皇居一般参観

東京駅から、皇居に向かって歩きました。
DSC02396.JPG
正門石橋。
DSC02398.JPG
正門。
DSC02404.JPG
坂下門。
DSC02409.JPG

桔梗門のところにたどり着きました。
案内の方が、外国人に「こちらの列に並ぶよう。」にと英語で説明しているので、お聞きすると、「皇居の中を歩く参観です。」と日本語でお答えくださいました。
「日本人もOKですか?」と問いに、「もちろんです。」。
列に並びました。
すぐに、ナンバーがついたストラップを渡され、桔梗門から中に入りました。

集合場所手前で、荷物検査があり、中に入ると大勢の人がいました。
団体客と思われる方々がいました。バスで来ている。事前にどこかの会社が予約をしている。というのが、話す内容でわかりました。
宮内庁のガイドは、英語、中国語、フランス語、日本語の4人の方がおられました。
日本語のガイドの方に、ついて回りました。

皇居は元江戸城。徳川幕府が各大名に築城を分担させました。
石垣に、薩摩島津家の家紋。丸十字。
DSC02412.JPG
ここはどこの大名かな。
DSC02413.JPG
富士見櫓。江戸城で残っているものとしては最も古いと説明がありました。三重櫓。
石垣の高さ15m。櫓の高さは16m。ここから殿様は富士を見ていた、と。
DSC02473.JPG
DSC02416.JPG
宮内庁庁舎。
三階建て。
終戦後、三階は仮宮殿として使用しましたと説明がありました。
DSC02425.JPG
宮殿東庭。
新年一般参賀のとき、日の丸を振って、お祝いする場所です。
2万人並ぶことができるそうです。
DSC02426.JPG
宮殿。
DSC02429.JPG
新年一般参賀のとき、天皇陛下、皇后陛下がお立ちになるところです。
地面からの高さは、3mぐらい。結構、目線は低いです。
一般参賀のとき、最前列に並ぶと、皇族の方々が目の前です。
テレビで見ていると、もっと高い位置に天皇陛下はお立ちになっていると思いました。現場に行くと事実がわかります。
DSC02434.JPG
どこかで見た玄関。トランプ大統領を、天皇陛下、皇后陛下がお迎えした玄関でした。
DSC02435.JPG
灯籠は有田焼。
DSC02461.JPG
庭の山は、20種類以上の樹々で構成されていて、常に緑色になるようにしてあると説明がありました。
DSC02460.JPG
英語グループです。
DSC02437.JPG
正門鉄橋。二重橋です。
DSC02440.JPG
DSC02447.JPG
ここを渡っていくと、外から見える正門、正門石橋が見えました。
DSC02445.JPG
伏見櫓。京都・伏見城から移築されたと聞きました。
DSC02453.JPG
山下通り。
DSC02466.JPG
桜。
DSC02472.JPG
椿。
DSC02468.JPG
多くの鳥がいました。烏もいました。
DSC02474.JPG

偶然でした。良い機会をいただきました。
お濠を見ながら、東京駅に向かいました。
DSC02476.JPG






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

Joe
2020年01月30日 23:04
小鳥の写真がありますが、セグロセキレイみたいですね。この鳥は家の周りでもよく見かけます!
谷口伸夫
2020年02月29日 20:53
鳥の種類、ありがとうございます。