画像

周囲をめぐる廊下です。若い僧が、お仕事で、廊下を早足で通り過ぎて行きました。
画像

画像

総持寺を出て、線路を跨ぎます。
北側から、鶴見線、湘南新宿ライン/横須賀線、京浜東北線、東海道線、です。渡ると、京浜急行です。
画像

第一京浜(国道)に出ました。鶴見線の最初の駅、国道駅です。
古い昭和の駅が残っていました。
画像

画像

灯りは、蛍光灯ではありません。
画像

鶴見川に出てみました。
釣り船がいました。川を下って、海に出て行きました。
画像

鶴見川干潟です。結構、水は綺麗です。釣りをしている人がいました。
鴨居で見る鶴見川と趣が違います。
画像

お寺がありました。正泉寺です。武州お寺巡りの一つのお寺です。
蓮の花が綺麗でした。
画像

画像

旧東海道に出ました。
現在の道路幅は広いです。
「蛇も蚊も祭り」の地元です。
300年前に疫病が流行り、追い払うために創った祭りです。
藁で蛇をつくり、街を練り歩き、最後、鶴見川に流すそうです。
画像

稲荷社がありました。
画像

生麦事件の現場です。幕末、参勤交代の薩摩藩士が、馬を駆けてきた英国人を切り捨てた現場です。
薩英戦争のきっかけになっています。
そのあとは、薩摩と英国は仲良しになっています。幕府、フランス対策です。
画像

画像

生麦事件碑です。
画像

第一京浜に出ました。
キリン横浜工場です。
キリン横浜ビアビレッジは、大人気です。今日の予約を取ることはできませんでした。
画像

京浜急行・生麦駅を通過していますので、もうすぐ新子安駅です。
京浜急行の踏切の向こうを、スーパービュー踊り子号が、伊豆急下田に向かって、走っていきました。
画像

路地に、昔の井戸ポンプが残されていました。
画像

京浜急行の踏切が入口となっているお寺がありました。
遍照院です。
画像

画像

新子安駅に到着。
線路を跨ぎ、北側に出ました。
一之宮神社です。この付近の子安近辺の漁師、漁業関係者が氏子です。
この都会に、こんな静かなところがあるとは。
画像

線路をくぐって、また第一京浜に出ました。入江橋。
画像

京浜急行・神奈川新町駅に出ました。
車庫があるのは知っていますが、神奈川新町駅の北側に大きく敷地がありました。
この写真では、左側が本線。右側が車庫です。
画像

画像

この電車は、踏切前に止まっていました。
画像

東神奈川駅に辿り着きました。
歩くのここで終わりです。お疲れ様でした。鉄道営業距離で、5.3kmです。15,700歩。
画像

家の近くでは、ユリが咲いていました。夏ですね。
画像

旧東海道を歩くというより、鉄道を見て歩くというほうが多くなった、歩き旅となりました。笑顔。
通勤で通る駅、街ですが、意外と知らないものでした。

旧東海道を歩く。神奈川宿あたり。  2016/7/3

旧東海道を歩いてみました。
小学校のころから、家の近くに、旧東海道があるのは知っていました。
意識して歩くのは、初めてです。

○2016/7/3 日曜日
曇りかな。窓の外に、陽射しはありません。
でも、気温は高いです。
天気予報では、横浜は最高気温32℃と出ていたな。暑そうです。

いつもの通り、洗濯、掃除をして、出発です。
ひまわりが咲いています。夏ですね。
画像

空は、夏空というか台風が来る前の青空という感じです。
風が強いです。
画像


JR東神奈川駅から、京急・仲木戸駅に向かい歩き始めました。
京急の電車は、速いです。標準軌だけあります。
画像

この旧東海道周辺には、お寺が多いです。
東光寺です。
画像

熊野神社です。
画像

狛犬は、石で造られています。嘉永年間、鶴見の石大工の作。
画像

高札場の復元です。現代で言うと、掲示板です。
画像

通りは、松が植わっており、旧東海道の面影はあります。
狭いです。昔の主要道路といっても、この幅だったのかもしれません。
画像

成仏寺。外国人居留地に住んだヘボンが最初住んだところが、ここの本堂のようです。
画像

画像

川にぶつかりました。滝の川というそうです。
画像

宗興寺。ヘボンの記念碑がありました。横浜は、ヘボンと強いつながりがありますね、
画像


旧東海道を離れて、海のほうに向かいました。幕末を見ます。
歩いていると、綿、コットンの文字が目に入ってきました。
高層マンションにも、コットンタワーの文字がありました。
この付近は、横浜港が絹であったのに対し、神奈川宿は綿を取り扱った、今でも取り扱っているようです。
幕末に、勝海舟が、海防のために、指示をして造らせた神奈川台場遺構です。
陸地から東西二本の道を造り、その先に台場を造りました。
中は、船溜まりでした。
石積みしかありませんでした。
画像

今も、こんな景色がありました。
画像

歩いていると、貨物駅に出くわしました。JR貨物・東高島駅です。
画像

横浜には、蒸気機関車、ディーゼル機関車、電気機関車が、貨物を牽引する高島機関区がありました。
その東側の位置に東高島駅はありました。
画像

昔の鉄橋の跡です。
画像

旧東海道に戻りました。
本陣跡は見つかりませんでした。でも、酒屋さんの名前に神奈川宿とありました。
画像

権現山を通り、洲崎大神に。水産業の企業の方々が氏子です。
画像

宮前商店街を抜けて、青木橋に出てきました。
今でも、交通の要所です。国道一号線(京浜第二)と国道十五線(京浜第一)が交わるところです。
東海道線、横須賀線、京浜東北線、京急もここを通っています。駅は、京急・神奈川駅です。
画像

青木橋から、右手の山に登ってみます。
横浜の沼を埋めて新田を作った、鉄道を敷くのに協力した、高島嘉右衛門の住居付近です。
望欣台の碑です。
画像

山を降りて、旧東海道に出ました。
神奈川台の関門跡です。
関所と思ってよいです。
画像


旧東海道を西に歩きます。
横浜駅西口の裏に出てきました。
画像

浅間神社の鳥居です。
本殿は、山の上の三ツ沢にあります。
画像

追分に出てきました。
東海道と八王子街道に分かれるところです。
写真では、右(東)から来て、上の道(北)が、八王子街道です。左(西)が、東海道です。
画像

少し歩くと、安さで有名な松原商店街でした。
日曜日午前で、こんな人出です。
画像

八百屋で、トマトを買いました。
画像

魚屋で、鯵を買いました。5尾300円。(昼食は、鯵を三枚におろし、刺身にしました。美味しかったです。)
ここの魚屋は、天然まぐろを売ることで有名です。
50年前も、商いしていました。
生まれた西戸部の家から、正月、お祭りに、まぐろを買いに来ました。
画像

画像


暑かったです。
地元の横浜の旧東海道を歩いてみて、感じたことは、「昔の旅はつらかった。」だろう、ということです。
炎天下、雨の下、頼りは、自分の足と健康。
飲み水を得るにしても、なかなか、なかったと思います。

青春18切符を購入し、今年の夏も、鉄道の旅をします。
普通電車の中は、冷房が効いている。贅沢は言えません。笑顔。