イギリス 六日目 Malham 2017/4/11 火曜日

◯2017/4/11 火曜日

おはようございます。
小鳥達のさえずり、遠くから鶏の鳴き声がしています。

フロントに、今日は天気が悪くなる、気温は先日より下がる、4°C、と、予報が貼ってありました。
朝食を食べて、08:15出発。
画像

羊の食事の時間でした。
画像

昨日、登ったmalham coveにもう一度登りました。
だれもいません。朝早過ぎたかも。
画像

画像

malham coveの石の上を、西から東へ渡りました。
画像

Cordale Scarに行くポイントまできました。
ここで、左手、北方向に歩きました。
画像

画像

Dry valleyを歩いて行きました。
画像

だれもいません。
広野です。
画像

歩く、歩く。地球上に、こんなところがあるのか、と思うところです。ここは、英国です。
風は、ものすごく強いです。ときおり、踏ん張って歩かないと、持って行かれそうになりました。
寒い!
羊は元気でした。
画像

案内標識。Tarnは、小さな湖という意味を、昨夜、パブで教わりました。
画像

まだまだ。
画像

湖が見えました。Malham Tarn。
画像

湖に到着。寒いのなんの。すぐ引き返しました。
画像

画像

来た道を帰るのは、苦しいので、一本右のfoot pathを歩いて、自動車道に出ました。
画像

画像

そこから、Malhamの村まで、戻ってきました。
鼻水だらけでした。
ユースホステルの部屋に戻り、日本茶を飲んで、落ち着きました。
ユースホステルのスタッフに、風が強かった、と言うと、納得していました。
昨日のパブに行き、昼食。ホットサンドイッチと紅茶を注文。
画像

犬もおとなしくパブに来ていました。
画像

昼からは、南に歩いてみました。
ただ、こちらは、ガイドブックに書かれていますが、人はいません。
foot pathも、わかりずらい。間違えて、羊の放し飼いエリアを歩いていました。
画像

画像

第二次世界対戦のとき活躍した英国の戦闘機に似た単発の飛行機が、弧を描いて飛んできました。
びっくりしました。映画の世界にいるようでした。
画像


隣り村のKirkby Malhamに到着。
歩いている人はいません。
画像

教会に行ってみました。
15世紀に建てらた教会、St Michael the Archangel。
映画で使っても良さそうな静寂も雰囲気でした。
(夜は、相当怖い雰囲気と思いました。)
画像

foot pathを通って戻ってみたのですが、道を見失いました。
画像

どこが道なのか判断できませんでした。
農家の敷地に入ってしまいました。
声をかけると、納屋から闊達なおばあちゃんが出て来て、道を教えてくれました。
羊の放し飼いエリアを通って行きなさい、と。
出口がありませんでした。標識もありませんでした。
仕方なく、ゲートを乗り越えました。
foot pathは、草地にはいると、どこなのか判断がむずかしいです。
とくに、人の歩かないところは。

出会った花は、曇り空の下、輝いていました。
画像

画像

ユースホステルに戻って、さっそく、シャワーを浴びました。
寒いのに、汗びっしょりでした。冷や汗もまざっていたと思います。
梅干し、味噌汁で、落ち着きました。日本人です。

旅の前期「自然(荒野)の中を歩く」が終了。
明日から、中盤戦に入ります。「観光」です。

明朝、すこしでも早く移動したいので、SETTLEへのタクシーをお願いしました。
3箇所に電話をかけてもらいましたが、ダメでした。
ビジネスにかなさっているようです。

夕食時、予約できたと、教わりました。
朝9時、12ポンド。これ、ものすごくありがたいです。

おやすみなさい。
夜、月明かりがありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック