アクセスカウンタ

谷口伸夫の旅

プロフィール

ブログ名
谷口伸夫の旅
ブログ紹介
旅の思い出や、旅の情報を、紹介します。皆様の旅の参考になればと思います。
・ユースホステル
・鉄道
・葡萄栽培勉強
・街歩き
・トレッキング
・温泉
・海外
zoom RSS

日本ワイン 塩山、勝沼

2018/02/25 13:34
奥野田ワイナリーでの栽培クラブOVCの仲間である湖中さん奥様・池山先輩のお誘いで、
@塩山、勝沼のワイナリー巡り、A日本ワイン勉強会、参加しました。
画像


○2017/2/24 土曜日
おはようございます。
今朝は寒いです。
バス停までの畑は、霜が降りていました。
画像

勝沼ぶどう郷駅に到着しました。高尾から普通電車できました。
画像

湖中さんご夫婦、米澤さんご夫婦、湖中さんの同僚である木本さんが駅で待っていてくれました。

夜まで、湖中さんの車でワイナリー巡りです。
まず、米澤さんリクエストで、塩山の北に位置する卵屋さんに行きました。
画像

ゆで卵を無料で食べました。美味しい。私は、カステラをお土産に買いました。

奥野田ワイナリーに行きました。
中村社長の奥様・亜貴子さんが待っていてくれました。
数日前まで、フランスのブルゴーニューに出かけられていました。
湖中さんご夫婦もブルゴーニューに出かけております。
お話が弾みました。
画像

中村社長が、お忙しいのに、圃場(畑)でぶどう栽培のことを説明してくれました。
画像

・垣根栽培。地面から75cmの高さに最初のワイヤー。腰をかがめないようなところに房を作る。
 フランスは、もっと地面に近いところにある。緯度が高い。地面からの日射返りを期待していた。
・樹と樹の間は75cm。密植。ぶどうの根は、ひろがることができず、地中深く伸びる。
・樹の列と列の間は150cm。自走式の機械が畑に入ることができる。
・畑には、マメ科の植物が育っている。フランスの畑もマメ科の植物が育っていた。
画像

富士通のセンサーによる圃場データの仕組みも解説してくれました。
カビの胞子が活性化したあとの72時間以内に処置する必要があり、活性化が始まる時を見つけ出すこのシステムはものすごく活用されています。IoTの実践です。
画像

セラーを見学させていただきました。40,000本のワインを製造、出荷しているそうです。
この規模が、自由に発想して良い品質のワインを創る、チャレンジできる量と認識しました。
180年使える高級な樽を見せていただくと同時に、樽発酵を説明してくれました。
普通の大手のワイナリーでは購入できないものです。
画像

樽発酵のガスを外にだす口です。
画像

中村社長が撮影してくれました。記念写真。
画像

ワイン試飲です。中村社長の奥様・亜貴子さんがワインの説明をしてくれました。お料理との相性をすべて解説してくれました。
画像

画像

デザートワイン、よかったです。
画像

フリザンテ(デラウェア。瓶内二次発酵のスパークリング。)を購入させていただきました。

昼食は、塩山の魚屋さん「きたい」さん。
画像

画像

美味しい昼食をいただきました。650円。
画像

前回に来たとき、ノートに書いていったところを見ると、お返事が書かれていました。お母様から、「永住の期待が!」。ありがとうございます。
画像


次は、塩山の北に位置する「機山洋酒工業」へ。大農家です。
武田晴信が39歳に出家したときの法名が「機山信玄」。信玄ゆかりの名を冠したワイナリーです。
画像

甲州種白ワインがありました。試飲をさせてくれました。
お寿司との相性をお機器しました。私が感じていたことを話してくれました。KIZANの白も良いです。
山の中のレストラン「エリソン・ダンジュール」では、いつも奥野田かKIZANを注文しています。
画像


新田商店に寄って、湖中さんが夜のワイン会のワインを仕入れました。
500年も続くおうちです。
画像


「理系ワイナリー」のコンセプトのMGVs WINERYに連れていってくれました。
画像

半導体製造メーカーです。工場を移転したので、半導体生産クリーンルームに醸造タンクをいれて、清潔な空間でワインを創っていました。他業種からのワイン醸造家への参入ですね。
画像

製造会社の発想だなと感心した型番(ぶどう品種、収穫地、仕込方法、製造方法)でボトルの名前がついています。
画像

玄関先の梅の鉢植え。
暖かい日差しの中、蜂が蜜を吸いに来ていました。
画像


池田ワイナリー。お母様がおられ、すべてのワインを試飲させてくれました。ラインアップ見事でした。
画像

1.8Lの一升瓶ワイン、魅力的でした。
外出していた社長にもお会いできました。

最後、丸藤。勝沼では老舗です。
画像

ブランドは、「ルバイヤート」。神楽坂のレストラン「ルバイヤート」も行かせていただいています。
画像

品種改良に尽力されています。
画像


あとから来られる白石さんを迎えに塩山駅へ。
画像


お風呂は、塩山温泉郷の旅館のお風呂に連れて行ってもらいました。
知っている人でないとなかなか来れません。
アルカリ性の湯で、ぬるぬる感が良かったです。

夕食は、サンキングカフェで。上村卓さんお元気。
画像

奥様のお料理も美味しい。
画像


夜は、日本産というより勝沼産ワイン勉強会。楽しく飲みました。「祝(いわい)」というワインを初めて見ました。勝沼に祝地区があり、そこのワインと思われます。なにせ、普通に流通していない。
他にも初めてのワインばかりでした。
画像

勝沼ぶどう郷ユースホステルのマネージャーの小西さんが、自分の裏庭で始めた養蜂で集めた蜂蜜を食べさせてくれました。日本ミツバチが、いろいろな種類の蜜を集めたものです。芳醇な味わいでした。

日本産ワイン、すごく良いです。皆様にもお薦めです!
午前中から試飲をしていました。すこしずつ、いろいろな種類のワインを味わうことのできた一日でした。

○2018/2/25 日曜日
おはようございます。曇り。寒いです。
画像

勝沼ぶどう郷ユースホステル。
画像


朝食を食べて、帰宅しました。湖中さんに車で送ってもらい、勝沼ぶどう郷駅08:03高尾行きに乗れました。
甲斐大和駅で、特急に抜かれました。特急は新型車両と思います。
画像


皆様、お世話になりました。ありがとうございました。
勝沼、塩山、訪ねま〜す!よろしくお願いします!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


別所温泉、北軽井沢 2018/1/27-28

2018/01/28 14:44
○2018/1/27 土曜日
おはようございます。
仙台。外は凍っている雰囲気。朝食を食べて、駅へ。
画像

東京行きやまびこ122号07:43に乗りました。
画像

福島手前は雪。
画像

福島で連結される山形新幹線つばさ号は雪の影響で大幅遅れ。つばさ号を連結しないで東京に向かいました。
つばさ号の指定席を予約していた方々がやまびこ号自由席に乗ってこられました。小坂さんが言っていた冬の上りの新幹線を予約する時、東北新幹線を予約することを、認識しました。
東北は縦に長い。
さらに数十km離れると、雪が多い少ないが分かれます。

大宮で、臨時の金沢行きはくたか585号09:30に乗り換えました。
東北新幹線と雰囲気が異なり、華やか。スキー客です。隣の若者6人はトランプゲームしていました。いいです。
浅間山が見えてきました。
画像


上田から、地方鉄道の上田電鉄別所線に乗り、別所温泉にやってきました。
二つ共同浴場にはいれる切符を購入してきました。
画像

千曲川。真田氏が上田城を築城したときは外堀の役目をしました。
画像

別所温泉駅に到着。
画像

昔の電車が展示されていました。
画像

歩き始めました。
七苦離地蔵堂。
画像

北向(きたむき)観音に詣でました。
厄除け観音です。
長野善光寺の南向きと向かいあっています。
画像

境内には、有名な「愛染かつら」の大木があります。
画像

札所観音堂。
画像

石湯に行きました。。18歳真田幸村が女忍びのお幸に男女をおそわった由緒正しい湯。
硫黄泉。天然の岩の湯舟のため色は分かりませんでした。
画像

画像

大湯。木曽義仲が葵御前の療養のため作った湯。時代が後になって上田城の真田の殿様も大湯に何度も出かけてきています。殿様を守る番所の跡がありました。
硫黄泉。黄色の湯。源泉は52℃ですが入浴には最適の温度でした。
地元のシニアが多く来ていました。
ここの硫黄泉は飲めます。玄関前に出ている湯を汲んで帰られる方がおられました。
画像

画像

ねこやなぎが春が来ることをを告げていました。
画像

竹は元気でした。
画像

別所線で上田に戻りました。
画像

画像

新幹線で軽井沢に。浅間山が綺麗でした。
画像

予定より早く到着。
草津温泉行き14:10バスに乗りました。
旧三笠道路。
画像

旧三笠ホテル。
画像

北軽井沢に到着しました。雪がちらちら。昔は、ここを軽便鉄道が通っていました。
昔の小さな電気機関車(模型かも)が置かれています。
画像

ここから、北軽井沢ブルーベリーユースゲストハウスまで歩きます。
地蔵尊。
画像

いつも浅間山を見る地点にやってきました。
画像

小さな川。
画像

30分位歩きました。到着しました。気温は零下なのに、汗をかきました。
シャワーを浴びて、一息しました。

スキーに行っていたメンバーがすこしずつ到着しました。
宿の健(たける)君と河原映子(エーバー)さんが、ジェンカという積み木崩しを始めました。
すごいです。
画像

夕食です。いつも美味しいご飯、ありがとうございます。
おでんが美味い!
画像

デザートも嬉しいです。
画像

夜は、宿の奥様の誕生日お祝い。
エーバーさんがケーキを注文してくれました。私は、愛媛県宇和島のあかまつ農園の苺二種。
画像

智子さん、お誕生日おめでとうございます!
画像

その後は、呑み会。

23時、消灯時刻。
良い一日でした。
おやすみなさい。

○2018/1/28 日曜日
おはようございます。
窓ガラスの氷の結晶。
画像

朝食。おかずがいっぱい。普段の夕飯のようです。
画像

北軽井沢ブルーベリーユースゲストハウス。
スキーのメンバーは出かけました。
画像

小鳥が餌を食べにやってきていました。
画像

佐藤さんが軽井沢の図書館に行くついでに、軽井沢駅まで送ってくれることになりました。
健君も一緒です。
画像

予定より1本(1時間)早い新幹線に乗ることができました。
ありがとうございました。
画像

素敵な宿が北軽井沢にある。ありがたいです。

冬の旅。仕事モードのせっかち感覚は通用しません。穏やかな気持ちで無理をしない。
雪、風で、列車、バスは遅れる。あの過酷な環境で定時運行は大変と思いました。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


弘前、五能線、仙台 2018/1/25-26

2018/01/28 14:43
大人の休日倶楽部の切符を利用して、鉄道旅します。新幹線が乗れます。
吹雪の時期です。無理せず旅します。仙台で、予約してもらっている「せり鍋」にたどり着きたいです。

○2018/1/25 木曜日
おはようございます。
04:15起床。
相鉄線の上り普通電車の二番目に乗るために、鶴ヶ峰駅まで歩きます。
鶴ヶ峰駅05:27発。
横浜駅05:53発前橋行き。
東京駅06:32発新函館北斗行き、はやぶさ1号。新青森まで乗ります。秋田行きこまちと接続して17輌の運転。長い編成です。
画像

大宮で、富士山が綺麗に見えました。
朝陽。まぶしいです。
画像

那須塩原付近は雪。
仙台は晴れ。
その先は雪。
はやぶさ号は雪を舞い上げ走ります。
日本海側の羽越線の特急が区間運休。秋田付近は、鉄道も雪の影響を受けるだろうな。
新青森駅、5分遅れで到着。

奥羽本線弘前行き普通電車は、新幹線からの乗り換え客を待って発車します。
電車に乗るとき、前に乗った女性が滑って倒れました。助けてあげました。
画像

弘前駅到着。
小さなスーツケースを駅前のホテルに預け、100円バスで、市内観光。
街は雪の中。
弘前城。
追手門。
画像

本丸。
画像

旧弘前図書館。
画像

東奥義塾。
画像

旧青森銀行。
画像

弘前は歴史が残る街です。

100円バスの乗り場を雪降る中、探しました。
弘前駅に戻ってきました。
昼食を食べて、五能線の五所川原に向かいました。
おっ、弘前駅にリゾートしらかみが入ってきました。「橅」。
オシャレです。
明日、運転されると嬉しいです。
画像

五能線、雪と風で、折り返し列車が遅れ。
13:06発が30分以上遅れました。
五所川原に到着。
通学の学生、寒い中、待ったんだろうな。
画像

線路が雪に埋もれていました。
画像

津軽鉄道の五所川原駅です。津軽鉄道のストーブ列車に間に合いませんでした。
画像

古い駅舎です。
画像

画像

五所川原の景色を表した版画。
画像


金木往復の切符を購入。
画像

行きは普通列車。
画像

画像

金木駅到着。とんぼ返りです。
太宰治生家は行けませんでした。
タブレット交換。珍しいです。
画像

ストーブ列車に乗りました。
画像

ストーブ列車の客車は、昔の客車。
画像

2台、ストーブが設置されていました。
画像

スルメを焼いてお酒を楽しんでいるお客様がいました。
和気あいあいで、短い時間を楽しみました。
案内役のお姉さまが、お客様が購入したスルメを焼いていました。軍手してスルメを押さえていました。そうしないと、スルメが飛んでいってしまうそうです。
画像

親切に記念撮影をしてくれたお客様がいました。昔のお姉さま達も写真に。
画像

外は、時折、吹雪。
画像

五所川原駅に戻り、五能線で弘前に戻りました。
ねぶたです。
画像

五所川原駅のホームで列車を待つとき、強風。猛烈に寒かった!
画像

画像

弘前に戻ってきました。陽が暮れると、一段と寒く感じました。
画像

どこか出かける感じではありません。夕食は、お弁当。
ホテルに直行。
大浴場で冷えた体を温めました。ほっ。

おやすみなさい。

○2018/1/26 金曜日
おはようございます。
秋田付近は吹雪の予報。
五能線、秋田新幹線をあきらめて、新青森に出て、東北新幹線で仙台方面に出る安全策をとります。

朝食を食べて、弘前駅07:26発青森行きに乗車。通勤時間です。混んでいました。
画像

新青森駅で駅員さんと会話。
昨日は、五能線は昼から運休があった。今日もどうなるか。
確実に仙台に行くならば、東北新幹線に乗る。と、確信しました。
盛岡まで、はやぶさ12号の指定席が取れました。
盛岡でやまびこ号に乗り換えて、福島に行ってみます。「地方鉄道に乗って名湯巡り!」を、テーマ設定します。

青函トンネルを通って、新青森に入ってきたはやぶさ12号。
画像

盛岡でやまびこ42号に乗り換えました。この列車は、釜石からの帰宅の時、乗りました。

福島で、福島交通飯坂線に乗りました。飯坂温泉外湯と一日乗車券のセットを購入しました。
画像

飯坂温泉で、まず、旧堀切邸に行ってみました。敷地内は雪景色。
画像

画像

画像

鯖児湯。温泉温度が46から47℃と、パンフレットに書いてあります。
今日は寒いので遠慮しました。
画像

温泉神社です。
画像

街で、こんなポスターを貼ったお店がありました。イカにんじんってどんなんだろう?
画像

波来湯(はこゆ)に行きました。
画像

熱湯(あつゆ)45℃。温湯(ぬるゆ)42℃。
温湯、熱湯の順で入りました。熱湯には30秒位で出ました。
熱いアルカリ性の湯。本物の湯、良いです。
画像

福島に戻りました。
画像

明日の上田行きの指定席を予約しました。東京行きはやぶさは満席でした。東北新幹線、たくさんの人が乗っていると想像します。
雪の影響で飛行機が飛んでいないのかとも思いました。

仙台に戻ってきました。
夕食、小坂さんに連れて行ってもらいました。花京院の「四季」。
せり鍋、美味しかったです。根っこまでついたせりを、鴨、ネギ、豆腐、エノキ、と食べます。スープは昨日から作ってくれたと聞きました。
画像

画像

イワシのフライ。柔らかく揚げてありました。
牡蠣フライ、抜群の味。

仙台はおしゃれな街です。
画像

帰り、夜の仙台も冷蔵庫でした。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


会津 只見線 2017/12/30 - 2018/1/1

2018/01/01 20:40
2017年末、冬の会津に行ってきました。
雪深い会津。静かな年越しでした。
画像

○2017/12/30 土曜日
午前2時です。
おはようございます。
本日宿泊する「会津野ユースホステル」での餅つきに間に合うよう、帰省ラッシュの時間帯の前に関東圏を抜けたいため、今までのなかで一番早起きをしました。

02:30出発。
東名、圏央道、東北道、磐越道を通り、07:30会津坂下ICで降りました。
幸いなことに、高速道路で雪が舞う中を車を走らせることなく、会津に到着しました。
時間があります。
JR東日本・只見線の塔寺(とうでら)駅に行ってみました。
無人駅です。
画像

上り08:09発、会津若松行き列車がやってきました。
画像

画像

乗降客はゼロでした。
画像

下り08:34発、会津川口行き列車が登ってきました。
1人降りた方がおられました。
画像

「会津野ユースホステル」に移動。
中田観音堂。修理改築中。山門にわらじが祀られていました。
画像

雪景色です。
勝沼で、ワインや葡萄栽培でお世話になっている、湖中さんご夫婦も到着されました。
画像

餅つきです。
蒸したもち米をこねる作業、実は難しいんです。コツがいります。
見てました。
画像

杵で餅をついていきます。
「会津野ユースホステル」の長谷川さんの長男がしっかり餅つき。
湖中さんはじめみなさん一回は餅つきをしました。
画像

できあがったお餅を、昼食にだしてくれました。
きなこ、餡子、ごま、納豆、大根おろし。
画像

これは、「つゆ餅」と言ってました。お椀の中のつゆに、白餅を入れてたべます。
会津の食べ方のようです。美味しかったです。
画像

湖中さんご夫婦と一緒に、奥会津に出かけました。
会津柳津(やないづ)駅で、上りの列車が来るので、一緒に駅まで行ってくれました。
雪が舞う中、列車がやってきました。
画像

無人駅なので、車掌が降りた乗客と切符のことを話していました。
画像

街のお饅頭屋屋さん「小池屋」へ。
画像

粟饅頭と栗饅頭を一個ずつ買い求め、お店の中で食べさせてくれました。
大根のつけものも美味しかったです。
画像

車を奥会津方向に走らせていただき、会津西方駅付近の第二橋梁で下り列車を待ちました。
二両編成の列車が来ました。
画像

車はさらに奥会津方面へ。
なんと、さきほど撮影した下り列車に追いつきました。
それも、アーチ橋のところで。
画像

そして、第四橋梁でも見ることができました。
画像

お疲れ様でした。
線路が途絶えている会津川口の先の大塩温泉に連れて行ってもらいました。
画像

無人の共同浴場です。昔は、川に近いところにあった炭酸泉。
ぬるい温泉に入った感じは、塩成分の温泉でした。
温泉を出たときはもう夕暮れ。
山越えで、「会津野ユースホステル」がある会津美里町まで戻りました。

夕食です。わっぱめし。桜肉(馬肉のことです。)のトッピングを選びました。
画像

風邪を引いたのか、朝早かったのか、体調良くありません。
夕食後、早く寝ることにしました。

○2017/12/31 日曜日

おはようございます。
会津の夜は、冷えました。
何度かトイレに起きたりしましたが、時間的には長く眠りました。
今、外は、零下3℃です。
画像

朝食です。パンが美味しい。ユースホステルの奥様が焼いたパンです。
画像

11:00の蕎麦打ちまで、時間があります。
会津本郷駅の近くの阿賀川の鉄橋に行ってみました。
二両編成の列車が橋を渡っていきます。
画像

戻って、池山先輩のお土産買い物をお手伝いしました。
途中、山の景色が素晴らしい。磐梯山です。
画像

一本、列車撮影。飯豊山がバック。
画像

撮影地点では、誰も取らなかった柿が寒そうでした。
画像

「太郎庵」。ここは、会津高田で有名なお菓子やさんだそうです。
私も、家族のお土産を買いました。
ラーメンを模したお菓子がありました。麺はモンブラン。スープは紅茶ゼリー。チャーシュー、なるとは、チョコ。
さすが、喜多方が近い会津です。
画像

お店の標語もよかったです。
画像


蕎麦打ちです。
十割蕎麦。蕎麦粉に熱湯を加えこねて、延ばし、切る。
つなぎがないので、難しいと思います。
長谷川さん、慣れています。湖中さんも上手です。
画像

さっそく昼食にいただきました。つゆは、鶏を入れた濃いめ。
少し太めの蕎麦とよく合いました。
画像

昼食後、喜多方に向かいました。
有名店の坂内食堂で、ラーメン。
幸いなことに、並ぶのは少々。
湖中さんご夫婦は肉そば。チャーシュー好きには堪りません。さっぱりスープ、太麺の上に、一面お肉。
私は、ねぎそば。
画像

帰り、津尻温泉に連れて行ってくれました。
秘湯のひとつでした。
お風呂から、滝が見えました。(写真は、廊下から。)
温まりました!
画像

ユースホステルに戻ります。
湖中さんの奥様である池山先輩が、下り列車があるということで、踏切に車を停めてもらいました。
会津高田17:18発の会津川口行きです。鉄道旅の方はこの列車で会津高田駅に降りると、ユースホステルの車で迎えに来てくれてピックアップしてもらえます。
私も何度か利用させていただきました。
画像

18:30から年越しパーティーです。
美味しい料理を用意してくれました。
ビールで乾杯!
画像

食事の後、横になって、NHK紅白歌合戦を見ながら、隣の食堂にいる湖中さんご夫婦のギター演奏を聴いていました。
音楽って、いいです。
画像

22:30、年越し蕎麦がふるまわれました。
23:00、近くの集落のお寺、神社に、皆で歩いて初詣に出かけました。
ここに三重塔がありました。正面の扉が開いていました。
文殊菩薩が祀られていました。
画像

山の上にある小さな神社に参拝。2017年、ありがとうございました。
除夜の鐘を、僧侶のあと、集落の人々と交代でつきました。
私は、煩悩が多いので?、七度つかせてもらいました。
画像


○2018/1/1 月曜日
年明けです。おめでとうございます。
お寺の本堂で、初詣しました。
2018年も、良い年になりますように。
画像

歩いて帰りました。風もなく、戻ると汗をかくほどでした。
小豆粥を少しいただき、お風呂に入り、汗を流しました。
体調は万全でないので、今晩も、このまま寝ることにしました。


9時起床。
あけましておめでとうございます。
池山先輩が造った雪だるま。
画像

10時から、おせちの朝食。
お雑煮が美味しい。
画像

「こづゆ」という会津の郷土料理も振る舞われました。
内陸の会津地方でも入手が可能な貝柱を出汁にした汁物で、正月や冠婚葬祭などハレの席で、必ず振る舞われるそうです。
ぎんなん、小さい麩がはいっていました。
画像

ありがとうございました。
湖中さんご夫婦に見送れら、帰宅しました。
画像

2018年も、旅を続けま〜す!

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


信州中野 2017/11/24-26

2017/11/26 14:55
画像


○2017/11/24金曜日
昨夜の天気予報では、朝方まで雪の予報。幸いに、雪は降りませんでした。
おはようございます。

朝食を食べて、宿の奥様に教えていただいたJA直売所「オランチェ」に行ってみました。
大人気です。9時開店前に長蛇の列でした。地元の方とお話。地元の方々にとって、新鮮な地元野菜を安く購入できるお店ということでした。
信州味噌、しなのゴールド、キノコを買いました。

ユースホステル仲間との待ち合わせに時間があります。
JR飯山線の上今井駅に行ってみました。
画像

畑の脇に植えられた柿。誰も採らないみたいでした。
画像

近くの神社。無形文化財の踊りがある集落でした。
画像

銀杏の大木。
画像

農家では、リンゴの出荷作業が行われていました。
歴史のある豊かな町です。
画像

河原さんから、オランチェに到着と連絡がきました。戻りました。
中野夫妻も合流。
昼食に、新蕎麦を食べに行きました。道から少し横に入った所にある「涌井せんたあ」。普通の民家です。
外はなんと雪。
画像

地元の蕎麦を食べました。大盛りの蕎麦。
量が半端ない多さでした。3人前はありました!
画像


「まだらおの湯」。冊子「物味湯産」を利用しました。
冊子「物味湯産」は、1300円。一年間有効で、今のは今日までに9箇所の温泉に入りました。
雪の景色を見ながら、露天風呂。
風情感じる湯となりました。
画像

河原夫妻の親戚のりんご畑に行ってみました。
立派なふじが実っていました。色づきがもう少しなんでしょう。今日の収穫作業はありませんでした。
柿の実をいただいてきました。干し柿を作ります。
画像

画像

街に戻って、珈琲。河原さんが、専門店があるのかと、インターネットで検索すると、お店が出てきました。ケーキも美味しかったです。
画像

またまた、温泉に行くことになりました。
移動途中に見えた野沢温泉方面。
画像

戸狩スキー場の温泉「暁の湯」。玄関の脇には、雪。
新しく、冊子「物味湯産」を購入しました。ここは、昨年購入し今日まで有効の冊子では、入浴済みでした。
黒ぽい透明の湯。
地元住民の憩い、挨拶の場所でした。
画像

夕食に、スーパーマーケット「ツルヤ」で、サンドイッチを購入しました。なにせ、昼食の蕎麦でまだお腹一杯です。
坂口さんが先に宿に到着していました。
夕食です。
画像

ニジマスを唐揚げ。丸くして、甘く味付けた「つぶらあげ」を持ってきてくれました。美味しかったです。
初めて食べました。
画像

鉄道大好き若者が宿泊。
電車が得意ということでした。115系の電車に詳しかったです。
現在の運用状況を聞かせてもらいました。

宿のご主人が話された「頸城鉄道」は、幼いころ、母に連れられて、信越線・直江津駅の隣駅の黒井から乗った軽便鉄道。
小さな蒸気機関車と箱のような木造客車。保存されているとのことでした。
母の生まれた故郷、再び訪れようと思いました。

鉄道模型を走らせるのもいいなと思いました。
画像

今日、ゆったりと一日を過ごしました。

○2017/11/25 土曜日
おはようございます。

昼食は、長野須坂ICの近くのレストラン「魚魚魚」で、食べます。
それまで時間があるので、長野電鉄の電車を見に行きました。
信濃竹原駅です。木造の駅舎。
画像

中にははいれませんでした。
画像

この駅は、単線運転の交換駅でした。
画像

信濃竹原駅と夜間瀬(やませ)駅の間に位置する橋で、電車を撮影しました。
画像

今日来られるメンバー冨田夫妻、橋本夫妻、沢木さんと、レストラン「魚魚魚」で合流。
海鮮丼。これも量が多かったです。
画像


須坂の街を歩きました。
画像

遠藤酒造。酒粕を購入しました。アンケートを書いたら、180mlの地酒「渓流」をプレゼントされました。
画像

元医者のお家。庭の樹は、白藤。
画像

パン屋さん。「ももふくふく」。由緒ある屋敷。美人のご姉妹がパンを焼いて販売していました。
店名の意味をお聞きすると、いっぱいの幸せという意味の「百福福」でした。
画像

画像

奥の庭に繋がる入口のあるお家。
画像

三輪トラックです。エンジンがかけらていました。珍しい!
画像

味噌、醤油で有名な「塩屋」。
画像

画像

骨董品市が開催されていました。
そのせいか?、着物姿の女性を街でみかけました。
画像

一昨日に行った間山温泉「ぽんぽこの湯」へ、皆で行きました。陽があるうちに来たのは初めて。雪を抱いた山々を見ながらの風呂。
良かったです。

夕食は、スーパーマーケット「つるや」で購入。
「かのか」に同乗者を送り届けて、折り返し、夕方の長野電鉄の列車を撮影しにいきました。
夕陽に輝く山の麓を走る電車。
画像

夕暮れの電車。元・小田急のロマンスカーでした。
画像

夜は、マサさんのお誕生日会。ケーキは、「りんごの木」のアップルパイ。
たくさんいただきました。
画像

談笑の中、時間は過ぎて行きました。私は、21時には、部屋に戻り、眠りにつきました。


○2017/11/26 日曜日
朝起きてみると、地面は白い。霜が降りたようです。
画像

朝食を食べて、まっすぐ帰宅しました。

ユースホステル仲間の皆さまにお会いでき良かったです。
ありがとうございました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


飯山線 2017/11/23

2017/11/26 14:25
信州中野に行ってきました。
ふじのリンゴを収穫するには、まだ色づきが浅いということで、収穫の手伝いは延期になりました。
鉄道と温泉を楽しみました。
画像

○2017/11/23 木曜日
朝3時に起床。
真っ暗の中、車を出しました。
横川サービスエリアで、眠くなり、車の中に入れてあった寝袋にはいり、眠りました。
2時間眠ってしまいました。

菅平を通って、須坂、小布施、信州中野へ。
真田氏の本拠地は、霧。山には雪。
画像

菅平は、畑に雪。
画像

長野県中野市に到着。
JR飯山線の替佐駅。
画像

週末、祝日に運転される、観光列車「おいこっと」に間に合いました。。
画像

長野行き上り列車を撮影するために、街に移動。
小路に道祖神。
画像

線路が、猫の通り道になっていました。
画像

今度は、左側のレールの上をずっと歩いていきました。
画像

替佐駅で撮影しました。
画像

冷えました。
中野市温泉公園「もみじ荘」に行きました。
昨年購入した冊子「物味湯産」を利用します。
受付のお姉さんに、リンゴを買えるところを聞きました。
今日から、フジの出荷開始。農協でお祭りがあり、リンゴの販売をやっていると教わり、入浴前に行ってみました。大盛況。
画像

地元住民が、家用を買っていました。購入したりんごを段ボールに積み替えて家に持って帰ります。
画像

私も。
画像

キノコ汁が振る舞われました。大きな鍋でつくられた味噌汁。お代わりしました。
ありがとうございました。
画像

戻って、温泉入浴。少し黄色がかった湯。
温まりました。

昼食は、飯山市の食堂「とみ」へ行きました。
鶏の唐揚げ定食。
から揚げ、ご飯ともに半端ない多さ。食べました!
画像

JR飯山線の列車を見ました。
画像

これは、線路検査車両です。たまたま出会いました。
画像

山の景色が綺麗。
画像


「いいやま湯滝温泉」で、二度目の温泉。冊子「物味湯産」を利用。
千曲川の横にある露天風呂もはいりました。

JR飯山線の上境駅付近。一両編成でした。
画像

飯山線は、千曲川の脇を走っていきます。
画像

JR飯山線の蓮(はちす)駅。
トンネルを通って下り列車が登ってきました。
画像

出発していきました。
画像

高社山です。紅葉も最後。もうすぐ、雪が積もり、冬。
画像


夕方、ゲストハウス「かのか」に、チェックイン。木の香りがする宿。節のある板が敷かれた床。
画像

今日三回目の温泉。山の上の温泉、間山温泉「ぽんぽこの湯」。かのかで、入浴券を安く購入させてくれました。
夜景を見ながら、露天風呂に入りました。

スーパーマーケット「ツルヤ」で買ってきた夕飯を、かのかの食堂で、食べました。お腹一杯。
朝早かったので、食べたあと、急に眠くなりました。
おやすみなさい。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


信州中野 りんご手伝い 2017/10/21

2017/10/22 18:59
長野県・信州中野へ、りんごの葉摘みのお手伝いに行ってきました。
画像


○2017/10/21 土曜日
台風が近づいています。
横浜は雨。
雨装備、寒さ対策をして出発しました。

信越道。軽井沢を抜けると、雨が小止み。
東部湯の丸SA。雲が厚いです。
画像

信越道を降りて、菅平を抜けて、信州中野に向かいました。
真田家発祥の地を通過しました。
画像

菅平湖。
画像

このあたりは、紅葉も後半。
画像

菅平から須坂に下ります。紅葉。
画像

須坂の街。
画像

小布施の街。小布施の栗は有名です。
画像

信州中野に入ってきました。
田んぼです。稲刈りが終わったところ、これからのところがありました。美味しいお米、嬉しいです。
画像

画像

長野電鉄の写真撮影モードになりました。
画像

画像

中山晋平記念館に行ってみました。
前がお寺と田んぼ。稲刈りが終わり、稲わらが干してありました。
画像

お地蔵様です。
画像


河原さんに合流。
昼食の後、河原さんの親戚のお家に連れていってもらいました。
今日は、りんご・ふじの葉摘みのお手伝いです。実の周りの葉を摘み取り、日光が当たるようにします。一か月後、赤い美味しいりんごになります。
画像

画像

休憩です。畑から山が見えました。
画像

葉摘みが終わっている樹では、真っ赤なりんごになっていました。
画像

上の畑の葉摘みは終了です。お疲れ様でした。
両手を常に上にあげて、葉を摘み取っていきました。結構、疲れました。
毎日、作業をしている農家の方々に、敬意です。

秋映、しなのスイーツのりんご2種、梨、柿をお土産にいただきました。
ありがとうございました。ジャムや干し柿を作ります。

ゲストハウス「かのか」にチェックイン。
中野市の温泉に行き、さっぱり。夕食を買いに、スーパーマーケットに向かいました。
長野電鉄の踏切で、電車に会いました。
画像

こちらの地方のお寿司を購入しました。
山のお寿司です。山の地方の具がのった、素朴な寿司です。
画像

明日、カヤック、自転車、登山がセットになった大会に出る方と同室。
がんばってください!
おやすみなさい。

○2017/10/22 日曜日
おはようございます。
台風の影響で、雨です。
画像

りんごのお手伝いは中止です。
ここのゲストハウス「かのか」のご主人も、鉄道がお好きです。
飯山線で活躍している気動車の鉄道模型が飾ってありました。
画像

台風のことを考え、早めの帰宅にしました。
途中の高速道路は、強い雨。気を使いながら、運転をしました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


勝沼ぶどう祭り 2017/10/7

2017/10/08 18:33
今年も、山梨県甲州市勝沼町でおこなわれる「勝沼ぶどう祭り」に参加しました。
NECで海外の仕事を一緒にした仲間とその友達で出かけました。

○2017/10/7 土曜日
おはようございます。
家を06:00に出て、二か所で、仲間をピックアップ。
調布から、中央自動車道で、勝沼へ。
雨が降っています。
雲が山より低い位置に漂っていました。
画像

「勝沼ぶどう祭り」の駐車場となっている勝沼小学校に到着。
歩いて、会場へ。
画像

画像

3人は、1000円で試飲ワイングラスを購入する列に並びました。
私は、甲州ぶどうを無料で配布する列に並びました。
画像

出展ワイナリーは、準備を完了しました。
画像

10:00、開会です。
今年も、ぶどう娘のコスチューム姿の女性から、甲州ぶどうをもらいました。
画像

列に並んでいる間にお話した、四国・松山から来られたご夫婦です。
四国内で転勤を多くしているとのことで、四国の話をお話してくれました。
勝沼のことをご説明しました。
お元気でご旅行なさってください。
画像

試飲グラスを販売しているスタッフの方々です。お疲れ様です。
画像

仲間は、ひたすら、試飲に回っていました。
ここ勝沼は、甲州ぶどうの産地。白ワインが圧倒的に多いです。
仲間は、美味しい!と、すべてのワイナリーのワインを試飲していました。
大満足とのことでした。
画像

画像

私は、運転手。飲めません。珍しいマグナムボトル(720mlの2倍)がありました。
購入しました。

人の密度、流れを測定している会社の方々とお話をしました。
画像


あとで聞いたところでは、勝沼ぶどう祭りでは、無料配布ぶどうは、甲州ぶどう2トン。無料配布ワインは、一升瓶1000本を使ったそうです。
この費用は、町のすべての家庭から2000円の寄付を集めて、まかなったと。
町のみなさん、ありがとうございます!

昼食は、どこも混雑していると予想。
勝沼ぶどう郷駅前の食堂「銀月」に移動しました。
おばちゃんに、「ぶどうが食べたい。」と、お願いすると、ぶどうを出してくれました。
もちろんメニューにはありません。ご馳走様でした!
画像

いつもの、ほうとうを注文。馬刺し付き。おにぎり付き。
美味しい!
画像

お腹もいっぱいになりました。
画像

ジャムや農産物を購入しに、車で勝沼町をまわってみました。
私は、無人販売所で、甲斐路(ぶどう)を購入。カフェで、かぼちゃ、ピーマン、も購入しました。

ぶどう農家「ぶどうばたけ」=「菱山醸造」に寄ってみました。
2名は、すでに酔っ払っていて、車の中で、爆睡でした。
社長の三森斉さんが、丁寧に、ワイン造り、ここまでの経緯をお話してくれました。
画像

ぶどうの破砕機。
画像

すべて手造りで、ワインが造られています。
私たちは、ラベルの無いワインと呼んでいます。

「ぶどうばたけ」のぶどうは、すごく美味しいです。
3種類出してくれました。食べる順番がありました。
画像

町で見かけた冊子に、「ぶどうばたけ」のいろいろなぶどうをレーズンにしたものは、JR東日本の豪華寝台列車「四季島」で採用されています、と、出ていました。
画像

辛口の甲州白ワインは、JR東日本の豪華寝台列車「敷島」で、飲まれていますとのこと。
画像

ありがとうございました!
画像


勝沼ぶどう郷ユースホステルにチェックイン。
落ち着く!

ユースホステル敷地内のぶどう「アジロン」をつまみ食い。なかなかです。
この品種は、食べても美味しい、ワインにもなります。
画像

温泉入浴割引券をもらい、ぶどうの丘にある「天空の湯」へ。
ぶどうのシャンプー、ボディーソープで、しっかり洗いました。
外は、夕暮れになっていました。
画像

ユースホステルで、少しのんびり。
画像


夕食は、山の中のレストラン「エリソン・ダンジュール」へ行きました。
勝沼ぶどう郷ユースホステルのオーナーの小西さんが送迎してくました。
真っ暗の中に、レストランがありました。
画像

ワインは、私がぶどう栽培をならっている奥野田ワイナリーを飲もうと思っていたところ、
奥野田ワイナリーの瓶内二次発酵のスパークリング「フリザンテ」を仲間が指名。
みなさん、わかってきたようです。(笑)
画像

画像

2番目は、「はなみずき」。
お料理は、いつも美味しいのをだしてくれます。
画像

画像

画像

画像

デザート、最後の珈琲をいただいて、ディナーコース完了!
画像

もう動けないくらい、お腹いっぱい。酔いました。
小西さんが迎えにきてくれました。
仲間は、ユースホステルに戻ると、まっすぐベッドへ。
おやすみなさい!

私は、小西さんと会話をして、ベッドへはいりました。
今日一日、お疲れ様でした。

○2017/10/8 日曜日
おはようございます。
昨夜眠りについてすぐに、エリソンの奥様から電話がありました。
だれか、上着を置き忘れた。
朝食をとって、受け取りにいきました。
出発。
画像


飼っている山羊が遊んでいました。
出会えてよかったです。
画像

JAに行って、野菜を購入。たくさんの野菜が並んでいました。農家が出展する形式でした。
画像


中央自動車道の勝沼ICに近い、ワイナリーの丸藤に寄ってみました。
前の大農家屋敷を改造して、新しいショップにしてありました。
昔の民家をイメージして、木、茶色で統一されていました。
画像

画像

晴天の下、帰宅しました。





記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3


塩山、勝沼 2017/9/23

2017/09/24 11:07
NECを退職し、6/1からオリックスグループのオリックス・レンテックに就職しました。
オリックス・レンテックのメンバーが、はるばる?塩山、勝沼に来てくれました。
ご案内しました!

○2017/9/22 金曜日
週休三日の一日です。
車を、今日中に、勝沼にもっていきます。

国道16号で橋本。そこから、津久井湖、相模湖を通って、国道20号で、勝沼入り。
勝沼ぶどう郷ユースホステルにチェックイン。
同室の登山愛好家、食堂におられた方と、KIZANの甲州白ワインを呑みました。
KIZAN、美味しいです。


○2017/9/23 土曜日
雨もあがり、雲海。
画像

おはようございます。
外にでてみました。
画像

画像

写真左手の大きな樹は、三光寺の樹齢400年の大杉です。
画像

登山愛好家を勝沼ぶどう郷駅に送り、塩山駅へ。
会社のメンバーが、臨時特急あずさ51号で塩山に降り立ちました。
画像

画像

ようこそ。昨夜のKIZANの甲州白ワインを朝まで冷やしておきました。
みなさんに一杯ウェルカムドリンクを呑んでいただきました。

まず、武田信玄の菩提寺である恵林寺(えりんじ)に行きました。
画像

近くの機山洋酒へ。「KIZAN甲州白」は、売り切れでした。人気です。
赤がありました。スパークリングがありました。メンバー購入。

次に、葡萄栽培を習っている奥野田ワイナリーへ。
画像

富士通さんの温度、湿度、日照の測定装置を見学。
画像

中村社長がおられ、説明してくれました。
画像

この輝き、すばらしいです。
画像

この樽は、ものすごく高いものとお聞きしました。
画像

日本の樽を造る夢、計画が着実に実行されているのをお聞きできました。

ヨーロッパに通じる素晴らしいワインを造っている奥野田ワイナリー。
にごり瓶内二次発酵「フリザンテ」、メルローなど、メンバーは購入。
ありがとうございました。

雨宮のおばあちゃんのお家を訪問。
畑で、採りたての幻の葡萄「ブラックオリンピア」を食べさせてくれました。
画像

画像

画像

お家では、冷たい麦茶とお茶菓子のもてなしを受け、ジャムをつくる葡萄を分けてくれました。
茄子もいただきました。
いつもいつも、ありがとうございます。

時間があります。池田ワイナリーに行ってみました。!
途中、無人販売の葡萄を購入。甲斐路がありました
試飲をさせていただき、各自お好きなワインを購入。スパークリングがありました。
画像

勝沼ぶどう郷駅に、昨夜KIZANを呑んだ方を送り、会社メンバーをエリソン・ダンジュールにお連れしました。
看板もなく、ちょっとした山奥のところにエリソン・ダンジュールはあります。
会社メンバー、驚いていました。
緑の森の中、陽が射し、落ち着く雰囲気でした。
画像

会社メンバーは今日行く予定がない丸藤「ルバイヤート」を呑みながら、私は桃ジュースを飲みながら、いつも美味しい料理をいただきました。デザートの瓶にはいったヨーグルトは秀逸でした。また食べたいです。
パンも大好評でした。
画像

画像

画像

画像

山羊を飼っていました。
画像

食事の後、葡萄農家のぶどうばたけへ。
菱山醸造をやっています。白ワインをつくる工程を説明いただき、試飲。手作りのワインは好評でした。
辛口白、ロゼが人気。

中央葡萄酒に行きました。「グレイス」。
世界に向けた甲州ワイン。受賞しています。これを買いました。
画像


勝沼町の珈琲が飲める食堂で、休憩。
農家もやっているので、デラウェア、茄子、ピーマンを購入。
おばちゃん社長が、ものすごくおまけをしてくれました!会社メンバー、大喜びでした。

ガラス館を見学。
画像


会社メンバーを塩山駅に送りました。
みなさん、たくさんのお買い物(ワイン、ぶどう、農産物)を背負って、駅に向かわれました。
塩山、勝沼の一部を知っていただけと思います。

私は、居残り。中央道が混むので、夜になってから帰宅しました。
温泉のあと、ぶどうばたけさんでの農援隊長の湖中さんご夫妻と、サンキング・カフェで夕食をいただきました。
湖中さんご夫妻は、今日も、ぶどう狩りに来られたお客様対応をなさっていました。
画像

レコード音楽が流れ、地元の若い方々が来られていました。葡萄栽培のプロもおられました。お話、有益でした。
画像

夜21時。星空の下、勝沼を離れ帰宅しました。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


水上 2017/9/9-10

2017/09/10 19:02
青春18切符を使って電車で移動し、谷川岳ラズベリーユースホステルに宿泊しました。
画像


○2017/9/9 土曜日
おはようございます。
月がまだ出ていました。
画像

バス停までの道に、秋の花が咲いていました。
画像

鴨居駅から横浜駅へ出て、湘南新宿ラインに乗りました。
画像

高崎駅到着。コンコースに、古い碑の模型が飾られていました。埋もれている遺産を紹介してくれるの、いいです。
画像

「SLみなかみ」の運転がありました。駅の中に戻ってみました。今日は、D51と古い茶色の客車でした。
お子さんから、お年寄りまで、わくわくしている雰囲気がありました。
私も、蒸気機関車を見ると、わくわくします。(笑)
画像

画像

車で移動した河原ご夫妻にピックアップしてもらいました。
車は、沼田から東に入り、日光方面へ。
希望した竹屋で、釜めしを食べました。美味い!
画像

次は、沼田近くの珈琲店に行きました。
このあたりでは、有名なお店のようです。毎日、自転車で数十km走らせている男性が、走り終わって、お店に来ていました。
画像

天気がよく暑かったです。
水上駅近くの旅館に連れて行ってもらいました。
温泉、しかも湯舟から上越線が見えるということです。
ぬるめの湯に浸かり、上りのSLを待ちました。
画像

SLが汽笛を鳴らし、視界の中を走っていきました。小さなころ見た、汽車が走っていく風景でした。
画像

ユースホステルに到着しました。
谷川岳がしっかり見えました。
画像

秋の雰囲気です。
画像

バーベキューの準備です。みなさん、大活躍でした。
火起こし。河原進さんが担当。
画像

準備が終わりました。
e-ba-さん(河原映子さん)の音頭で乾杯!
画像

画像

たくさん食べて飲みました。
画像

画像

ハウスの中にはいるとき、玄関に、かえる。毎夜、出てくる家族?だそうです。
画像

今夏の青春18切符、五回分使いました。普通電車、たくさん乗りました。
画像

みなさんと楽しく会話を楽しんだあと、部屋に戻り、眠りました。さすが、水上です。涼しかったです。

○2017/9/10 日曜日
朝6時起床。
昨日の片づけ、窓の清掃を、総力をあげて、おこないました。
お疲れ様でした。
画像

朝の谷川岳をスケッチする女性もおられました。
画像

画像

新潟のワイナリーが協賛するぶどう祭りに、浦佐まで連れていってもらいました。
マネージャーの曽原さんの家族、近所の家族も一緒です。
画像

ぶどう祭りの会場に到着。越後ワイナリーの横でした。
藤稔という品種のぶどうを一房、自分で切り取って持ち帰りました。
画像

シャルドネも、好きな房を切り取って持ち帰りました。
画像

みんなで、出店のチキンを昼食でいただきました。
画像

少し早めにみなさんと別れ、浦佐駅を目指し歩きました。駅前で、河原ご夫妻の車が来てくれて、越後湯沢駅まで送ってくれました。ありがとうございました。
画像


普通のものですが、美味しいものを食べれるのは嬉しいです。
こういう旅、一日も良かったです。
会社のつながりとは別の仲間って、ありがたいです。
いつも感謝しています!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


南東北  2017/8/25-28 後半(気仙沼、陸前高田、釜石)

2017/08/28 17:27
○2017/8/27 日曜日 気仙沼、陸前高田、釜石

津波にあった陸前高田中学校が残っていました。
画像

------------------------------------------------------------------------------------
おはようございます。
雨です。しっかり降っています。
温かいごはんの朝食を食べて、出発しました。温かいごはんの朝食、落ち着きます。
画像

仙台駅の松島方面の列車は、大混雑。イベントがあると想像しました。
画像

東北本線 小牛田(こごた)行きに乗車。
小牛田で、石巻線に乗り換え。
前谷地で下車。日曜日です。お店は閉まっていました。人も少なかったです。
画像

気仙沼線は、線路がありません。バスです。気仙沼線・大船渡線BRT(バス高速輸送システム)です。
画像

途中、鉄道が通った橋が見えました。
画像

線路を取り払ったところを道路にして、バスを走らせていました。
画像

使われなくなった駅。
画像

画像

2時間30分かけて、気仙沼。
バスは、駅内の旧ホームに到着しました。
大船渡線の一ノ関からの、ピカチュウの気動車が来ました。
画像

陸前高田行きバスに乗り換え。
画像

陸前高田中学校の校舎。
画像

奇跡の1本松が見えました。
画像

陸前高田は、一番、被害が大きかったように思えました。
画像

画像

陸前高田駅。線路はありません。
画像

盛行きバスに乗り換えました。
リンゴの木が実をつけていました。
画像

やっと盛(大船渡)に到着しました。
画像

食べるところがあるかな。
駅前の大きな道の向こうに、ステキなカフェがありました。
カレー、コーヒー、美味しかったです。
画像

ここから、三陸鉄道 南リアス線に乗りました。
画像

クウェートから支援をいただいています。
画像

海岸線を走っていますが、山が海岸線まできています。緑が豊か。トンネルが多いです。
画像

海が見えました。
画像

恋し浜駅では3分停車。
画像

画像

盛り土をして、線路を敷いています。
画像

防波堤は高い。
画像

釜石が近づいてきました。
画像

釜石に到着!
新日鐵住金 釜石製鐵所。
画像

震災の時、高さ1mくらいまで、水が上がったのがわかりました
画像

観光案内所で、夕食を食べることのできる場所を教えてもらいました。
ホテルにチェックイン。
駅構内にJRの気動車がいました。花巻から遠野を通って釜石に来る釜石線。
画像

仮設の食堂、釜石はまゆり飲食店街に出かけました。
画像

魚貞食堂に入りました。
スリッパに履き替えました。リラックスできます。
画像

ホヤが入った海鮮丼。新しいホヤは美味しい!
画像

世界の地震可能性の地図が貼ってありました。赤の帯が地震帯。陸地に近いのは、日本、インドネシア、ニュージーランド。
画像

ご主人と、三陸鉄道はトンネルがたくさん、岩手県は広い、まだ行ったことがない所がたくさんある、など、地元の話をしました。

釜石の言葉。
「屈せず撓まむ(たわまむ)心で釜石の元気を発信」
画像


大浴場で足を伸ばして入浴。
のんびり過ごしました。

○2017/8/28 月曜日 釜石
おはようございます。
エアコンをドライモードにして眠りましたが、風があたるところは涼しい。
うまく調整できませんでした。
朝食を食べて出発。

08:30の快速に乗ります。
改札を、08:10に開けてもらえるようにお願いしました。列車の撮影します。
快速です。3両編成。3号車が指定席車両でした。
画像

釜石線は、山の鉄道です。
画像

陸中大橋駅。対向列車とすれ違いです。
画像

釜石鉱山から鉄鉱石を貨車に積み込んだ遺跡がありました。
台湾で同じものを見たことがあります。
画像

峠越えです。登ってきた線路が眼下に見えました。
画像


遠野を過ぎました。
軽便鉄道のトンネルが残っているとパンフレットに書いてあります。
肉眼で確認できました。

めがね橋(宮守川橋梁)を通過。
下の道の駅から、列車を撮影したことがあります。
画像

平野に出ると、田んぼ。その中に、そばの花が咲いていました。
画像

岩手軽便鉄道の始発駅だった駅。宮沢賢治の世界です。
画像

新花巻に到着します。
画像

東北新幹線に乗り換えて、東京、横浜に帰りました。
画像

現地に行くと、事実を認識します。
変化したことを確認できます。

宮城の平野で、稲作が復活。感動しました。
学生の時に訪ねた陸前高田。
大規模の復興が進んでいました。
もう、線路がこの街には来ない。残念です。

ステキな人達に出会えました!
つながっていきます。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


南東北  2017/8/25-28 前半(山元町、石巻、女川)

2017/08/28 16:37
宮城県亘理郡山元町の苺栽培の農業生産法人株式会社GRAを訪ねます。
そのあと、石巻、気仙沼、陸前高田、釜石と訪ねます。
画像

○2017/8/25 金曜日
朝5時、起床。
家事して出かけました。横浜馬車道十番館のお菓子を持って。
画像

青春18切符を使って、在来線を乗り継いで、宮城県亘理郡山元町のGRAがある常磐線山下駅まで行きます。

鴨居、横浜、宇都宮、黒磯、郡山、福島で、電車に乗り、東北本線を北上。
画像

那須付近は、曇り。雨。
画像

白河の城。
画像

常磐線乗換駅の岩沼駅で途中下車。
東北本線は開通130周年。すごいです。
画像

有名なラーメンを食べに行きました。
注文したのは、塩ラーメン。レモンのスライスがのっていました。サッパリ感。
画像

厨房の方と、ラーメンや街とことをお話ししました。
画像


常磐線を南下。単線でした。
苺ハウスが見えてきました。
画像

山下駅で下車しました。横浜から、7時間。時間がかかりましたが、こういう普通列車の移動による方法でも、山元町に来れるのを確認できたのはよかったです。
画像

駅前に、鯛焼きの出店がありました。
お土産に焼いてもらいました。
画像

歩いてGRAに。
稲が実っていました。塩が少なくなったのでしょう。震災から6年。素晴らしいです。
あとで聞くと井戸水はまだ塩が残っていて、使えないそうです。
画像

苺の生産法人GRAに到着しました!
画像

皆さん、お元気で何よりです!
鯛焼きが、美味しい!
画像

副社長の橋元洋平さん、越智さんと記念撮影。
画像

画像

今晩は、ミガキハウスに宿泊します。
洋平さんに、ミガキハウスまで、車で送ってもらいました。
海が見えました。
画像

スタンフォード大学で、文化人類学研究の博士課程大学院生がいるはず、と、聞きました。
いました!
ミガキハウスの玄関を開けてくれました。
画像

名前は、アロン。
日本の勉強しに泊まっていると説明してくれました。
画像

夕食まで、地球環境、日本の文化、現在の日本、アメリカのこと、話しました。

須藤さんが帰られました。
ボランティアの土屋夕紀さんと一緒に、夕食を作ってくれました。
画像

さすが、須藤シェフ。美味しい!
画像

画像

食べながら、お話ししました。
ミガキハウスに桜を植える。
須藤さん、東日本大震災の時、工場を動かし、温かいご飯10,000食を、気仙沼に届けられた。
土屋夕紀さんは、元警視庁勤務。
NECのパソコンを使ってたとのこと。
画像

アロンは、研究費で、日本を、環境問題を、勉強している。
アロンが、須藤さんに、スタンフォード大学の周りに、日本レストランを開設するのを、勧めていました。
私は、スタンフォード大学にアロンを訪ねて行く可能性をもらいました。
画像

皆さん、ステキな生き方されています。

夕食の後は、花火。
久しぶりでした。
画像

画像

画像

シャワーを浴びて、ゆったり。
音楽を聴かせてもらい、二階の部屋を使わさせていただき、眠りました。


○2017/8/26 土曜日
朝起きたら、雨。
画像

落ち着いた朝です。
須藤さんが、温かいご飯の朝食を作ってくれました。
画像

土屋さんに見送られ、須藤さんに山下駅まで車で送ってもらいました。
ありがとうございました。

仙台で、仙石線に乗り換え。
雨が止みました。
海が見えました。
画像

松島航空自衛隊基地がある駅に昔のジェット戦闘機が飾ってありました。明日、お祭りのようです。
画像

石巻。漫画サイボーグ007だったか、石巻章太郎さんの街ですね、ここ。
画像

震災の時、水が腰上まできているのがわかりました。
画像

貨物の入れ替えのために、ディーゼル機関車DE10が働いていました。
画像

さらに先の女川まで、行ってみました。
海が綺麗でした。帆立貝の養殖をしていました。
画像

女川に到着。
女川は終点。手前側が海です。線路はここまで。
画像

港です。
画像

お洒落な街が作られていました。
人が集まってきていました。
復興の一つの成功例ではないかと思ったました。
画像

画像

駅前に温泉がありました!
入りました。今日は26日。半額でした。サッパリ。温泉、良いです。
画像

工事は続いていました。
画像

折り返しの列車で、石巻、仙台を経由して、太子堂へ。
画像

ユースホステルの道中庵があります。
昔の庄屋さんの家のようです。和の宿。
画像

画像

仙台で、NECネットイノベーションの小坂さんと食事です。
山梨のワイン、海外でのボランティア、日本での仕事など、話し合いました。
充実した時間を過ごしました。お世話になりました。
画像

電車で太子堂に戻り、お風呂。
木の香りがする。
なかなかよかったです。

部屋でゆったり。和室8畳を個室になりました。
画像

洗濯して、布団を敷いて、横になりました。
気持ち良い疲れ。
おやすみなさい。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


井伊谷 2017/8/12

2017/08/12 22:30
NHK大河ドラマ おんな城主 「直虎」が、生涯を過ごした井伊谷を訪ねました。
お盆の期間のせいか、大混雑でした。
人気あります、井伊直虎!

○2017/8/12
朝4時に起きました。
雨の中、鶴ヶ峰駅まで歩き、横浜行き始発電車05:02に乗りました。
画像

横浜からは、青春18切符を使って、東海道線を下り、掛川まで行きます。
05:28小田原行き。15両編成。
画像

途中、13号車のドアが故障。国府津駅で、15分以上停まりました。
小田原に着いた時は、接続予定の熱海行きは出てしまいました。
後ろから来た東京発沼津行に乗車。10両編成。満員で、座ることができませんでした。
曇り。相模湾が見えました。海は大きいです。
画像
 
丹那トンネルを通過。
三島駅で、島田行きに乗り換えました。07:33発。5両編成。座れました。
静岡駅で、浜松行に乗り換えました。08:49発。3両編成。トイレはついていません。
お盆の季節、青春18切符を使っての長旅予定の方で多くの人が移動。そのなかで、車両数がだんだん少なくなっていく。
混雑が増しました。トイレ欲しかったです。

掛川に、09:21に到着しました。
天竜浜名湖鉄道に乗ります。
09:29発 区間快速「井の国」1号に間に合いました。一両編成のディーゼルカーです。
直虎1Dayパス(2300円)を購入。
画像

途中、行き違いの列車です。
画像

天竜二俣で、6分間停車の中、外に降りて、列車撮影。直虎ラッピングカーでした。
画像

この線は、旧国鉄の二俣線。海岸沿いを走る東海道線が空襲で破壊されたときを考慮して、山側に造った路線です。
画像

気賀に10:52着。
画像

画像

気賀は、昔、浜名湖の北側に位置していたようです。
歩いて5分のところに、船着き場があったと書かれていました。行きませんでした。

大河ドラマ館。入館に列をなしていました。
画像

俳優の写真が多く並び、みなさん立ち止まって見ていました。

臨時の遠鉄バスに乗って、井伊谷にある龍潭寺(りょうたんじ)へ。
井伊家の菩提寺です。
山門。
画像

東門(旧鐘楼堂)。
画像

本堂の中。
画像

画像

画像

画像

龍潭寺庭園。
画像

庭園の真ん中に位置する中心の石。
画像

左右にある仁王の石。
画像

亀の石。
画像

井伊家御霊殿。
画像

井伊家墓所。
24代の直虎の墓は、写真の左側の小さな墓の内、奥から2番目です。
画像

この寺は、徳川四天王になった井伊直政(虎松)の産まれたところでもありました。
画像

直政の墓は、小さな墓の内、一番手前。
画像

暑いです。熱中症になりそうでした。ペットボトルの水を緑の木々の中で飲みました。
画像


バスで気賀駅に戻りました。12:24着。
浜名湖の北を通る、12:21発の新所原行きは乗れませんでした。
12:29発の天竜二俣行きで戻りました。
画像

西鹿島で、遠州鉄道に乗り換えました。新浜松行。
画像

車内の床。ここまでやっていました。
画像

車内のシートの端。
画像

浜松駅に出ました。大都会でした。
画像

浜松駅の東海道線下り、豊橋行き。まだ、多くの人が乗車していました。
画像

上りも、出発時には似たようなものになりました。
浜松から、静岡行き、熱海行き、高崎行きの列車を乗り継いで、夕方、横浜駅に戻ってきました。

行ってみると、地理的距離、土地の高低、家系、がわかり、良かったです。
車内の様子から、青春18切符を使っていると思われる人が結構いて、旅の移動方法をそれぞれ工夫しているのが伝わってきました。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


五島列島  後半:2017/8/7-9

2017/08/10 09:21
○2017/8/7 月曜日
おはようございます。
台風の影響は、幸いなことに受けていません。
画像

朝食をいただき、出発。
高浜ビーチの隣に位置する貝津港へ車を走らせました。
ここから、一便の船で、離島の離島である嵯峨島(さがのしま)に、渡ります。
日本西側の国境の島です。地図で、「嵯峨島」を入力してみてください。この先の西側に島はありません。
二便は、嵯峨島の学校で給食がない日は運休するという航路です。
画像

画像

画像

小さな桟橋には、魚がたくさんいました。水が澄んでいました。
画像

船が出て、嵯峨島が近づいてきました。
画像

嵯峨島旅客船「さがのしま丸」で嵯峨島に上陸しました。
乗るときは乗船券を船員に渡し、船を降りるときは上陸券を渡します。
画像

島で一軒の雑貨屋の中村商店で、電動自転車を借りて、周囲12kmの島巡りをしました。
画像

画像

アコウの木。
画像

嵯峨島教会。
画像

千畳敷。
画像

男岳。
画像

女岳火口。
画像

港に戻ってきて、簡易郵便局。
画像

くたびれました。中村商店で、小玉すいかを売ってもらい、座敷で食べさせてもらいました。
画像

画像

玄関に猫二匹。
画像

この島は、火山の島であることがわかりました。掘れば、温泉が出てきそうです。
桟橋には、トンビでしょうか、大きな鳥が留っていました。
画像

三便の船で、貝津港に戻りました。

高浜ビーチに行ってみましたが、今日は遊泳禁止でした。
隣の頓泊ビーチは、遊泳可でした。
画像

昨日行った、荒川温泉で、汗を流しました。
食堂に行ってみましたが、午後2時を過ぎていて、昼食を食べることができませんでした。

富江にあるお花のお店「小原生花店」を訪ねました。
房野さんの同僚のお姉さんが経営しているお店です。
画像

画像

近くのスーパーで買ってきたパンやつまみで昼食を食べていると、魚屋さんで作ってくれた刺身をだしてくれました。
ちょっとした居酒屋になってしまいました。おもてなし、ありがたいです。
画像

夕陽を見に、大瀬崎灯台に向かいました。
途中、井持浦(いもちうら)教会ルルドに寄りました。
画像

ユリが綺麗に咲いていました。
画像

国境の岬、大瀬崎灯台です。
画像

午後7時、夕陽を見ることができました。
画像

暗い中、民宿に戻りました。
今日は、満月でした。
画像

途中、道の脇に、角がしっかりはえた鹿をみかけました。
夕食は、五島牛のステーキ。美味しくいただきました。
画像



○2017/8/8 火曜日
おはようございます。
福江港から船に乗って、奈留島に渡りました。五島旅客船「ニューたいよう」。
画像

画像

奈留島の港。
画像

電気自動車を借りて、江上天主堂を見に行きました。
画像

説明の方がおられました。
高床式、中は空気が流れるようにして、湿気をすこしでも防ぐ木造建築です。
画像

当時、隣村をあわせて50軒の家で、5000円(今のお金で1億円)を捻出して、建てたそうです。
今は、人口が減り、信者一軒のお家が守っているとのことです。
悲惨な歴史も語ってくれました。

天主堂前の海です。岬の先端に、ビーチロックというところがあるようです。
画像

ビーチロックに行きました。海岸の小石が石灰成分ですべてつながっていました。自然のコンクリートです。
画像

港方向に戻り、奈留高校を訪ねました。
昔は、福江島の五島高校の分校。独立。生徒がラジオ番組を通じ、荒井由美と交流が始まり、学校の愛唱歌を作ってもらった高校です。
ユーミンの歌碑。
画像

離島は、なかなか食事をとるところがありません。
旅館に併設された食堂で昼食をとりました。

午後2時の船で、福江島に戻りました。
買い物をして、早めに、福江島の五島つばき空港に行きました。
午後5時、大粒の雨粒が降ってきました。
今まで、台風が離れて行って雨が降りませんでした。
長崎行きのプロペラ機が到着し、離陸していきました。
画像

午後6時、雷が発生。暗くなってきました。
我々が乗る飛行機が福岡を出ていないとの情報。天候回復待ちです。
ものすごい雷。
午後7時。本来ならば、福岡行きの飛行機がでる時刻です。
今度は、「滑走路の誘導灯に落雷し破損、修理ができるまで、福岡からの飛行機は上空で待機します。」とのアナウンス。
修理が終わり、「着陸を試みます。」とのアナウンスに、神に祈りました。着陸してください!
着陸できました。離島の旅は、天候に相当左右されるのを実感しました。
予定より、1時間以上遅れて、ANA福岡行きの飛行機に乗れました。プロペラ機DHC-8でした。
画像

雨の福岡に到着した時は、外で食事をする気にもなれず、ホテルに向かいました。

○2017/8/9 水曜日
おはようございます。
お土産を買って、博多駅ビルの「くうてん」にあるフルーツショップ「キャンベル・アーリー」を訪ねました。
画像

画像

中尾社長が来てくれました。
みんなで、旬の美味しいフルーツをいただきました。
フルーツでお腹いっぱいになりました。
お世話になりました。ありがとうございました。
画像

画像

画像


地下鉄で福岡空港に出て、羽田行きJALに乗りました。


離島の歴史、文化、食べ物、経験できよかったです。
仲間との旅、一人旅にはない良さがたくさんありました。
お疲れ様でした!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


五島列島 前半:2017/8/5-6

2017/08/10 08:31
長崎県 五島列島の福江島を訪ねます。
一人旅ではありません。
NECでオーストラリアの仕事を一緒にした、池上さん、房野さんと一緒です。
話し相手がいるのが嬉しいです。(笑)

○2017/8/5 土曜日
羽田からANAで、長崎へ。
長崎は、暑い!
市電が走っていました。
画像

池上さんが、長崎駅で待っていてくれました。
3人揃いました。
ビジネスホテルにチェックインして、長崎港に行ってみました。
画像

坂本龍馬の靴を再現したもの。さすが長崎です。
画像

明日8/6の福江島行きの船が、台風5号の影響で欠航になる可能性が高いことがわかりました。
福江島の民宿「あびる」に電話をして、一日前だけど宿泊したい旨を告げて、宿を確保。
私と房野さんは、今日中に福江島に渡ることに決め、荷物を取ってきて最終便のジェットフォイールに乗りました。
画像

池上さんは、亀山社中に行く用事があるので、長崎滞留。
船は、途中の島には波のせいで寄れないということ。速度を抑えて(と感じました。)、福江島に直行しました。
それでも貨物船を追い抜いていきました。
画像

日没前の18時に福江港に到着しました。
画像

レンタカーを借りて、居酒屋で夕食を食べ、民宿に向かいました。
夕焼けが綺麗。
画像

早めに眠りました。


○2017/8/6 日曜日
おはようございます。
晴れています。
部屋から、海、山が見えました。
画像

朝食を食べて、高浜ビーチへ。
水ノ浦教会です。日曜日08:30、ミサが行われていました。
女性は、ベールをかぶり、お祈りしていました。
画像

高浜ビーチは、綺麗なビーチです。
画像

房野さんは、シュノーケリング。
画像

画像

私は、かなづち。泳げないので、三井楽の集落を訪ねました。
まず、魚籃観音のある丘の上へ。
画像

高浜ビーチ全体が見えました。
画像

東シナ海です。
画像

漁港では、筏の修理をしていました。
撮影は、許可されませんでした。
明日、出かける予定の嵯峨島(さがのしま)が見えました。
画像

三井楽教会です。岩陰にマリア様が立っていました。
長崎・大村藩の民が移り住んだ島でのキリスト教。歴史は、迫害の連続です。
画像


遣唐使が、お詣りした神社です。
画像

昔は、ここから川になっていたようです。ふぜん河、と名前がありました。今は、路地です。
ウナギ塚がありました。
現在の港です。
ここから、遣唐使が海を渡り、文化を日本に持ってきてくれたと思うと、感慨深いです。
画像

高浜ビーチで、房野さんをピックアップして、荒川温泉へ。
源泉は66℃のアルカリ温泉。少し熱めの湯で、汗を流しました。

島の西側から、東側へ移動。
港のイタリアンレストラン「BIANCO」は予約でいっぱい。
画像

途中、魚直売場があり、寄ってみました。大きな魚がいけすで泳いでいました。
画像

堂崎教会を訪ねました。江戸時代からのキリスト教禁教令廃止以降、五島列島で最初に建てられた聖堂です。今の煉瓦の建物は、明治41年に建てられた五島最古の洋風建築物です。
画像

二十六聖人のひとり、五島出身の聖ヨハネ五島の像です。調べると、聖骨(遺骨)は、マニラからここ堂崎教会に戻っているようです。
画像


今日、フェリー昼便1便が運航することが決定され、池上さんが乗ることが決定。福江港に迎えに行きました。
遅い昼食は、五島牛を使った定食。
画像

港近くの福江城跡です。
立派な石垣が残っていました。
画像

蓮の花が咲いていました。
画像

城の中に、五島高校がありました。立派な城門です。
画像


池上さんの乗ったフェリーが到着しました。
ようこそ、福江へ!
画像

画像

武家屋敷通りを通り民宿に戻り、夕飯をいただきました。
いなだの煮つけ、かさごのから揚げ、鯛の塩焼きが、各々に付きました。
さらに、鰹のたたき、サメの酢の物もありました。
こんなに食べられません!
画像

さらに、五島うどんがついていました。
画像

楽しく夕食をとりました。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


入笠山、塩山 2017/7/14-16

2017/07/16 10:41
◯2017/7/14 金曜日
おはようございます。
朝03:10起床。
珈琲の湯を持って、出発。

中央道、初狩パーキング。
夜が明けてきました。
画像

夏の富士山が見えました。
神々しいです。
画像

中央道、ときおり雨が降って来ました。
小淵沢で高速を降りて、時刻を確認すると、6時前でした。
小海線上り一番列車の到着(小淵沢06:04着)に間に合いました。
画像

下り一番列車は、小淵沢06:14発。

長野県に入り、富士見のへ。
ゴンドラが動く08:30まで時間があります。
珈琲、パン、ハム、トマトの朝食。読書。

ゴンドラで、入笠山の中腹へ。
一番乗りでした。天気が悪そうです。
画像

歩き始めて、入笠湿原に出ました。
有名なスズランの花は終わっていました。
画像

ハナショウブ。
画像

花畑に出てきました。
ニッコウキスゲ。
画像

入笠山頂上に到着。
雲の中で、何も見えませんでした。
画像

下山は、大河原湿原の方に降りました。
誰も歩いていませんでした。
やっと大きな道に出ました。
首切り清水。
ちょっと物騒な名前です。
昔、高遠藩の金奉行が、この峠を越えて藩に戻る時、立ち寄った。
清水でホッとした時、山賊に襲われた。という清水だそうです。
画像

雨が本降りになってきました。
大河原湿原に出ました。
花は、ツツジが残っているだけでした。
画像

でも、鮮やかな緑です。
画像

ゴンドラ山頂駅に戻ります。
雨が強くなってきました。
花畑の麓に通じていました。
画像

入笠湿原に戻ってきました。すずらんの自生地を下から見たところです。
画像

画像

山頂駅手前に、釜無ホテイアツムリソウという珍しい高山植物が花をつけていました。
200本しかないそうです。
画像

入笠山で出会った高山植物です。
画像

画像

画像

降りてから、諏訪湖のほとり、岡谷に向かいました。
岡谷ロマネットという温泉があります。
途中、諏訪大社前宮に寄りました。
参拝。
画像

7年おきに行われる諏訪大社御柱祭。
御柱です。
画像

諏訪大社上社本宮。
画像

参拝。
画像

岡谷に出ました。岡谷ロマネットで、温泉に浸かりました。
昨年購入した冊子「物味湯産」がまだ有効。無料で温泉に入れました。
直径10mある円形の湯船に、中心から湯が出ていました。
透明な茶色。湯船の床は、大きな玉砂利。
気持ち良かったです。

入笠山の麓まで戻ります。
諏訪湖湖畔に、動かない蒸気機関車D51が置いてありました。
諏訪湖。
画像

水門工事で、資材の貨車を引っ張った小型ディーゼル機関車。
ところどころに、何かあります。
水門です。
画像

中央線が見れる田んぼを見つけました。
一つひとつの田んぼを、丁寧に見て回るおじいさんに出会いました。
田んぼの畦道を歩き、水の量とか、稲の生育を見守っているようでした。
画像

上り新宿行き特急を撮影しました。茅野16:20発。
画像

入笠山湿原ユースホステルに到着。
私一人の宿泊でした。
お風呂を沸かしておいてくれました。
夕食を作ってくれました。
たくさんのおかずに、信州もりそばが付きました。
八ヶ岳を見ながらの夕食。贅沢させていただきました。
画像

画像

満腹。
ベッドに横になって、ゆったり。

一人部屋の裏手は、林です。
虫の鳴き声が聞こえてきました。
テレビの野球のオールスターを見て、寝ました。
良い一日でした。

◯2017/7/15 土曜日
4時過ぎから明るくなってきました。
鳥の声が聞こえてきました。
ウグイスもいました。
もう少し寝よう。
6時、起床。快晴。
気持ちの良い朝を迎えました。
八ヶ岳がくっきり見えました。
画像

朝食です。
しっかりした和食。
美味しい。
画像

ご挨拶して出発です。
今日は、入笠山でマウンテンバイクの大会があるので、満員と、話してくれました。
画像

国道で、塩山に向かいました。
途中、南アルプスの天然水。みなさん、水を汲んでいました。
画像


勝沼到着。
無人販売所の桃を購入しました。
桃は、雨が少ないので、小ぶりと聞いています。
画像


奥野田ワイナリー到着。
今日は富士通さんの日ですが、一般生徒OVCも参加させてもらいます。
富士通さんのまとめ役の女性です。タオル、軍手を社員に配布していました。
画像

中村社長のお話です。
ブドウの房に、紙で傘掛けします。
これからの季節の雨を防ぐためです。
雨は空気の中のカビの胞子を含んで降ってきます。
ブドウの実につくと、発芽する危険があります。
山梨県と東京都の境の森の落葉樹で樽を作るプロジェクトが進んでいるそうです。
すでに製材して三年乾かしてある試験伐採の樹を使って、樽を作るそうです。
東京都の水の源流。森、樹が、美味しい水を作っています。
画像

中村社長の樽が、秋にはできる見込み。
日本産ワインを日本の樽で発酵。夢のようです。

傘掛け、やりました。
一房ずつかけていきます。
画像

垣根栽培は太陽の光を直接浴びます。暑い!もくもくと作業。
画像

昼食のあと、セラーを見学させてくれました。
フランスの樽を見せてくれました。
樽は、ワイン醸造を含めて、約100年旅するそうです。
ワイン、シェリー酒、シングルモルトウィスキー。
二つ、高級の樽を見せてくれました。赤色のタガが掛かっている樽です。
この樽は、もっと長い年代を旅する。すごいです。
画像

奥野田ワイナリーでの作業を終え、隣家の雨宮さんを訪問。
今年のぶどうについてお話をお聞きしました。
富士通の丹野さんも来られ、病気や病院の話になりました。気にしているところですね。
お土産にきゅうりをいただきました。ありがとうございました。

勝沼ぶどう郷ユースホステルにチェックイン。
小西さんと会社生活のお話をして、天空の湯へ出かけました。
フォッサマグナが起因する温泉。アルカリ性で良い温泉です。

夜は、湖中夫妻をはじめとした、菱山の葡萄農家「ぶどうばたけ」のお手伝いをしてきたメンバーに合流。
サンキングカフェで、素敵なワインを呑ませていただきました。
画像

画像

お客様がギター演奏もされていて、夏の夜に癒しの音楽を聴くことができました。
画像

湖中ご夫妻も演奏されました。
画像

ユースホステルに戻り、桃を食べて、就寝しました。
お疲れ様でした!






記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


北軽井沢 2017/6/10-11

2017/06/12 20:18
初夏の北軽井沢に行ってきました。

○2017/6/10 土曜日
朝03:15起床。
おはようございます。この季節、日の出は早いですが、まだ外は暗いです。
03:30に車を出しました。

中央高速・初狩PA。早朝の富士山が見えました。
画像

清里を通過し、JR小海線の野辺山駅。
画像

駅前の花壇に咲いていました。
画像

山の風景が良いです。
画像

JR鉄道の最高地点です。初めて来ました。
画像

国立天文台野辺山に、ちょっと寄ってみました。
パラボラアンテナが、多くあるのをみて、驚きました。
画像


朝06:00から入浴できる温泉に行ってみました。
山に登っていく途中にある「小海リエックス」というホテルの併設の温泉。
昨年購入した「物味湯産(ものみゆさん)手形」を使って無料入浴。
雲海を見下ろしながらの朝湯。森の地下から汲み上げた温泉、少し茶色の透明の温泉、
帰りには、アイスクリームをひとつプレゼントしてくれました。シャトレーゼの経営とあとでお聞きしました。

麓に降りて、小海線の松原湖駅へ。
地元の方々が、草刈、清掃をして、夏のお客様を迎える準備をしていました。
画像

列車撮影。小淵沢行。
画像

駅の近くの樹。
画像

小諸に近づき、臼田駅に到着。
駅前のサクランボの樹は、もう少しで食べごろとなっていました。
画像

列車撮影。
画像

画像

ツルヤ臼田店で、河原ご夫妻と待ち合わせ。
鶏の専門店「瀬川」に、河原さんが注文したグリルチキンを受け取って、北軽井沢へ。
画像

画像

北軽井沢のブルーベリーゲストハウスの前庭で、昼食会。
雨が降ってきましたが、楽しかったです。
鶯の鳴き声も聞こえました。
画像

和歌山の坂口さんです。美味しい鯖寿司をご馳走してくれました。朝、3時半に和歌山を出発して来られました。
画像

瀬川の鶏。これ半身です。一人で食べました。お腹いっぱいになりました。
画像

健君も参加。
画像

今日二度目の温泉に行ったあと、歓談。
夕食です。いつも美味しいご飯、ありがとうございます。
画像

デザートも美味しい。今年初めてのすいかでした。
画像

お茶会。外は、雨がやっと止んだかな。
佐藤マネージャーのご子息・健君に、電気機関士の帽子をプレゼント。
似合っています。
夜遅くなりました。おやすみなさい。

○2017/6/11 日曜日
おはようございます。晴れ。
画像

朝食。
画像

晴れ。天候が安定している。山に行くことに決まりました。
お客様8名+佐藤マネージャー+健君。
地蔵峠、湯の丸高原近くの東籠ノ登山(ひがしかごのとやま)に登りました。
画像

健君も元気に歩き始めました。帽子は、昨夜の電気機関士の帽子。
画像

高山植物の花。
画像

画像

画像

健君。e-ba-さん(河原様)と一緒に、自力で登っていきます。
画像

途中から、良い眺め。
画像

画像

健君、自分の足で、頂上まで登りました。
画像

最後の頂上までの道は急登。少し、息がぜいぜい。
頂上は2,228m。空気が薄かったんです。(笑)
画像

画像

画像


下山。
画像

池ノ平湿原へ。
木道を歩きながら、見えたのは、湿原ではなく、笹のはらっぱ。
佐藤マネージャーの解説で、「乾燥して池がなくなった。」
危険の状態と理解しました。
画像

ほんの小さな池があるのみでした。
USAも地球温暖化防止をやっていってもらいたいです。もちろん、我々も。
画像

昼食の後の休憩。
画像

健君、下山して、木道をしっかり歩きました。
画像

自然の中を歩くこと、楽しみました。
画像

北軽井沢、良いです。
佐藤マネージャー、ありがとうございました。
北軽井沢の仲間、ありがとうございました。




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


北海道 名寄、塩狩 2017/5/10-14

2017/05/14 21:04
北海道 名寄、塩狩を訪問しました。
塩狩では、塩狩ヒュッテ ユースホステルの脇を通る宗谷本線の列車を、桜が咲く中、見ることができました。
画像


◯2017/5/10 水曜日
午前10:40の旭川行きの赤い翼。
13:15、旭川の街に到着。
名寄方面の宗谷本線の列車の本数は少ない。
旭川ラーメンを食べに行きました。
前回行った梅光軒。記憶では、駅から近いです。
ありました。野菜醤油ラーメンをいただきました。
画像

お茶を買って、14:50発快速の名寄行き。
入線は、2両。切り離して、1両が運転。
画像

峠には、桜の花が咲き始めていました。
塩狩です。
画像

列車行き違いのため停車。ドアは開きません。
途中の無人駅。降りた人は、駅舎を通らず、ホームから直接道路に出ていました。
除雪した雪が山積みになっていました。
画像

名寄到着。
音威子府行きの普通列車に乗り換え。
一駅先の日進で降りたのは、私だけ。
ホームは、10mたらず。1両の車両より短いです。前のドアから降りました。
画像

オレンジ色の、なよろサンピラーユースホステルが見えました。
なぜか安心感が湧いてきました。
画像

桜の花が咲いていました。
ソメイヨシノではない、山の桜。横に広がることはありません。
画像

夕食。美味しくいただきました。
あとで、アイスクリームも出してくれました。
画像

夜、ラッセル車の撮影、大洗ー苫小牧に就航する新しいフェリー「さんふらわあ」、JR北海道の状況など、マネージャーとお話できました。
新型のラッセル車がおみ見えしているが実用になっていない、改良中。
今度の冬は、今の古いのが走るということでした。
平日ということで、お客様はもう1組だけ。静かな時間が過ぎて行きました。
最終の稚内行き特急が通ると教えていただき、夜汽車を見させていただきました。

おやすみなさい。

◯2017/5/11 木曜日
おはようございます。
美味しい朝食をいただきました。
パンを、ホームベーカリーで焼いていらっしゃいました。
美味しい。小麦粉は、北海道産を使用しているとのことでした。味が良いようです。
画像

日進駅に到着する列車を撮影しました。
画像

出発。
開拓の碑。
画像

日進駅です。ホームは、板張り。
画像

08:40、列車が来ました。
画像

一駅、名寄まで乗りました。
でも、これを逃すと、大変なことになります。次は、昼近いです。

名寄駅を降りて、観光案内所に行きました。
荷物を無料で預かってくれました。
自転車を100円で借りました。
北国博物館に行きました。
ユースホステルから電話をしてくれていたおかげで、無料で入館できました。
キーワードは、「冬・雪・寒さ」。
厳しい環境での生活を展示してありました。

野外展示に、全国唯一残されたSL排雪列車「キマロキ」がありました。
先頭に、蒸気機関車96。ラッセル、ロータリーが続き、最後尾に蒸気機関車D51と車掌車。
冬の鉄路を守ってきました。
画像

名寄は、平坦。自転車のペダルをこいでいても苦になりません。
街を少し回ってみました。静かでした。
お弁当屋さんがありました。
お昼を買いました。
駅に戻ると、特急列車乗車の改札のアナウンスです。
稚内行き特急列車を撮影。
画像

自転車を戻し、駅に行くと旭川行きの快速がありました。
時刻表を調べると、塩狩に止まります。
駅員に乗れますかというと、切符を買わないで、列車に乗ってください。と。
橋を渡り、向こうのホームに駆け足。運転士が、発車を待っていてくれました。
ありがとうございました。
このあたりです。明治時代に鉄道事故があり、長野氏が殉死されたところは。
画像

塩狩に到着です。
塩狩ヒュッテ ユースホステルに、荷物を置きに行きました。
まだ、11時です。
運良く、合田さんの奥様がおられ、チェックインできました。
助かりました。
駅の桜を見に行きました。
画像

三浦綾子旧宅。塩狩峠記念館の土手には、カタクリの花。
画像

ユースホステルの前の林には、青色の花。
合田さんのご主人が、
竹を切ったら、草が生えてきた。(名前を言ってくれたのですが、覚えられません。エゾなんとか)、
この地域ではタンポポと同じように見かける草と、
説明してくれました。
可憐な青色です。

中学一年生が、塩狩峠記念館を訪問して、ユースホステルのテラスで、昼食。
先生に許可をいただき、生徒さんの撮影をさせていただきました。
私は、中で、お弁当を食べました。
画像

雨が降って来ました。
塩狩峠記念館に行ってみました。
館員の女性と、親しく会話。
塩狩峠の漫画を書かれた女性作家が来られたときのことを、私が説明しました。
画像

雨が本降りです。
列車上下一本ずつ撮影。
画像

濡れました。
ユースホステルに戻って、着替えをして、のんびりとこの原稿を書いています。

お風呂に入って、さっぱり。
薪ストーブに火を入れてくれました。暖かい。
画像

夕食です。野菜のおかず。私一人のみの料理作り、感謝です。
山菜三種。タラの芽の天ぷら。春の恵みです。
綺麗な青色の花の草(えぞえんごさく)も、花ごとおひたしです。
画像

お話をして、早めにベッドに入りました。

◯2017/5/12 金曜日
雨があがっています。
おはようございます。
朝食を、7時に食べさせてもらいました。
歯磨き、トイレに入り、駅に。
07:35発の旭川行きに乗れました。
通学、通勤の列車です。

旭川から、バスで、旭山動物園へ行きました。
アザラシ。筒を下から上へ通り抜けて行きました。
画像

ペンギン。泳ぐの上手です。
画像

カバ。
水中で、朝寝です。
画像

水面にあがっていくのは、敏捷でした。
画像

エゾヒグマ。
画像

小さなミミズク。三羽揃って、可愛いかったです。
画像

ペンギンの食事タイム。
魚を頭から飲み込みます。ペンギンは鳥。歯がありません。尻尾からだと、魚の骨が引っかかるからです。教えてもらいました。
画像

帰りは、旭川四条駅近くのバス停で降り、昼食。
旭川四条駅から宗谷本線の名寄行きに乗りました。
ここからは、私1人の乗車でした。
塩狩に戻り、付近を歩きました。
晴れなので、桜も綺麗に見えました。
画像

塩狩一目千本桜の場所で、JR北海道主催のイベントが明日あるようです。
桜を見ながら、ジンギスカンを食べるようです。臨時列車が運転されるとか。
教えてもらいました。
桜の開花が進んだ気がします。

列車の撮影。
画像

画像


明日のイベントでの販売用の、士別のパン屋さん製造、天然酵母イチジク入りクルミのパンを販売してもらいました。しっかりしたパンです。
おやつです。

塩狩峠記念館から、宗谷本線の列車を撮影してみました。
画像

お風呂に入って、ゆったり。
お風呂の石鹸に、エゾシカの脂を使った石鹸がありました。
良かったです。

夕食。
合田さんの奥様が、今日も私1人分の夕食を作ってくれました。
ありがたいです。美味しい!
画像

旅、宿、町、鉄道のことなど、お話しました。
どこでも、元気な町づくりは大きな課題です。
住んでいる横浜も、高齢化が進んでいます。
今日も、早めに就寝。
おっと、そのまえに、部屋から夜汽車を見ます。
おやすみなさい。

◯2017/5/13 土曜日
おはようございます。
朝一番列車が、部屋から見えました。

07:35の列車に間に合うように、マネージャー合田さんが早めの朝食を作ってくれました。
和寒町のお米、ゆめぴりか、美味しいです。
歯磨き、トイレを済ませ、出発しました。
合田さんが鉄道撮影を兼ねて、駅まで見送ってくれました。
画像

旭川駅では、「塩狩一目千本桜」のところで、ジンギスカンを食べるJR北海道のイベントに参加している人が集まっていました。10:00に臨時列車がでるそうです。
旭川空港から羽田。浜松町、東京、高崎を経由して、上越線の水上行きに乗りました。
雨の影響でしょう、利根川は濁流。
画像

水上駅に河原さんが迎えにきてくれました。助かります。
ユースホステルでは、夕食がバーベキュー。参加しました。
画像


○2017/5/14 日曜日
朝早く起きました。
谷川岳。
画像

バーベキューの片づけして、朝食を食べて、矢木沢ダムの点検放流を見に行きました。
矢木沢ダムです。
画像

放流です。
画像

帰りは、再び、河原様に水上駅まで送ってもらい、電車で帰宅しました。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


横浜散歩 2017/4/30

2017/04/30 15:01
横浜の三溪園に行ってみました。

横浜市営バス一日券(600円)を車内で購入。
これで、自由に横浜市営バスに乗れます。

バスを乗り継いで、三溪園へ。

三溪園は、明治時代末から大正時代にかけて、製糸・生糸貿易で財をなした横浜の実業家・原三渓が、
東京湾に面した谷あいの地に造った日本庭園です。
富岡製糸場をはじめとし、群馬、埼玉、山梨などの地と、絹でつながっていた横浜です。


説明内容は、三溪園のパンフレットによります。

正門門柱。1906年建築。
画像

藤の花。まだ、咲き初めでした。
画像

旧燈明寺三重塔。1457年建築。
京都・木津川にあった燈明寺(廃寺)にあった塔。
画像

鶴翔閣。1902年建築。
原三渓の住まい。
画像

御門。1708年ごろ建築。
京都東山の西方寺の薬医門。
画像

白雲邸。1920年建築。
画像

臨春閣。1649年建築。
紀州徳川家初代藩主の頼宣が紀ノ川沿いに建てた別荘。
画像

画像

月華殿。1603年建築。
京都・伏見城にあった大名来場の際の控えどころ。
画像

天授院。1651年建築。
鎌倉・建長寺近くのお寺にあった地蔵堂。
画像

金毛窟。1918年建築。
1.8畳の茶室。
画像

聴秋閣。1623年建築。
京都・二条城にあった楼閣。
画像

春草廬 しゅんそうろ。江戸時代。
画像


竹林に清々しい気分になりました。
画像

小さな滝がありました。
画像


旧東慶寺仏殿。1634年建築。
縁切寺の名で知られる鎌倉・東慶寺にあった禅宗様の仏堂。
画像

旧矢箆原家住宅 きゅうやのはらけじゅうたく。江戸後期建築。
合掌造り。白川郷にあった建物。
農家ながら、式台玄関、書院造の座敷を持っています。
画像

炭が燃えていました。燻しているのだと思いました。
画像

この欄間、横浜で作られたのかと思いました。櫂と錨。
画像

五月人形。
画像

二階は、養蚕をしていたそうです。屋根裏です。
画像

式台玄関。
画像


もしかして幼稚園か小学生の遠足以来の訪問でした。
横浜の地図では、元町の先、根岸周辺というのを見ていましたが、
なかなか足を運ばなかったです。
横浜の中心部では、第二次世界大戦の最後1945年(昭和20年)と思いますが、横浜大空襲がありました。
私の生まれた家の近くも焼夷弾で焼けたり、教師をしていた伯母が防空壕の入口で亡くなったと、父親から聞いていました。
第二次世界大戦後に、移築した建築物もありますが、今日、これだけの建物がよく残っていたな、と、感心した次第です。
大人の遠足に良いところでした。

バスに乗って、横浜港に行ってみました。
二隻の豪華客船が入港していました。
画像

大桟橋・山下公園側に、「ぱしふぃっく・びーなす」。
画像

大桟橋・赤レンガ倉庫側に、「セレブリティ・ミレニアム」。
画像


横浜の休日でした。
画像



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3


イギリス 十七日目 Windsor 2017/4/22 土曜日

2017/04/25 11:56
◯2017/4/22 土曜日

今日、帰国します。

朝食を食べて、ウインザー城とイートン校を訪ねてみます。
ユースホステルに一番近い駅Great Portland Streetから、Paddington駅まで地下鉄で出て、鉄道に乗り換えました。車内アナウンスは、Greatをグレイトと発音しないです。グリートと聞こえました。
画像


そんなに遠くないのですが、直通はありませんでした。
途中駅で乗り換えました。
Windsorは一駅。ウインザー城が見えました。
画像

駅に到着。
画像

すごい人混みです。いわゆる団体です。
観光バスが数十台、駐車場にいるのが見えました。
ショッピングアーケードを抜けると、もうウインザー城でした。
画像

チケット販売センターは、大混雑。
個人のチケット購入を聞くと、真ん中のラインを進んでください。との説明。表示はないので、尋ねないと、わかりません。

並んでチケットを購入。王室の写真がプリントされ飾ってありました。
画像

セキュリティゲートでまた列に並びました。
やっと、中へ入りました。

衛兵の交替なのか、行進がありました。その間、待たされました。
公務優先です。
画像

ウインザー城は、王室の住居です。お庭も、綺麗に整備されていました。
画像

画像

画像

中の撮影は禁止。
建物は荘厳、華麗。絵画、調度品は、輝くばかりでした。
騎士の称号を与える部屋がありました。30人くらい座れるテーブルが置いてありました。

中庭で、衛兵が集まっていました。演奏を聞くことができました。スターウォーズのテーマ曲も演奏してくれました。
画像

画像

教会。
ここも、撮影禁止。
ビクトリア女王陛下も、ここに立ったと思うと、歴史を感じました。
画像

画像

イートン校に行ってみました。
川を渡ります。
画像

静かな街。
画像

学校。
画像

画像

先生らしき人、学生らしき人。
画像

静かでした。
画像

ユースホステルに戻り、荷物を整理。
スタッフに、帰国のあいさつをして、ヒースロー空港に向かいました。
笑顔で送ってくれました。日本語を少し話してくれました。横浜のことを知っていました。

今回、イングランド、スコットランドを旅をし、英国の歴史、を少しですが勉強できました。
鉄道の仕組み、ロンドンでの情報流通も理解できて良かったです。

そのなかで一番なのは、出会った方々が素晴らしかったことです。
まったく初対面の外国人の私を助けてくれたこと感謝しています。
皆様、ありがとうございました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

谷口伸夫の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる